Warning: include() [function.include]: URL file-access is disabled in the server configuration in /home/users/0/lolipop.jp-dp42121085/web/tibet/10100/10110/index.php on line 24

Warning: include(http://osyorokoma.net/tibet/menu.php) [function.include]: failed to open stream: no suitable wrapper could be found in /home/users/0/lolipop.jp-dp42121085/web/tibet/10100/10110/index.php on line 24

Warning: include() [function.include]: Failed opening 'http://osyorokoma.net/tibet/menu.php' for inclusion (include_path='.:/usr/local/php/5.2/lib/php') in /home/users/0/lolipop.jp-dp42121085/web/tibet/10100/10110/index.php on line 24
ipod_468-60.gif

メイン チベット・ヒマラヤガーデン計画ギャラリー

2010年6月11日

チベット・ヒマラヤガーデン計画 2010 No.22 今年も咲きました。

IMG_0208.JPG
今年もチベット・ヒマラヤガーデンでメコノプシス インテグリフォリアとサクラソウが咲きました。
今年は、サクラソウの株も増えたし、昨年買い足したメコノプシスが今後も次々咲く予定です。
IMG_0236.JPG
青いけし メコノプシス グランディスも開花しました。こちらは今日現在は花びらを落としてしまいましたが、まだこれからの株もあります。
ホリドゥラも蕾をあげ始めました。
チベット旅行前には咲きそうです。
次はいよいよチベット旅行です。

2010年5月23日

チベット・ヒマラヤガーデン計画 2010 No.21 ホリドゥラは多年草

IMG_0076.JPG
さてわかる人にしかわからないと思うのだけど、今回の写真はメコノプシス ホリドゥラという青いけしの仲間。
青いけしの仲間でもっとも標高の高いところに生育するタイプで、その青さや美しさは青いけしの中でも第一級の種です。
しかし、標高の高いところに生育(4000メートル以上)しているので、観察も容易でなく、標高の低く温かな環境の場所で育てると、原生地とは異なる姿に成長してしまう気難しい植物です。原生地は一茎一花ですが、日本で育てると多くは一茎にいくつも花を付ける総状花序になってしまいます。

写真をズドーンと大きく載せたのは、見ての通り、昨年の枯れた花茎の残る株から新芽が成長しています。
多少、僕と同じようにホリドゥラは多年草かも?と書いている文献もありますが、多くは一稔草としています。
思った通り、原生地に近い生育環境では多年草になる確立が高くなりそうです。
IMG_0074.JPG
そして、多年草化した株のすぐ隣には一花一茎が期待できる株が!!
この株は年々脇芽を増やし、芽の出方も、棘も、葉も原生地にもっとも近い株です。
いくつも現地でこの小さな未開花の株は見ているので一番期待しています。
今年は咲くだろうか?
もっとも楽しみな年です。

IMG_0077.JPG
ちなみにこの株も昨年開花株ですが、この株は今年脇芽がまったくないので、期待できないかも・・・。

2010年5月 5日

チベット・ヒマラヤガーデン計画 2010 No.20 ホリドゥラ

ホリドゥラは一捻性といわれていますが、以前からかなりこの点は疑問に感じていました。
確かに花茎が一本の場合は開花後は株ごと枯れてしまいます。しかし、株が分化して脇芽がたくさんできた場合、且つその分化した芽の一部しか開花しなかった場合に、開花できなかった時に株ごと枯れてしまうのは甚だ疑問でした。
そして、ついに2006年植えのホリドゥラが4年で、一昨年、昨年開花、そして今年も新芽を出しました。
IMG_1191.JPG
昨年は10月まで腐りながらも小さな花を咲かせ続けたので、株自体はかなり弱っているかもしれません。かといって施肥して根腐れでも起こされては大変なので、しばらく様子見。
DSC00410.JPG IMG_7813.JPG
花色は残念ながら紫ですが、花の形や花茎の伸ばし方はホリドゥラです。
目指すは一茎一花。そして蘂の黄色化。
今回の多年草化は一茎一花への一歩前進と思います。

