« 2007年8月 | メイン | 2007年10月 »

2007年9月28日

センダイハギの仲間

センダイハギ属
Thermopsis sp.

 

撮影 : 左 2007年7月4日 青海省 共和県
      右 2007年7月6日 青海省 達日県

日本のセンダイハギを15センチ程度の草丈にした感じ。
葉はセンダイハギより細いが柄がある三出複葉で葉の裏の毛はセンダイハギより少し長く濃い。 

イワオウギの仲間 Ⅲ

イワオウギ属
Hedysarum sp.

撮影 : 2007年7月8日 青海省 貴徳

やや標高の低い(2500-3200程度)乾燥した山の斜面に生える。
30センチから50センチ程度の草丈。

2007年9月26日

イワオウギの仲間 Ⅱ

イワオウギ属
Hedysarum sp.

撮影 : 2007年7月6日 青海省 果洛州 達日郊外

花茎は15センチ程度でクリーム色から黄色の花弁。
やや草丈の高い草原や低潅木地帯のやや日の当たる場所などに生える。

2007年9月25日

イワオウギの仲間

イワオウギ属
Hedysarum sp.

  

撮影 : 2007年7月6日 青海省 果洛州 達日郊外

花茎は15センチ程度で濃いピンクから赤紫の花弁。
やや草丈の高い草原や低潅木地帯のやや日の当たる場所、河原、斜面などの岩礫地帯など荒地に生える。

2007年9月24日

アネモネ オブトゥシロバ ガーデニング編

チベット・ヒマラヤガーデン No.5
Anemone obtusiloba

2007年9月購入
北海道旅行の際に購入。
青海チベットにはありませんが、チベット域にもたくさんのイチリンソウの仲間があります。
丈が低く、四季咲きということなので、ロックガーデンの前景用に購入しました。
花弁の出始めは白っぽいですが、藤色の綺麗な花をつけます。

レウム アレクサンドラエ ガーデニング編

チベット・ヒマラヤガーデン No.4
Rheum alexandrae


 

2007年9月購入。
北海道旅行の際に購入した苗。
僕の行く青海チベットではまだ見たことはありませんが、チベット東部に分布するということと、比較的高さの出る植物なので、ロックガーデンのアクセントになるのではと購入を決めました。暑さには弱いようです。

本当はレウム・ノビレ【 Rheum nobile 】が欲しいところですが、相当暑さに弱いらしく、入手は困難かもしれません。種子頒布、販売などの情報がありましたら、ぜひコメントをお寄せください。

2007年9月23日

メコノプシス ホリドゥラ ガーデニング編

チベット・ヒマラヤガーデン No.3

 

2006年の春から種子を頂いて育てています。
青いけしの中で栽培がもっとも困難な種とされています。
なかなか大きくならないし、暑さに弱く、現地チベットのように棘が発達しません。
来年は咲けるでしょうか・・・?

アブラナ科の花?

Chorispora sp.

 

撮影 2007年7月5日 青海省 果洛州 瑪多県

たぶんアブラナ科のコリスポラ属だと思います。
標高の高いやや乾燥した荒地によく見られる花。

2007年9月21日

(有)岩崎園芸

【 (有)岩崎園芸 】

■ 山野草、高山植物生産販売の(有)岩崎園芸。
■ 北海道札幌郊外の北広島市の園芸店。
IMG_7893.JPG 
お勧めの園芸店さんです。ぜひ、訪れてみてください。

malmaの購入履歴

 (有)岩崎園芸さんで購入した植物。

 ★ メコノプシス プセウドインテグリフォリア
                     2ポッド    2008年9月4日
 ★ メコノプシス グランディス 1ポッド    2008年9月4日
 ★ トチナイソウ          4ポット    2008年9月4日
 ★ エリモシャクナゲ       5ポッド    2008年9月4日
 ★ エゾツツジ           4ポッド    2008年9月4日
 ★ ゲンティアナ デプレッサ  3ポッド    2008年9月4日
 

 ★ アネモネ オブトゥシロバ 2ポット     2007年9月17日
 ★ 早池峰ウスユキソウ    2ポット     2007年9月17日
 ★ チベットコアヤメ       3ポット     2007年9月17日
 ★ メコノプシス インテグリフォリア
                    3ポット    2007年9月17日

湯沢園芸

【 湯沢園芸 】

■ 北海道の山野草専門の園芸店。
■ 世界の山野草と高山植物の取り扱いあり。

★ レウム・アレクサンドラエの実生栽培から開花に成功。

お勧めの園芸店さんです。ぜひ、訪れてみてください。

malmaの購入履歴

 湯沢園芸さんで購入した植物。

 ★ レウム・アレクサンドラエ 3株     2007年9月17日

メコノプシス インテグリフォリア ガーデニング編

チベット・ヒマラヤガーデン No.2

メコノプシス・インテグリフォリア

  

2007年9月から庭に植えたメコノプシス・インテグリフォリア3株。
花自体も大きいですが、チベットでは大きな群落を作る代表的な花。
大きく良好な株を購入することができました。
来年が楽しみな株です。

