Warning: include() [function.include]: URL file-access is disabled in the server configuration in /home/users/0/lolipop.jp-dp42121085/web/tibet/52000/521402009/index.php on line 24

Warning: include(http://osyorokoma.net/tibet/menu.php) [function.include]: failed to open stream: no suitable wrapper could be found in /home/users/0/lolipop.jp-dp42121085/web/tibet/52000/521402009/index.php on line 24

Warning: include() [function.include]: Failed opening 'http://osyorokoma.net/tibet/menu.php' for inclusion (include_path='.:/usr/local/php/5.2/lib/php') in /home/users/0/lolipop.jp-dp42121085/web/tibet/52000/521402009/index.php on line 24
ipod_468-60.gif

メイン 2009年旅程ギャラリー

2010年7月18日

白いホリドゥラ

青いけしの代表格といってもいいメコノプシス ホリドゥラ。
ホリドゥラはチベットの空のような青だけでなく赤紫、紫などなど青系の色のバリエーションが豊富ですが、珍しい白花がありました。
IMG_1449.JPG
美しい白ですね。
IMG_1955.JPG
帰りに立ち寄ったときには雪の中でも咲いていました。
IMG_1943.JPG
いつまでも見ていたい美しさでした。
IMG_1454.JPG
周りには普通の青いホリドゥラが咲いています。

僕たちは2007年はこの峠まで来ることができませんでしたが、別のツアーの方々が同じ峠で白花を目撃したといいます。ただ、2007年とは道路が付け替えられているので別の株かもしれません。

2009年7月15日

2009青海チベット フラワーウォッチングツアー 無事帰国

IMG_5630.JPG
今回のツアー参加者は5名。
極めて小規模のツアーで、かなり途中での旅程の変更やアクシデントもありましたが、無事西寧で旅行を終えて、それぞれの帰国の途に着きました。
僕も昨日無事帰宅して、さっそく写真の整理に入っている最中です。

一昨年2007年には乾燥化が進んで青いけしも疎らで、花も決して多いとはいえない状態(それでも十分楽しめるくらいの花密度)でしたが、今年はかなり状態の良い花の群落になっていて『やはり高山の花、毎年同じようには咲かないのだなー』と実感しました。

とくに昨年は青いけし含めて花も疎らだった昌麻河の花群落は、かなり2006年に近いレベルに復活していました。
詳細は後々。

今回のツアーの目玉!!
年保玉則峰ニェンポユィツェと仙女湖もバッチリ!!
もちろん青いけしも満開(ちょっと過ぎ気味も多かった)で、青海チベット果洛州で最大級の青いけしの群落、尼照瑪峠は道路工事で行けなかったけど、それでも大満足の旅でした。尼照瑪はきっと今年は良かったんだろうな~と思いつつ後ろ髪を引かれる思いで、マチンをあとにしました。

とりあえず、数点写真を紹介します。
先ずは↑の写真は年保玉則峰ニェンポユィツェと仙女湖。
ここは到着時は雨で、山も全く見えない状態でしたが、着後すぐに雨が上がり、山容もハッキリわかり青空も覗く天候に恵まれました。雲が晴れていく瞬間は感動モノでした。

瑞祥?吉兆?
とっても縁起がいいことに青いけしとフクロウ。
IMG_5948.JPG

そして昌麻河の花群落の青いけしと氷河を頂く尼照瑪山。
IMG_6211.JPG
一昨年は乾燥化していて心配していましたが、今年はかなりの部分で復活していました。
この時点で、前日行けなかった尼照瑪の峠がとっても気になりました。

でも残念だったのは!!
沁馬雪山峠!!
ここが2007年と比べて乾燥化、そして青いけしやコリダリスがほとんど見られなかったこと。ただ、この件に関して3回目の今年でなんとなくわかってきました。おそらくコバイケイソウやその他の野生の高山植物と同じように開花や成長の波が大きい植物が多いのではないか?といことです。これも後ほど詳しく書こうと思います。
IMG_6343.JPG
卾拉山峠は道路工事中で、青いけしポイントでは車を止められませんでしたが、道路工事区間の僅かな隙間で車を止めて昼食時間に。その間に、山のほうへ歩いて行ってみたところ、ホリドゥラの群落が!!
ここのが、色も状態も最高でした。

他にも旅の中盤(久治から瑪沁移動時)にはラケモサタイプの群落も見ることができましたが、こちらも後ほど紹介したいと思います。

先ずは無事帰国の報告と、簡単に青いけしの状態報告でした。
今後の更新をお楽しみに!!

2009年6月15日

2009年 青海チベットフラワーウォッチングツアー旅程

四川省から青海省へ入るルートが今期、対外開放されないと連絡を受けて急遽、旅程の変更をしました。
暫定ですが、青海省の西寧起点にこんな感じの旅程になりました。
2009No2.jpg

 

旅  程

泊地
7月4日 成都着 西寧
7月5日 西寧-同仁-河南蒙古族自治県 河南県
7月6日 河南モンゴル族自治県-瑪曲-久治 久治
7月7日 久治-年保玉則峰仙女湖-久治 久治
7月8日 久治-達日-瑪沁 瑪沁
7月9日 瑪沁-アムネマチン-瑪沁 瑪沁
7月10日 瑪沁-花石峡 花石峡
7月11日 花石峡-青海湖 青海湖
7月12日 青海湖-西寧 西寧
7月13日 西寧発  

今回ルートでは瑪曲周辺の黄河の湿地や草原地帯もたいへん興味深い地域です。
いつもと違うルートなので、その分、また違う植物が見られるかもしれない期待感もあります。もちろん、青いけしのアムネマチンは行きます!!

2009年2月12日

2009年 青海チベットフラワーウォッチングツアー旅程

今年2009年の青海チベットフラワーウォッチングツアーの旅程を【 青海三江源探検旅遊有限公司 】の林社長さんとメールで相談しています。

昨年していた旅程を予定しています。
まだ正式には決めていませんが、7月1日以降出発で7月12日までの範囲で11日間程度を考えてます。

 

旅  程

泊地

 
1日目 成都着 成都
2日目 成都-都江堰-理県-馬尓康 馬尓康
3日目 馬尓康-刷馬路口-アバ県-久治 久治
4日目 久治-年保玉則峰仙女湖-久治 久治
5日目 久治-瑪沁 瑪沁
6日目 瑪沁-アムネマチン-瑪沁 瑪沁
7日目 瑪沁-花石峡 花石峡
8日目 花石峡-青海湖 青海湖
9日目 青海湖-西寧 西寧
10日目 西寧発  

昨年、四川大地震の震源地近くを通過しますが、昨年秋の段階で外国人ツアーも通過が可能となったと連絡を受けました。
また、泊地は地震の被害の大きかった場所からは少し離れた場所を予定しています。
メインは花、とくにブルーポピーですので、同地域を通過だけにするか、同地の復興や振興に少しでも貢献できるよう、観光もするか検討したいと思います。
観光といっても、同地域の目玉は「都江堰」と「馬尓康の石塔建築」の二つでどちらもルート上にあるので、時間を長くとるか、短くするかの違いです。

今回の目的は年保玉則峰の仙女湖と今まで通りアムネマチンの青いけしなので、あまり欲張るようなことはしたくありませんが・・・、3月上旬頃までじっくり考えて決めたいと思います。