2009年6月28日

チベット・ヒマラヤガーデン計画 2009 No.19 プニケア

青いケシの仲間だけど深紅のプニケア。
今日27日開花しました。
IMG_5221.JPG IMG_5224.JPG
開花したけど、実はこの花は第2花目。第1花は風で蕾の状態で折れてしまいました。
しかも、あと1週間後には、現地でたくさんのプニケアたちと再会予定。
でも、自宅でこの深紅のケシが見られるのはやっぱり嬉しいです。

背後に写っているのは、ベトニキフォリア、ここ数日の強風で葉が折られてしまいました・・・。かわいそう、だけど、逆に風で折られることで次により強い葉が伸びるのかもしれません。
実際、プニケアも通常第1花が花茎も太く花が大きいはずなのに、今回開花した第2花のほうが、強風にも耐えられたし、大きな花をつけてくれました。

ただ・・・ホリドゥラがどうもチベット旅行中に開花しそう。
しかも念願の一茎一花の可能性が大きな株。
留守中の管理を父にしっかりお願いして出かけます。

このブログ、携帯電話のメールで更新できるように設定しようとしたけど、どうもうまくいきません。とりあえず、mixiの日記は携帯メールで更新できるようなので、現地から日記更新する予定です。
mixiのマイミク募集中。旅行中、日記更新はメールでできるけど、その他お返事などはできなくなるのでマイミクリクエストはお早めに。

2009年6月 6日

チベット・ヒマラヤガーデン計画 2009 No.18 チベットガーデン

IMG_47101.JPG
黄色い花がメコノプシス・インテグリフォリア。
サクラソウの仲間のユキワリコザクラやトチナイソウ、アズマギクやアネモネの仲間が咲きそろいました。あいにくの雨ですが、なんとかチベット高原のイメージに近づきつつあります。これで青いけしの最高峰ホリドゥラが一茎一花で咲いてくれれば文句なし!!
IMG_4702.JPG IMG_4706.JPG
メコノプシス・クィントゥプリネルヴィア。
この紫と黄色いインテグリフォリアが一緒に咲いているところは、チベット現地でも見ました。
下が現地チベットのクィントゥプリネルヴィアとインテグリフォリア。
DSC00706.JPG DSC00708.JPG
現地との違いはやはり、茎の太さが違います。苛酷な条件下で生育してるのに不思議ですね。
IMG_4720.JPG
今日は雨降り、はやく天気になって欲しいものです。
ここ数日中にプニケアやシンプリキフォリアが咲くはずです。

2009年5月31日

チベット・ヒマラヤガーデン計画 2009 No.18 春の花壇

IMG_4587.JPG IMG_4632.JPG
左のM.インテグリフォリアは2番花の開花。右の青いのはM.グランディス。
今年は花は小さいもののとびっきりの青い色で咲いてくれました。
インテグリフォリアの花壇には国産のユキワリコザクラが一面に咲いていますが、コレが終わると同じサクラソウでもトチナイソウ属の花が咲きそろいます。
IMG_4515.JPG IMG_4511.JPG
左:ユキワリコザクラ
右:トチナイソウ
どちらも国産種ですが、チベットにもよく似たサクラソウの仲間がたくさんあります。
サクラソウの群落の中から青いケシの仲間達を咲かすのがこの花壇の最終目的。
他にも、同じ花壇の中にある小形の花で今から咲くのは、アズマギク(国産種)、ハヤチネウスユキソウ(国産種)、エーデルワイス(スイス原産)、アネモネ・オブツシロバ(ヒマラヤ原産)、ツルハナガタ(トチナイソウ属ヒマラヤ原産)、チベットコアヤメ(チベット原産)などなど。
IMG_4572.JPG
シノポドフィルム・エモディー
とっても綺麗なピンクの花をつけます。
現地ではけっこう大きな花ですが、昨年は花壇でうまく育たず、枯れたと思っていました。ということで先々週は同じ花の苗を園芸店で買ったのですが、植えつけてすぐに、一昨年の株が芽吹き始めました。そして昨日蕾をつけたと思ったら、今日の昼に開花しました。ということで追加の株とで合計6株花壇に植えつけてあります。
IMG_4558.JPG IMG_4520.JPG
隣の花壇はラン科、ユリ科の花壇。
もらい物のエビネ(右)とイチヨウラン(左)。
エビネは増え始めました。イチヨウランは来た時より葉っぱが大きくなってうまく根付いてくれたようです。
IMG_4555.JPG
高かったけど一目惚れして買った八重のエンレイソウ。