メコノプシス・グランディス ガーデニング編

チベット・ヒマラヤガーデン No.1

メコノプシス・グランディス

 

左 2006年自宅ロックガーデンに咲いた青ケシのメコノプシス グランディス。
右 2007年新しくロックガーデンに植えたグランディス。

昨年の株が1つ残ってくれましたが、咲くことはできませんでした。
新たに1株購入して植えましたが、これも咲くことはできませんでした。右の画像の株。
どちらも、脇芽を出して大きく成長しているので、来年は咲くことができるでしょう。
他の青いけしが1回結実性が多い中、グランディスは多年草なので花壇へ植えるのには向いている種だと思います。葉も美しく、丈が高く存在感のある植物です。

2007年9月11日

お出かけします

北海道へ行ってきます。
更新はありませんが、コメントやメールのチェックなどはできます。

トチナイソウの仲間 Ⅲ

Androsace sp.

 

撮影 2007年7月6日 果洛州 瑪沁県

【 トチナイソウの仲間 Ⅰ 】と【 トチナイソウの仲間 Ⅱ 】の中間サイズ。葉はⅡより小さく、花茎を囲むように椀型に輪生する形状からⅠに近い種類と思われる。花茎の長さの中間サイズで、花数はⅡよりやや少ない。日本のトチナイソウに近い形。花色は白が多いが稀にピンクもある。

トチナイソウの仲間 Ⅱ

Androsace sp.

撮影 : 2007年7月7日 青海省 果洛州 瑪沁県 東傾沟

【 トチナイソウの仲間 Ⅰ 】よりも花茎が長く花数が多く、葉が大きい。

2007年9月10日

ムカゴトラノオの仲間

Bistorta sp.

 

撮影 : 2007年7月7日 青海省 果洛州 大武鎮郊外

葉など遠くから見ると【 ウルップソウの仲間 】によく似ている。違いは花の形や蘂が長いことと、花茎に托葉があることなど。

ウルップソウの仲間

Lagotis sp.

 

撮影 : 2007年7月5日 果洛州 瑪多県 巴顔喀拉山口

瑪多周辺では比較的数が多く、やや水捌けの良く他の草の少ない場所を好んで咲くようだ。河原の砂地などで赤いランナーを伸ばして群落をつくっていることもある。
花色は淡い藤色から白色に近い色まであり、葉はつやがあり、赤いランナーを伸ばす。

2007年9月 7日

オヤマノエンドウ属の仲間 Ⅱ

Oxytropis sp.

撮影 : 2007年7月4日 青海省 河卡山口

撮影 : 2006年7月13日 青海省 瑪沁県 三道班

エゾオヤマノエンドウに似ている花。
やや標高の高い小石の混じった荒地に生える。
葉には細かな毛がある。
小さくびっしりと群落する様は見事!!

2007年9月 6日

ムレスズメ属の仲間

Caragana sp.

 

撮影 : 2006年7月12日 青海省 海南蔵族自治州 河卡山口

カラガナ属はマメ科の中でも棘のある低木ということですが、このムレスズメは綺麗な先の丸い円筒形に密集した形となる。河卡山口以外にもたくさんある(西寧郊外拉(又鳥)峠にもある)が、周辺ではここの東斜面のムレスズメが最も綺麗な円筒形を作っていた。気象条件によってできる形なのかも。
棘が鋭いのでこの周辺を歩く時には注意が必要。それと、ヤクの毛が多く絡まっている。

オヤマノエンドウ属の仲間 Ⅰ

オキシトロピス・カンスエンシス
Oxytropis kansuensis

撮影 : 2006年7月13日 左 果洛州 瑪多県 沁瑪雪山 
                 右 果洛州 瑪沁県 三道班

 

撮影 : 2007年7月6日 果洛州 瑪沁県 昌麻河

アムネマチン周辺の緩やかな谷筋の草原に群落をつくる。
昨年2006年は当たり年のようで一面の黄色い絨毯の如く満開だったが、今年はやや花数が少なく、株にも勢いがなかった。

2007年9月 2日

イヌナズナの仲間

Drada sp.

 

撮影 2007年7月6日 果洛州 沁馬雪山峠

イヌナズナの仲間。岩手県の早池峰山にもあるが、さすがはチベットの標高4500メートル以上なので、さらに丈が低く小さい。

極小アブラナ科の花第2弾

  

撮影 2007年7月6日 果洛州 沁馬雪山峠

以前紹介した極小の【 アブラナ科 】の花と同じく極小。今度の写真は比較となるキンポウゲ科の花と一緒に写っています。 
この近辺にはこのような極小の花がたくさんあります。それだけ植物にとって厳しい環境なのかもしれません。

2007年9月 1日

たぶんツルニンジン属

Codonopsis sp.

 

撮影 2007年7月8日 青海省 果洛州 大武鎮-拉加鎮

この花も帰ってから写真の整理中に見つけた花です。
撮ってた時は気が付きませんでした・・・。
ボケてますが、おそらく花茎が異常に長いことなどからツルニンジン属の仲間と思われます。
毎度のことながら、もっとちゃんと観察して撮影するべきだと反省しきりです。