Warning: include() [function.include]: URL file-access is disabled in the server configuration in /home/users/0/lolipop.jp-dp42121085/web/tibet/24500/25500/index.php on line 24

Warning: include(http://osyorokoma.net/tibet/menu.php) [function.include]: failed to open stream: no suitable wrapper could be found in /home/users/0/lolipop.jp-dp42121085/web/tibet/24500/25500/index.php on line 24

Warning: include() [function.include]: Failed opening 'http://osyorokoma.net/tibet/menu.php' for inclusion (include_path='.:/usr/local/php/5.2/lib/php') in /home/users/0/lolipop.jp-dp42121085/web/tibet/24500/25500/index.php on line 24
ipod_468-60.gif

メイン キンポウゲ科ギャラリー

2010年7月24日

パラクィレギア ミクロフィラ

偶然の出会い
IMG_1563.JPG
パラクィレギア ミクロフィラ
以前から見たいと思っていたけど、青海では見られないと思っていました。
偶然、下の写真のような断崖絶壁で見つけました。
ちょうど土砂崩れの補修工事で通行止めになっていて、開通まで車を止めていたときに、崖上で咲いているパラクィレジアに気がつきました。
IMG_1556.JPG
車道に覆いかぶさるように崖があります。
IMG_1562.JPG IMG_1565.JPG
崖の上のほうには満開で美しいパラクィレジアが咲いています。
実は実物を見たのは初めてなんで、同じパラクィレジアのアネモイデス?とも思ったのですが、花色の繊細さはミクロフィラではないかと思いました。
今回のであった花の中では一番印象的でした。

2008年3月12日

キンポウゲ科

DSC00616.JPG DSC00615.JPG

キンポウゲ科

やや標高の低い道路わきなどで見られた。
葉は細かく、花弁も薄くあまり目立たない。

2007年12月25日

チベット ボタン

 

キンポウゲ科ボタン属
Paeonia veitchii

撮影 : 2004年6月7日 青海省 班瑪 大渡河流域

色は白から濃い目のピンクまで。当時はあまり意識しなかったけど、地元の人が車を止めて説明するほど有名な花。かなりの大きな株を作り、見ごたえのある花をつけるが、花の大きさや色などは日本のコスモスに似ている印象を受ける。花弁や葉はコスモスを幅広にしてボリュームを持たせたような感じ。

 

2007年11月22日

キンポウゲの仲間


内側は鮮やかな黄色で外側が赤褐色のキンポウゲの仲間。
 

撮影 : 2007年7月6日 青海省 果洛州 沁馬雪山口

丈は10センチぐらい。多くは花弁の外側は赤褐色で内側が黄色い。
やや湿った、粘土質の荒地や泉のほとりで多く見かける。

2007年9月24日

アネモネ オブトゥシロバ ガーデニング編

チベット・ヒマラヤガーデン No.5
Anemone obtusiloba

2007年9月購入
北海道旅行の際に購入。
青海チベットにはありませんが、チベット域にもたくさんのイチリンソウの仲間があります。
丈が低く、四季咲きということなので、ロックガーデンの前景用に購入しました。
花弁の出始めは白っぽいですが、藤色の綺麗な花をつけます。

2007年8月31日

イチリンソウの仲間 Ⅰ

Anemone sp.
  

撮影 : 2007年7月7日 青海省 果洛州 大武鎮郊外

  

撮影 : 2006年7月15日 青海省 果洛州 大武鎮郊外

大武郊外の草原でたくさん見ることができる。多くは花弁の内側が白く外側が紫、赤紫色で、花茎の途中に小さな葉が2または3枚輪生し、花茎は暗紫色、丈は10センチ程度。
稀にピンク、濃いピンクの株もある。

2007年8月28日

クレマティスの仲間

Clematis sp.

撮影 : 2006年7月13日 青海省 果洛州 索乎多

やや標高が低く低潅木が生い茂るようなところに生える。
目立つ黄色い花なので見つけやすい。道路わきなどでよく見かける。

2007年8月26日

デルフィニウム

Delphinium sp.
 

撮影 : 2006年7月11日 青海省 西寧市郊外 拉(又鳥)峠 3800メートル付近

同じ地域の西寧側の標高低いところには、同じ花でやや草丈の高いデルフィニウムが咲いていたが、標高が高く岩礫の多い場所では地上10センチほどの花もある。
濃い青紫の花はひじょうに美しい。

2007年8月12日

キンポウゲの仲間

Ranunculus sp.

撮影 2007年7月5日 巴顔客拉山口 4830メートル

まだ雪の残る斜面の泥の上に咲いていた。
花弁は外側に茶色の筋が入り美しい。同地域の他のキンポウゲと比べてやや大きめの花をつける。

2007年8月11日

キンポゲ科オキシグラフィスの仲間

Oxygraphis sp.

撮影 2007年7月5日 巴顔客拉山口 4830メートル

葉がやや心形だったのでリュウキンカの仲間かな?と思っていたけど、どうも違う。花はフクジュソウの仲間のようだけど、それとも違う。学研「世界のワイルドフラワー Ⅱ」や山と渓谷社「ヒマラヤ植物大図鑑」で一番似ているのがオキシグラフィスでした。いずれにしてもキンポウゲ科の植物ですので似たようなものなのかも。

2007年8月10日

ヒメリュウキンカ? 2004

Ranunculus sp.
 

撮影 2004年6月7日・8日 果洛州 班馬県 江日堂 眠江支流大渡河大金河

チベットの早春の草原を彩る黄色い花の一つで、どれも似たような花ばかりだけど、葉の形が心形でリュウキンカに似ている。花茎は地面から3センチ程度、株によっては地面から直接花が咲いているように見えるものも。
この花は、たまたま園芸店でヒメリュウキンカというものを見たがものすごく似ているような気がした。
リュウキンカはキンポウゲ科リュウキンカ属(Caltha)、ヒメリュウキンカはキンポウゲ科キンポウゲ属(Ranunculus)らしいが、どちらかというと花はリュウキンカと同じ。

リュウキンカ

Caltha palustris
 

撮影 2004年6月8日 果洛州 班馬県 江日堂 眠江支流大渡河大金河

これは、誰が見てもリュウキンカの仲間だとわかるし、日本のエゾノリュウキンカによく似た特徴をもっている。
チベットでもやや標高の低い沢筋や湧き水の沼沢、やや湿った林周辺に咲く。