メコノプシスは、これからプニケアやクィントゥプリネルビアなどが週明け頃から咲きそろいます。
だんだんとチベットらしくなってきました。

2009年5月27日

チベット・ヒマラヤガーデン計画 2009 No.17 開花

IMG_4491.JPG
プセウド・インテグリフォリア
IMG_4494.JPG
現地の標高の高い地域でも、大輪の鮮やかな黄色い花をつける、インテグリフォリアの仲間。
他の高山植物が小さいのになぜかこのインテグリフォリアだけは、とても逞しく育っている。
凍っても元気に復活できるタフな植物。

昨年北海道の園芸店【 岩崎園芸 】さんから買って花壇に植えた2株のうち1つが開花しました。
もう一株も大きな蕾を上げてきているので、まもなく数日中に開花します。

IMG_4496.JPG
黄色いインテグリフォリアが咲いたおかげで、花壇が一段と華やかになりました。

2009年5月11日

チベット・ヒマラヤガーデン計画 2009 No.16

我が家のメコノプシス・ホリドゥラ3株がそれぞれ特徴的な状態になっています。
IMG_3681.JPG IMG_3682.JPG
どの株も2006年に種子から育て始め、昨年は2株開花。
左の感じだと・・・今年の開花も無理そう。
右は昨年開花株の一つですが、一般にホリドゥラは一回結実性で一度花を咲かすと終わりといわれていますが、この株は根が元気。しかもここ数日根元に肉芽状の突起ができてきました。
下で紹介する株もですが、葉を枯らしても根が生きていて成長を続けて、翌年発芽する可能性も否定できなくなってきたので、このままにしておくことに。
IMG_3680.JPG
そして、この株が一番の期待!!
一株から無数の芽が!!チベットで見た株と特徴が一致します。
もしかしたら一茎一花の兆しかも?
今年は白いエンゴサクをいくつも見つけたし、とてもよい予感がします。

2009年5月 8日

チベット・ヒマラヤガーデン計画 2008 No.15

IMG_3543.JPG
今年も花壇には青いけしの仲間が芽を出してきました。
先ずはメコノプシス・インテグリフォリア。
これは北海道の園芸店で買い求めたもの。
これが2株。どちらも無事成長中。

メコノプシス・クィンツブリネルビア
一昨年から植えていて、昨年秋に開花した株も無事芽を出しました。
昨年秋に【 Cat&FlowerGarden 】のブーママさんや、【 よしこさん 】たちに便乗して英国より購入したクインも地植えした1株は無事。ブーママさん、よしこさんのところでは無事蕾を上げて開花し始めたとのこと。

メコノプシス・クーケイMeconopusis Cookei 'Old Rose'
これは、プニケアとクィンツブリネルビアの交配種。
チベットでも見たことあるけど、なかなかステキな色の花をつけます。
こちらも英国から。

メコノプシス・プニケアが2株無事。
これは深紅のど派手な花。でも魅力的な花です。

そして、もっとも大事なフォリドゥラですが・・・。
実は昨年2株が開花。今年は咲かなかった1株が芽を出し、それ以外の株はどうもダメだったみたい。でも、昨年開花株のうち一つが、なんと根っこが腐らず元気な状態であることがわかりました。もしかしたら、隔年の多年草かもしれない!!というのも、どうもフォリドゥラの開花は年によって開花にバラつきがあるようだから、隔年開花の可能性も大!!
ということで、フォリドゥラの花壇は今年は手を付けないで様子を見ることにします。

