広告貼るならアクセストレード!

プロフィール

          DSC01025.jpg

カレンダー


« メコノプシス・ホリドゥラ 2006 Ⅰ | メイン | コリダリスの仲間 2006年 »

コリダリスの仲間  2004年

日本でコリダリスの仲間といえば、黄色い花をつけるキケマン、青い花をつけるエンゴサクが有名。
コリダリスの葉は互生するものが多いが、チベットのこの地域には輪生する葉を持つ種類がある。
しかも、針のように細かい葉で、葉だけを観察するとコリダリスの仲間とは思えないが、花は間違いなくコリダリスの特徴を持っている。
  

左のコリダリスは中央のと似ていますが、純白に茶色のアクセント。中央はクリーム色で比較的大株になります。右は左の白いのと似た感じですが真っ青なコリダリス。
どれにも共通しているのは、茎に輪生する細い葉。

撮影場所は青海省。四川省に近い長江の大支流、眠江上流の大渡河。かつては長江の正源とされた地域。
撮影時期は6月上旬。

ネットで情報を得まして、輪生する葉を持つコリダリスで近いものを見つけることができました。
【 Asian flora 】の画像から判断すると【 Corydalis cytisiflora 】が最も近いような気がします。場所も四川省松藩(九寨溝に近い街)らしいのですが、同じ眠江流域なので【 Corydalis cytisiflora 】かこの近縁の種類と考えることができそうです。

更に情報を集めています。
どなたか、わかる方いませんか~?

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://osyorokoma.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/690

About

2007年5月23日 19:13に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「メコノプシス・ホリドゥラ 2006 Ⅰ」です。

次の投稿は「コリダリスの仲間 2006年」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。