写真素材 PIXTA

« ブルックトラウト | メイン | 今年 »

オショロコマ群泳

このブログになってから2年で2万アクセスいただきました。
ありがとうございました。
                    2007年12月16日
                    管理人 malma
 

オショロコマに限らず、イワナの仲間は1尾ずつその体色や性格などの特徴がちがいます。ヤマメなどは個体ごとに見分けるのが大変ですが、オショロコマは一尾ずつ名前をつけられるほどに見分けることができます。ですから、餌の時などに食べに来ないとすぐにわかります。

コメント

オショロコマ、見事ですね~。
と言いますか、malmaさんの水槽、
すごい過密飼育ですよね?
渓流魚の混泳飼育では一つの究極形に到達されていますよね?
ここまで過密飼育だと、渓流魚を混泳飼育する時にほとんどのアクアリストを苦しめる縄張り争いはまず起こらないでしょう。
これも掛け流し方式の飼育の特権ですよね!!羨ましい!!ホント、羨ましいです!!
当方も、色んな魚種を大型水槽で混泳させる夢がありましたが、当方の立地条件では、膨大な設備と電気代が掛かってしまう為に諦めました。
最近は、ヤマメに凝っていまして、当方の水槽はヤマメ専用になりつつあります。
これからも水槽写真、楽しみに拝見しておりますのでUPの方、宜しくお願いしますね!!(^o^)/

外池の生簀が壊れているので、一時的に水槽の魚が増えてます。
少しは縄張り争いはありますが、クレソンが大量に繁茂しているので、ほとんどその中に隠れていて安全です。
年明けからの更新に備えて下書をしてますので、画像のアップも年明けが中心になりそうです。一回ぐらい年内更新ができるかな?