そして、3年目のグランディス1株。3年目にしては株が大きくならないし、一昨年、昨年は花が咲かなかった・・・。2年目のグランディスも無事。昨年購入で開花したグランディス1株と、ベトニキフォリアは2株はダメでした。

【 Cat&FlowerGarden 】から嫁入りしたメコノプシス・ネパレンシスは元気に葉を伸ばしている最中。

他に花壇を見ると、メコノプシスの芽らしきものが2,3見つかりましたが、昨年種から植えたインテグリフォリアか、他のこぼれ種から発芽したものかは不明。

まとめると、今年はホリドゥラ・インテグリフォリア・プニケア・クィンツブリネルビア・グランディス・クーケイ・ネパレンシスの7種のメコノプシスたちが無事に開花してくれるか?期待の年です。

2008年9月15日

チベット・ヒマラヤガーデン計画 2008 No.14

Gentiana depressa
DSC08382.JPG DSC08386.JPG

北海道の山野草店【 岩崎園芸 】で購入したリンドウの仲間。
ネパールとチベット南部が分布ということで、ヒマラヤ地方に多い花なのかもしれない。青海チベットでは見てないけど、分布が違うことと、リンドウの仲間の多くは夏の終わりに集中して咲くようなので時期が違うためかもしれない。

花も大きく美しく、丈が低くマット状の群落を作るということなので期待の花。
とてもリンドウの仲間にしては優しい色です。

2008年9月 7日

チベット・ヒマラヤガーデン計画 2008 No.13

リンクの内容更新があります。
IMG_7893.JPG
今年も【 岩崎園芸 】さんへ行ってきました。チベットヒマラヤ関連での購入品は
 メコノプシス プセウドインテグリフォリア
 メコノプシス グランディス
 ゲンティアナ デプレッサ
ですが
チベットにも同じ仲間がたくさんある在来種のトチナイソウも買いました。
それとシャクナゲなど。

今回は大雨に当たりましたが、降ったのは移動中だけで、それ以外は天気には恵まれました。
でも、家のほうは雨が続いていたらしいので、花壇が心配でしたが・・・。
メコノプシス クィンツブリネルビアが咲いてしまいました。
このメコノは株が分化しやすいので、来年も咲いてくれるとは思いますが、長雨にハラハラです。
せっかく咲いてくれましたが、花弁が茶色く腐ってしまいました。
採種は難しいかな・・・。
DSC08347.JPG

2008年8月 4日

チベット・ヒマラヤガーデン計画 2008 No.12

先月園芸店でクレマチスコーナーで見覚えのある黄色い花を見つけてすぐに買ってしまいました。
クレマチス・タングティカ
C.tangutica
IMG_7384.JPG
チベットでは2006年に見た花で、とても鮮やかな黄色い花が印象的でした。
DSC06474.JPG DSC06475.JPG
撮影 : 2006年7月13日 青海省 果洛州 索乎多

【 クレマチスの仲間 】として紹介したけどたぶん、おなじ種類の花だと思う。

チベット・ヒマラヤガーデンは少しずつですが充実してきました。
どれくらいの種類を集めることができるのか、まだまだ挑戦は続きます。

2008年6月22日

チベット・ヒマラヤガーデン計画 2008 No.11

DSC07257.JPG DSC07258.JPG
昨日は2,3,4番花まで一気に開花しました。
今日はお天気が悪く、うつむき加減です。
DSC07202.JPG DSC07270.JPG
左はインカルビレアの白です。チベットでは同じ仲間のマイレイが地面から花だけを咲かせるけど、やっぱり花茎が高くなる種類です。チベットの標高の低い場所で同じ種類のものも見ることができます。
右はハヤチネウスユキソウ。岩手県の早池峰山の固有種ですが、地元ではなくて北海道の園芸店から購入したもの。エーデルワイスの仲間はチベットには雑草の如く、草原中に蔓延っているのですが、日本ではどの山のウスユキソウ(エーデルワイス)も貴重な高山植物です。

