広告貼るならアクセストレード!

プロフィール

          DSC01025.jpg

カレンダー


« オヤマノエンドウ属の仲間 Ⅱ | メイン | ムカゴトラノオの仲間 »

ウルップソウの仲間

Lagotis sp.

 

撮影 : 2007年7月5日 果洛州 瑪多県 巴顔喀拉山口

瑪多周辺では比較的数が多く、やや水捌けの良く他の草の少ない場所を好んで咲くようだ。河原の砂地などで赤いランナーを伸ばして群落をつくっていることもある。
花色は淡い藤色から白色に近い色まであり、葉はつやがあり、赤いランナーを伸ばす。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://osyorokoma.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/835

コメント (2)

これ、Lagotisなんですね!
私も見ました! 「ケイラントスの仲間かな?」って、とんちんかんな事を思ってました。もっとも、ケイラントスも帰国してから名前を知りましたが。
Lagotisは、頼みの「世界のワイルドフラワー」にほとんど載ってないので、勉強になります。

ところで、「鄂拉山口」は峠のてっぺん(タルチョのある辺)からタルチョとは反対側のコルへまっすぐ歩いていきました。尾根を越えると少し植生が変わるような気がしました。

これは見た目にウルップソウには見えないのですが、花をよく見ると、花筒の先が3つに分かれています。細かくいうと花弁は上舌と下舌の二つに分かれていて、下の花舌は更に二つに分かれています。

次回は必ず歩くようにしないとと決心しました。

About

2007年9月10日 19:07に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「オヤマノエンドウ属の仲間 Ⅱ」です。

次の投稿は「ムカゴトラノオの仲間」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。