Warning: include() [function.include]: URL file-access is disabled in the server configuration in /home/users/0/lolipop.jp-dp42121085/web/tibet/2009/05/index.php on line 28

Warning: include(http://osyorokoma.net/tibet/menu.php) [function.include]: failed to open stream: no suitable wrapper could be found in /home/users/0/lolipop.jp-dp42121085/web/tibet/2009/05/index.php on line 28

Warning: include() [function.include]: Failed opening 'http://osyorokoma.net/tibet/menu.php' for inclusion (include_path='.:/usr/local/php/5.2/lib/php') in /home/users/0/lolipop.jp-dp42121085/web/tibet/2009/05/index.php on line 28

« 2009年2月 | メイン | 2009年6月 »

2009年5月31日

チベット・ヒマラヤガーデン計画 2009 No.18 春の花壇

IMG_4587.JPG IMG_4632.JPG
左のM.インテグリフォリアは2番花の開花。右の青いのはM.グランディス。
今年は花は小さいもののとびっきりの青い色で咲いてくれました。
インテグリフォリアの花壇には国産のユキワリコザクラが一面に咲いていますが、コレが終わると同じサクラソウでもトチナイソウ属の花が咲きそろいます。
IMG_4515.JPG IMG_4511.JPG
左:ユキワリコザクラ
右:トチナイソウ
どちらも国産種ですが、チベットにもよく似たサクラソウの仲間がたくさんあります。
サクラソウの群落の中から青いケシの仲間達を咲かすのがこの花壇の最終目的。
他にも、同じ花壇の中にある小形の花で今から咲くのは、アズマギク(国産種)、ハヤチネウスユキソウ(国産種)、エーデルワイス(スイス原産)、アネモネ・オブツシロバ(ヒマラヤ原産)、ツルハナガタ(トチナイソウ属ヒマラヤ原産)、チベットコアヤメ(チベット原産)などなど。
IMG_4572.JPG
シノポドフィルム・エモディー
とっても綺麗なピンクの花をつけます。
現地ではけっこう大きな花ですが、昨年は花壇でうまく育たず、枯れたと思っていました。ということで先々週は同じ花の苗を園芸店で買ったのですが、植えつけてすぐに、一昨年の株が芽吹き始めました。そして昨日蕾をつけたと思ったら、今日の昼に開花しました。ということで追加の株とで合計6株花壇に植えつけてあります。
IMG_4558.JPG IMG_4520.JPG
隣の花壇はラン科、ユリ科の花壇。
もらい物のエビネ(右)とイチヨウラン(左)。
エビネは増え始めました。イチヨウランは来た時より葉っぱが大きくなってうまく根付いてくれたようです。
IMG_4555.JPG
高かったけど一目惚れして買った八重のエンレイソウ。

メコノプシスは、これからプニケアやクィントゥプリネルビアなどが週明け頃から咲きそろいます。
だんだんとチベットらしくなってきました。

2009年5月27日

チベット・ヒマラヤガーデン計画 2009 No.17 開花

IMG_4491.JPG
プセウド・インテグリフォリア
IMG_4494.JPG
現地の標高の高い地域でも、大輪の鮮やかな黄色い花をつける、インテグリフォリアの仲間。
他の高山植物が小さいのになぜかこのインテグリフォリアだけは、とても逞しく育っている。
凍っても元気に復活できるタフな植物。

昨年北海道の園芸店【 岩崎園芸 】さんから買って花壇に植えた2株のうち1つが開花しました。
もう一株も大きな蕾を上げてきているので、まもなく数日中に開花します。

IMG_4496.JPG
黄色いインテグリフォリアが咲いたおかげで、花壇が一段と華やかになりました。

2009年5月11日

チベット・ヒマラヤガーデン計画 2009 No.16

我が家のメコノプシス・ホリドゥラ3株がそれぞれ特徴的な状態になっています。
IMG_3681.JPG IMG_3682.JPG
どの株も2006年に種子から育て始め、昨年は2株開花。
左の感じだと・・・今年の開花も無理そう。
右は昨年開花株の一つですが、一般にホリドゥラは一回結実性で一度花を咲かすと終わりといわれていますが、この株は根が元気。しかもここ数日根元に肉芽状の突起ができてきました。
下で紹介する株もですが、葉を枯らしても根が生きていて成長を続けて、翌年発芽する可能性も否定できなくなってきたので、このままにしておくことに。
IMG_3680.JPG
そして、この株が一番の期待!!
一株から無数の芽が!!チベットで見た株と特徴が一致します。
もしかしたら一茎一花の兆しかも?
今年は白いエンゴサクをいくつも見つけたし、とてもよい予感がします。

2009年5月 8日

チベット・ヒマラヤガーデン計画 2008 No.15

IMG_3543.JPG
今年も花壇には青いけしの仲間が芽を出してきました。
先ずはメコノプシス・インテグリフォリア。
これは北海道の園芸店で買い求めたもの。
これが2株。どちらも無事成長中。

メコノプシス・クィンツブリネルビア
一昨年から植えていて、昨年秋に開花した株も無事芽を出しました。
昨年秋に【 Cat&FlowerGarden 】のブーママさんや、【 よしこさん 】たちに便乗して英国より購入したクインも地植えした1株は無事。ブーママさん、よしこさんのところでは無事蕾を上げて開花し始めたとのこと。

メコノプシス・クーケイMeconopusis Cookei 'Old Rose'
これは、プニケアとクィンツブリネルビアの交配種。
チベットでも見たことあるけど、なかなかステキな色の花をつけます。
こちらも英国から。

メコノプシス・プニケアが2株無事。
これは深紅のど派手な花。でも魅力的な花です。

そして、もっとも大事なフォリドゥラですが・・・。
実は昨年2株が開花。今年は咲かなかった1株が芽を出し、それ以外の株はどうもダメだったみたい。でも、昨年開花株のうち一つが、なんと根っこが腐らず元気な状態であることがわかりました。もしかしたら、隔年の多年草かもしれない!!というのも、どうもフォリドゥラの開花は年によって開花にバラつきがあるようだから、隔年開花の可能性も大!!
ということで、フォリドゥラの花壇は今年は手を付けないで様子を見ることにします。

そして、3年目のグランディス1株。3年目にしては株が大きくならないし、一昨年、昨年は花が咲かなかった・・・。2年目のグランディスも無事。昨年購入で開花したグランディス1株と、ベトニキフォリアは2株はダメでした。

【 Cat&FlowerGarden 】から嫁入りしたメコノプシス・ネパレンシスは元気に葉を伸ばしている最中。

他に花壇を見ると、メコノプシスの芽らしきものが2,3見つかりましたが、昨年種から植えたインテグリフォリアか、他のこぼれ種から発芽したものかは不明。

まとめると、今年はホリドゥラ・インテグリフォリア・プニケア・クィンツブリネルビア・グランディス・クーケイ・ネパレンシスの7種のメコノプシスたちが無事に開花してくれるか?期待の年です。