2008年6月19日

チベット・ヒマラヤガーデン計画 2008 No.10


DSC07187.JPG DSC07183.JPG
今日は大きさがわかるように撮ってみました。
ベトニキフォリアやグランディスと比べると、とても小さいです。
現地のホリドゥラと比べても丈はほぼ同じくらいですが、花がとても小さいです。
ちなみに、現地で見た最小のメコノプシスは
DSC00052.JPG CIMG0838.jpg
掌より小さい、M.クィントゥプリネルヴィア
花の大きさや色、雰囲気は似ています。

DSC07195.JPG
蘂の芯は濃い紫で、花弁も付け根のほうは濃い紫です。
もう少しで2番花以降も一斉に咲きそうな雰囲気です。

2008年6月18日

チベット・ヒマラヤガーデン計画 2008 No.09

DSC07164.JPG
今朝、M.ホリドゥラが咲きました。
種から育てて3年目。やっと1株開花です。
他の株はまだ小さいので翌年以降の開花になりそうです。

DSC07157.JPG DSC07155.JPG
色も現地のような強烈なブルーにはほど遠いですし、現地のように一茎一花にはならず、一本の茎に複数花付ける総状花序になってしまいます。
ただ、花弁が薄く儚い感じのかわいい花を咲かせてくれました。
いま、残りの一株が新芽の分化が起きているので、期待できるかもしれませんが、昨年秋で7株以上あった実生ホリが今年5株に減ってますのでどうなるかわかりません・・・。

2008年6月 8日

チベット・ヒマラヤガーデン計画 2008 No.08

DSC06965.JPG
やっぱり青いけしは青空がよく合います。
できれば秋の晴天のような澄んだ青空がよいのですが、とりあえず久々の青空でしたので撮ってみました。
DSC06963.JPG DSC06962.JPG
もう少し見晴らしの良い場所に植えればよかったかもしれませんが、あまり日中に日の当たる場所と雨風の影響の強い場所は避けて植えたので、周りに建物や樹木が写ってしまいます。

2008年6月 7日

チベット・ヒマラヤガーデン計画 2008 No.07

メコノプシス・ベトニキフォリア
DSC06938.JPG DSC06936.JPG
一番花がもっともきれいなブルーの花をつけてくれる。
DSC06942.JPG
2,3,4番目の花は少し紫がでてきますが、これも微妙なグラデーションが美しいです。

DSC06951.JPG
最近よく園芸店やホームセンターでみかける、ヒマラヤエンゴサク。
チベットで見たエンゴサクのような美しいブールーに咲いてくれました。
うちには在来種のエンゴサクもあるけど、これもブルーに咲いてくれるので、土の質が影響しているのかもしれません。ピンクや赤紫のアジサイを買ってきても翌年は真っ青になってしまいます。
DSC06943.JPG
もう少しでホリドゥラも咲きそうです。
今年はチベットではなくて自宅で青いけし鑑賞です。

2008年6月 1日

チベット・ヒマラヤガーデン計画 2008 No.06

IMG_7055.JPG
今年は現地で見ることができないので、一層ガーデニングに力が入ります。
IMG_7032.JPG IMG_7035.JPG
M.ベトニキフォリア
先々月購入した株。

IMG_7038.JPG IMG_7037.JPG DSC03153.JPG
M.グランディス
こちらも先々月購入した株。

IMG_7050.JPG IMG_7051.JPG IMG_7052.JPG
M.ホリドゥラ
種子から3年目。ようやく1株が蕾をあげ始めました。

IMG_7058.JPG
チベットコアヤメ。
2004年に真っ青な小さなアヤメを現地で見たけど、それとは葉の形状が違うので違う種類と思うけど、とりあえずチベット名を冠している花は集めることにして昨年購入。

