Warning: include() [function.include]: URL file-access is disabled in the server configuration in /home/users/0/lolipop.jp-dp42121085/web/tibet/52000/521602012/52161/index.php on line 24

Warning: include(http://osyorokoma.net/tibet/menu.php) [function.include]: failed to open stream: no suitable wrapper could be found in /home/users/0/lolipop.jp-dp42121085/web/tibet/52000/521602012/52161/index.php on line 24

Warning: include() [function.include]: Failed opening 'http://osyorokoma.net/tibet/menu.php' for inclusion (include_path='.:/usr/local/php/5.2/lib/php') in /home/users/0/lolipop.jp-dp42121085/web/tibet/52000/521602012/52161/index.php on line 24
ipod_468-60.gif

メイン 日記ギャラリー

2013年7月15日

2012年 8日目 7月10日 瑪多(マドォ)-卾陵湖-瑪多-共和県

今日はもうチベット高原地帯から降りる日ですが、お天気がいいのと、これから先は道路状況もよいので、まずは黄河源頭記念碑のある卾陵湖へ向かいます。
本当の源流ではありませんが、まずはここまでくれば大きな地図でみたらほとんど源流地点ということで(笑)
IMG_7563.JPG IMG_7568.JPG
標高が4300mもあるとは思えない湖面です。
IMG_7591.jpg IMG_7608.jpg
一応、ここが通常時期の一般観光客が黄河の源流まで来ましたよー的な記念碑のある地点。
これより先は雨の多い季節は進むことができません。

IMG_7659.JPG
この日はとても良い天気でした。
この先には星々海という大小の池塘が星のように広がる大湿地地帯があるそうです。
花の時期には素晴らしいと思うのですが、花の時期=雨の時期ですから車ではアクセスできないそうで・・・。馬やヤクを使ってなら行けそうかな・・・?

卾陵湖から瑪多へ戻り、今晩はチベットの高原地帯から下がって共和県に泊まります。
途中の青いけしのポイントは残り2カ所。
先ずはいつものジャンルーリン。

IMG_7710.JPG
2010年よりちょっと花数が少なかったけど、きれいに咲いていました。
そして、もう一つのポイントのグーラ峠ですが・・・。
あいにくの天気と道路工事で車から降りて見ることはできませんでした。

2012年 7日目 7月9日 玉樹(ジェグンド)-瑪多(マドォ)

地震被災地の玉樹は町全体を作り変えているような大工事。
朝早くから移動を開始して瑪多へ向かいます。
途中は標高5000m近いバヤンカラ峠を越えます。
何年も探している雪蓮の目撃情報のある場所です。

峠の山頂に車を止めてもらって歩き始めて山の上のほうへ。
峠の道路標識は4824mなのでたぶん5000mぐらいまで歩いて上がってくると・・・。

DSC00790.JPG
ガラスに色を付けたような繊細な花を付けたコリダリスの仲間が点在。
写真を撮っていると蝶がフワフワ~。
IMG_7245.JPG
この蝶を追いかけてさらに山の上のほうへ。

DSC00840.JPG

見つけました雪蓮(サウスレア)です。
一つ見つけると次々に!!
DSC00802.JPG DSC00826.JPG
岩の色や模様に同化していて見つけにくいだけでした。
周りをよく見るとたくさんあります。
今まで気が付かなかっただけかもしれません。
IMG_7351.JPG
お昼はさすがに5000m近いところでは体調を崩すと大変なので、少し高度を下げて4400mほどのところで。
草原でお昼を食べましたが、食べてる最中から向かいの斜面が気になり、カメラのズームで撮って、さらに再生でアップして見てみると、青いけし群落。
それがこちらです。
IMG_7501.JPG
天気も良くなってきて、花の種類も多い素晴らしい青いけし群落でした。
IMG_7533.JPG IMG_7425.JPG
この日は比較的移動距離が短かったのでゆっくりと花が見られました。
瑪多は黄河源流最後の街で標高4200m。
数年で街に広場ができきれいになっていました。

2013年6月20日

2012年 6日目 7月8日 石渠(セルシュ)-玉樹(ジェグンド)

石渠を出発ですが、実は前日町の1km手前の山の斜面が気になって・・・。
少し戻ってもらいました。
それがここ!!
DSC00710.JPG
青いけしが終わりかけなのは残念ですが、様々な色の花が咲き乱れています。
今日はお天気もよさそうです。

IMG_7140.JPG
まもなく青海省です。青海省が近づくにつれ、山並みはなだらかに、でも確実に標高は上がっていきます。黄色い花、青い花の一面に広がるいつもの景色です。

IMG_7191.JPG
青いけしも増えていきます。

IMG_7153.JPG
インカルビレアの派手なピンクも増えてきました。

DSC00760.JPG DSC00763.JPG
石渠から玉樹へは道路もよくて昼ごろに到着。
なので、近郊の文成公主廟を見学することに。
先ずは手前のテントレストランで食事。
文成公主廟周辺は無数のタルチョで埋め尽くされています。
DSC00767.JPG
玉樹は一昨年の大きな地震で壊滅。
街そのものを作り変えています。
で、2つばかり残った建物の一つに泊まることに。

