ipod_468-60.gif

メイン 緑ギャラリー

2007年8月17日

サウスレアの仲間

撮影 2006年7月13日 沁馬雪山峠

Saussurea sp.

最初、ナス科で紹介している【 馬尿泡 】に似ていると思ったのですが、馬尿泡は壺状ですが、こちらは1枚1枚が花を包む苞葉となっています。中身をちゃんと確認すればよかったんだけど、開いて見ませんでした。たぶん、ボンボリトウヒレンに近い仲間だと思います。

エントリーを投稿してから新しい画像を見つけました。塔が立っている株が写っているのがありました。
 
青いけしのホリドゥラの撮影に夢中で傍にあることに気がつきませんでした。
きちんと塔が立ってますのでボンボリトウヒレンの仲間と思われます。
でも、もっとちゃんと観察してればよかった・・・。

ナス科

 
撮影 2006年7月13日 花石峡


撮影 2007年7月5日  黒河周辺

Przewalskia tangutica

下の写真には花の終わったあとらしき殻が写ってますが、たぶん近くに転がっていたのでこの花の昨年の殻だと思います。まるでホオズキのような繊維質の殻です。

なんとかネットで名前を調べることができました。
「ナス科だよ」・「漢方薬だよ」っては聞いていたし、いろんなサイトで写真は見るけどナス科としか書いていないのがほとんどでした。
種名については【 みんなでつくる世界の山と高山植物のアルバム 】さんで調べました。
当サイトからリンクを貼っている【 ヒマラヤの青いけしBluepoppyの旅 】さんでも画像つきで紹介されています。こちらでは現地名の”馬尿草”と紹介されています。
また、【 アルラチベット医学センター 】ホームページでは”馬尿泡”と紹介されています。こちらでも種名【プルゼワルスキア・タングティカPrzewalskia tangutica 】の記載があります。

2007年8月16日

モリナ科だと思うのですが・・・

 

撮影 2007年7月6日 果洛州 達日郊外

Cryptothladia sp.

全体に棘っぽいこの植物はたぶんモリナ科。でも自信ない。
「ヒマラヤ植物大図鑑」で最も近いのが、p126のクリプトスラディア・ポリフィラ(Cryptothladia polyphylla)ですが、分布域がブータンのほうになってるし・・・。

2007年8月14日

アユガ ルプリナ

Ajuga lupulina

撮影 2007年7月6日 大武鎮郊外 東柯河(東傾沟郷)

草原の縁や道路わきの斜面などでよく見かける。場所によっては大きな群落をつくり、葉の先がピンク色や赤紫になるものや、葉全体が色が濃いもなど様々。花自体は葉の下に隠れるように咲いていて目立たない。