2008年5月22日

チベット・ヒマラヤガーデン計画 2008 No.05

IMG_6529.JPG
昨年購入したM.プセウドインテグリフォリアの2番花が咲きました。
1番花は開花したとたんに花弁が落ちてしまったので、2番花の開花を待っていたのですが、ちょうど花壇のユキワリコザクラも満開になりました。
ユキワリコザクラは昨年はピンクしかなかったのに、今年は2株が白花になりました。
チベットなら同じサクラソウの仲間のP.チベティカが一面に咲くのだろうけど、ないのでできるだけ近い感じのユキワリコザクラを植えてみました。
この花壇には、M.ホリドゥラも数株ありますが、今日はそのうち1株で蕾を発見。
【 Cat&FlowerGarden 】のブーママさんから頂いた種から育てた株です。
IMG_6518.JPG IMG_6530.JPG
他にも数日中に開花しそうな花があるので、開花したら紹介しますね。

2008年4月29日

チベット・ヒマラヤガーデン計画 2008 No.04

2008年4月29日 撮影

IMG_6245.JPG IMG_6241.JPG
左がM.ホリドゥラ
右がM.プセウドインテグリフォリア
IMG_6239.JPG
M.グランディス

一昨年、昨年と買い集めたチベット・ヒマラヤ原産の植物達も目覚め始めました。
今年は開花を期待しています。

2008年3月18日

チベット・ヒマラヤガーデン計画 2008 No.03

DSC02606.JPG DSC02610.JPG

左【 Meconopsis napaulensis 】 右【 Meconopsis integrifolia 】
ネパレンシスはたくさん出てきました。
インテグリフォリアはたったの3つ・・・。
もう1種類の期待のプニケアは・・・ゼロ!!

やっぱり、アメリカからの種子はダメだったか?
園芸大国のイギリス産種子のほうがやっぱりいいのか?
もうすこし、様子を見てみよう。

2008年3月12日

チベット・ヒマラヤガーデン計画 2008 No.02

昨日、残りの種【 Meconopsis rudis 】と【 Primula secundiflora 】を蒔きました。
期待はプリムラ セグンディフロラ。
釣鐘のように下向きだけど、白い粉を吹いた濃いピンクの花が特徴的な美しい花です。

2008年2月26日

チベット・ヒマラヤガーデン計画 2008 No.01

今日は、昨年末に通販で購入した 【 Meconopsis punicea 】と【 Cat&FlowerGarden 】のブーママさんの通販に便乗して購入した【 Meconopsis integrifolia 】、お裾分けの【 Meconopsis napaulensis 】の3種類の種を蒔きました。

いつもどおり下に穴をあけたプラ容器にバーミキュライトを敷き詰め、たっぷりの水で湿らせた後、一粒一粒間隔を開けて蒔きました。
MECONOPSIS
海外からの通販で購入した種なので、発芽してくれるか不安ですが、楽しみです。

2008年1月 1日

あけましておめでとうございます

2008年もヨロシクお願いいたします。

昨年、といっても数時間前なんですが海外通販のebayで【 メコノプシス プニケア 】を注文しました。
無事届いてくれるといいけどなー。

2007年11月10日

メコノプシス ガーデニング編 11月 no.3


花が開いてきました。
ここ数日は穏やかな天気なので、残りの蕾の開花も秒読みです。

先ほどテレビでヒマラヤの花の谷【 探検ロマン世界遺産「女神に抱かれた天空の花園~インド~ 】でボンボリトウヒレンと青いけしが放送されてました。
ヒマラヤも行ってみたいなぁと思う半面、やはり青海チベットの美しさも再認識、来年も青海かなと思いました。

2007年11月 7日

メコノプシス ガーデニング編 11月 no.2


昨日から天気が良く乾燥してきたので、花が上向きになってきました。
天気が続けば残りの蕾も開花できそうです。

2007年11月 5日

メコノプシス ガーデニング編 11月

今朝は大変冷え込みました。
メコノプシス類は現在グランディス、ホリドゥラ、プセウドインテグリフォリア、インテグリフォリアとオマケの一種。今朝は完全に氷結しました。

葉っぱもカサカサ、パリンと壊れそうなくらいに凍りました。
狂い咲き中のプセウドインテグリフォリアも花を地面に垂れ下げたまま凍っていました。
午後に【 ヒマラヤの青いけしBlue poppyの旅 】のaoikesiさんが来る予定だったので心配しましたが、昼前には回復してました。
 