2012年8月23日

2012年 4日目 7月7日 徳格

2012年 5日目 7月7日 徳格-石渠(セルシュ)

徳格を出発。今日は悪路の長距離移動ということで、玉樹までの行程を諦めて途中の石渠(セルシュ)までにすることに。
また雀児山の峠を越えるのが恐いので、前日から途中から迂回するルートについて検討していたが、迂回路も悪路といことで諦めていました。
ところがちょうど迂回路の分岐の集落に着いたところで、前を走っていた数台の車が迂回路方向へ。しばらくすると迂回路側からも車がやってきたので、林社長と運転手さんとで集落で情報収集。
迂回路でも大丈夫そうだということで行ってみることになりました。
確かに悪路ではありましたが、峠越えのような恐怖心はありませんでした。
とても美しい景色も堪能できましたし。
DSC00640.JPG DSC00611.JPG
途中の川沿いで温泉を見つけました。ちょうどいいお湯が岩の裂け目から湧き出ています。
相変わらず道路沿いには無数の花が咲き乱れています。
IMG_7034.JPG
ちょっとした峠の山頂近くには遊牧のチベット人のテントが黄色い花畑の中に点在していました。
IMG_7030.JPG IMG_7049.JPG
このルートでは紫の花をよく見かけます。もちろん青いけしも。
DSC00663.JPG IMG_7042.JPG
微妙に違うのかもしれないけれど、八幡平でも見慣れた花もありました。
タカネスミレとシャクナゲ。
IMG_7064.JPG
猛禽類が多くなってきました。
IMG_7103.JPG
フクロウもいます。
IMG_7110.JPG
ショッキングピンクの花はインカルヴィレアの花。
IMG_7060.JPG
そして、今回も見つけることができた!!ブルーポピーの白いけし。
突然変異ですがなかなか見つけることができないようです。
IMG_7125.JPG
石渠近くになって少し暗くなってきました。思っていたよりは楽な行程でした。
青海省が近づくにつれ道路が良くなってきているように思えました。
石渠周辺も花が豊富そうです。

2012年7月15日

2012年 4日目 7月6日 徳格

この日はデルゲ(徳格)で1日ゆっくりです。
あいにくの天気。雨が降ったりやんだり・・・。
ホテルから歩いてデルゲパルカン(徳格巴宮)こと徳格印経院に行きました。
小さな町ですが、ビルが立ち並ぶ都会です。
八幡平市より大都会です。
DSC00599.JPG DSC00591.JPG
デルゲパルカンの外観は普通のチベット仏教寺院です。
DSC00571.JPG DSC00578.JPG
入口を入ると吹き抜けの中庭、普通の寺院では1階に吹き抜けの本堂があって仏像などがあるのですが、ここは4階まであり、2階と3階がこの寺院の中枢とも言える重要部分。
2階には膨大な経典の版木が納められた倉庫。版画なども合わせて、ここには30万枚近い版木があるとされる。経典の中には大蔵経などの重要なものも多数あり、壁一面、狭い通路の両側にびっしりと収められている。
残念ながら、この院蔵は撮影禁止。
そして3階。
IMG_6989.JPG IMG_6990.JPG IMG_6993.JPG IMG_6995.JPG
3階は印刷所。2人1組みで刷り上げます。2階の院蔵からは専門の人が版木を運び出し、二人の脇に積み上げます。
細長い紙を1枚ずつ版木に重ね、ローラーで刷り上げ、自分の膝の上に掛けます。
膝に重ねる瞬間に、もう一人が版木に墨を塗ります。
10枚程度でしょか?膝の上にたまってくると、一人が版木を裏返して、再び墨を塗ります。
そして、膝の上の紙を今度は裏側に刷り、右奥の台に乗せます。
そうなんです!!両面刷りなんです。
かなりのスピードで刷り上げていきます。
DSC00585.JPG DSC00597.JPG
4階は刷り上がったお経の販売などしている部屋があるほか、どうやら個室でも刷り作業や版木に掘る作業も行われている様子でした。
屋上からは、周辺の古い町並み(民家や僧坊)が見えます。
デルゲ バルカンのすぐ近くのもう一つのお寺に行きました。
DSC00596.JPG
チベット仏教のサキャ派の寺院です。違いは寺の屋根にある法輪と鳳凰。
他の派は法輪と鹿です。
前のデルゲパルカンも法輪と鳳凰です。
他にも違いはあるようですが、外観ではっきりわかるのはその部分です。
さて、デルゲ・バルカンに戻ると、寺の周りは時計回りにグルグル回る人の列でいっぱいです。
小雨の中、みんな傘をさして回っています。

2012年7月14日

2012年 3日目 7月5日 甘孜-新路海-徳格

今日は晴天。お天気のいい中出発です。
DSC00454.JPG DSC00457.JPG
まずは市場でお昼ご飯のデザートの果物やおやつを調達。
今日は天気もよさそうだし、いよいよ今回の旅の見どころに入ってきました。
IMG_6823.JPG
これから向かう雀児山6168mの山並みが見えてきます。
DSC00489.JPG DSC00495.JPG
マニカンゴ(馬尼干戈)の近くでお昼。おとなしそうな犬が待てしてましたが、何もあげなかったらいつのまにかどこかに行ってしまいました。
IMG_6836.JPG
ドドーンと山が迫ってきました。
雀児山6168mの山塊です。ヨーロッパ的な風景ですが、ヤクたちが草原で草を食んでいます。
DSC00518.JPG
そして新路海。氷河湖です。
湖畔には針葉樹と草原、その合間に巨石があり、石には経文が彫られています。
チベット仏教の聖地のひとつだそうです。
IMG_6902.JPG IMG_6885.JPG
経文の彫られたマニ石と湖畔で遊んでいたチベット少年僧。
IMG_6912.JPG IMG_6942.JPG
ここで初めて、この旅行の参加者で記念撮影。
この時は、まだ先にある峠越えのことは頭になかったのですが・・・。
DSC00562.JPG DSC00551.JPG
雀児山口(峠)は本当に恐ろしかったです。下の写真の石碑に"川蔵第一険"と彫られています。
DSC00560.JPG
峠の高さは5050m。新路海側は4200mから登りはじめ、数百メートルの断崖絶壁に未舗装悪路で車のすれ違いもやっとの幅で道路が作られています。さらに恐ろしいのは徳格、徳格は3700mほどの標高なのでさらに落差は大きく、急峻です。
僕は途中から車の床しか見れませんでした。山頂の写真で顔面蒼白といった感じで写っています。
夜になんとかデルゲ(徳格)に着きましたが・・・。帰りもあの道を通らなければならないと思うと不安でした。
ちなみにデルゲ(徳格)も停電のようで我々が到着して真っ暗だったホテルは、到着直後発電機を始動。いきなり明るくなってびっくりしました。

2012年 2日目 7月4日 康定-甘孜

あいにくの雨。
といってもザーザー降りではなくて、しとしと静かに降って、霧雨状態の時の方が多く、何とか花は見れそうです。
標高は出発して1時間で3700mを超えてきました。
IMG_6738.JPG
まずは四川省山岳部でのお目当てのリリウム・ロフォフォルムを見つけました。
憧れていた花の一つです。
道路状況がよかったのでスピードの出ている車からこの花を見つけるのは至難の業でした。
IMG_6742.JPG IMG_6799.JPG
サクラソウの仲間。

DSC00399.JPG DSC00406.JPG
途中、最初のメコノプシス属クイントゥプリネルヴィアを見つけて・・・。
新都橋を過ぎたあたりで大渋滞。

DSC00450.JPG IMG_6809.JPG
大きく迂回路を使ったために、甘孜が近くなった辺りで真っ暗。
夕食を食べた町では停電。
この日もゆっくりフラワーウォッチングとはいきませんでしたが、珍しい花を何種類か見ることができました。

2012年 1日目 7月3日 成都-康定

2012年のチベットフラワーウォッチングは直前にチベット自治区へのパーミットがおりず、急遽のルート変更で対応しました。
7月4日の四川省康定県新都橋までは予定ルートでしたが、そこから先は青海省へ向かう旅程となりました。

DSC00283.JPG DSC00293.JPG
成都から康定へ向かうのに先ずは高速道路で雅安へ向かい、ここから二郎山のトンネルを抜けて山岳部へ入ります。
大半は舗装道路でしたが、大型トラックの往来が激しく、道路が至るところで破損してかなりゆっくりな走行しかできませんでした。
そんな、悪路をひたすらペダルを漕ぐ若者を多く見かけました。
今、大学生の間では自転車が流行で、そのなかでも成都からチベット自治区ラサへ向かうツアーも人気があるらしい。
康定は急峻な谷底に忽然と現れる都会です。

DSC00325.JPG DSC00328.JPG
町の中心には急流があり、夜にはライトアップされてとても山奥の街とは思えません。
デパートや商店もオシャレで一見すると普通の都市部の生活と同じようにも見え、チベット文化圏に入ってきている感じはあまりありません。
DSC00335.JPG DSC00312.JPG
康定情歌で有名なこの街の広場には、この歌の碑が建っています。
夕食は火鍋。火鍋といっても、キノコやさまざまなダシの効いたスープでシャブシャブのようにして肉やその他の具材をいただきます。辛味は別にしてもらい、付けダレで各自調整するようにしました。とても美味しかったです。
この日は、残念ながら天気も悪く、花もあまり見られませんでした。