凍っても回復できる仕組みがあるのでしょう。花弁も茶色くならずに回復できたのには驚きました。
この分なら雪中開花もできるかも?花が埋まらない程度の初雪に期待しましょう。

2007年11月 2日

メコノプシス インテグリフォリア ガーデニング編 Ⅲ

チベット・ヒマラヤガーデン No.2

メコノプシス・インテグリフォリア 改め プセウドインテグリフォリア

 

9月購入の青いけしの仲間メコノプシスのインテグリフォリアですが、狂い咲きしてしまいました。
しかも、花の特徴などからプセウドインテグリフォリアの可能性が高いです。
現地で見たインテグリフォリアとは雰囲気が違うんですよ。
それで【 ヒマラヤの青いケシ : 著 大場秀章 】を参考に、判断しました。
↑の書によると
花は下向きまたは半下向きで、インテグリフォリアの様に3本の目立つ葉脈がないのも特徴とありました。
インテグリフォリアは種からも育てているので、この株が多年草化してくれれば、数年後には比較ができるかもしれません。

2007年10月 2日

メコノプシス インテグリフォリア ガーデニング編 Ⅱ

チベット・ヒマラヤガーデン No.2

メコノプシス・インテグリフォリア

先月購入したM.インテグリフォリアが蕾をあげはじめました。
本来の花期は6月から7月なので狂い咲き?
一回稔性とも多年草ともいわれているけど、来年も咲いてくれるのかな・・・。

2007年9月24日

アネモネ オブトゥシロバ ガーデニング編

チベット・ヒマラヤガーデン No.5
Anemone obtusiloba

2007年9月購入
北海道旅行の際に購入。
青海チベットにはありませんが、チベット域にもたくさんのイチリンソウの仲間があります。
丈が低く、四季咲きということなので、ロックガーデンの前景用に購入しました。
花弁の出始めは白っぽいですが、藤色の綺麗な花をつけます。

レウム アレクサンドラエ ガーデニング編

チベット・ヒマラヤガーデン No.4
Rheum alexandrae


 

2007年9月購入。
北海道旅行の際に購入した苗。
僕の行く青海チベットではまだ見たことはありませんが、チベット東部に分布するということと、比較的高さの出る植物なので、ロックガーデンのアクセントになるのではと購入を決めました。暑さには弱いようです。

本当はレウム・ノビレ【 Rheum nobile 】が欲しいところですが、相当暑さに弱いらしく、入手は困難かもしれません。種子頒布、販売などの情報がありましたら、ぜひコメントをお寄せください。

2007年9月23日

メコノプシス ホリドゥラ ガーデニング編

チベット・ヒマラヤガーデン No.3

 

2006年の春から種子を頂いて育てています。
青いけしの中で栽培がもっとも困難な種とされています。
なかなか大きくならないし、暑さに弱く、現地チベットのように棘が発達しません。
来年は咲けるでしょうか・・・?

2007年9月21日

メコノプシス インテグリフォリア ガーデニング編

チベット・ヒマラヤガーデン No.2

メコノプシス・インテグリフォリア

  

2007年9月から庭に植えたメコノプシス・インテグリフォリア3株。
花自体も大きいですが、チベットでは大きな群落を作る代表的な花。
大きく良好な株を購入することができました。
来年が楽しみな株です。

メコノプシス・グランディス ガーデニング編

チベット・ヒマラヤガーデン No.1

メコノプシス・グランディス

 

左 2006年自宅ロックガーデンに咲いた青ケシのメコノプシス グランディス。
右 2007年新しくロックガーデンに植えたグランディス。

昨年の株が1つ残ってくれましたが、咲くことはできませんでした。
新たに1株購入して植えましたが、これも咲くことはできませんでした。右の画像の株。
どちらも、脇芽を出して大きく成長しているので、来年は咲くことができるでしょう。
他の青いけしが1回結実性が多い中、グランディスは多年草なので花壇へ植えるのには向いている種だと思います。葉も美しく、丈が高く存在感のある植物です。