雑ごとの最近のブログ記事

古の学者は己の為にし、今の学者は人の為にす
論語 憲問
古之学者為己、今之学者為人

発見よりも発明。
自然科学者であれば自分の修養、満足のために発見をする目的で様々な研究を行っている学者もいる?が、化学や昨今の医科学の分野では特に発見では飽き足らず、発明に固執する傾向が強いように思える。
おそらく、発見であれば特許を取ることはできないが、発明であれば特許を取得し、研究機関や企業、国家に多大な利益をもたらすことが、意識的、無意識にも研究を取り巻く環境に影響を与えていると思う。
学者もそれがわかっていて、十分な発見の成果であるにも関わらず、発明として確立させるために、発現の経緯とその過程を理論化すること、且つそれが最初でなければいけない、二番目ではダメであることの重圧と焦りから、未熟な論文内容で発表しているようにも感じられる。
今回の騒動も、対象のモノが本当に存在して、作り出してはいたことが確かならば、十分な発見であると思う。生物を扱う自然学者であれば、これを発明ではなくて発見として発表するべきだったと思う。過程や理論はそれから組み立てても、学者としての自己の修養を考えるならそれで十分だったはず。
でも、そうさせない研究を取り巻く環境や、自然科学とは違う医科学や化学の学者の考え方なのかもしれない。
でも、最近は自然科学も「××の為」という目的意識が強すぎると思う。そのためにデータを自分のその「××の為」に合うように収集し繋ぎ合わせているに過ぎない。
鯨の問題、自然保護や、動物保護で特にその傾向が強いと思う。
鯨を捕り続けたいが為の研究、鯨を保護したいが為の研究。まったく逆の理論ができるのは当然。
鯨を知りたいから研究するという学者なら信用できるが、日本の政府、そして保護側の組織の研究結果はどちらも全く信用できない。
ダムの問題、熊の問題も同じ。
いやよく考えてみたら自然科学だけじゃない、医学、原子力、そして最近の外交問題までなっている歴史、様々な学問で学者の「××の為」という独り善がりと、それを都合の良いように取捨する、マスコミと大衆と政治家。
自分自身が人としてより良い存在になろうという、またその為の修養を楽しめる学者というのはいなくなってしまったのか?
それとも、本当にそういう学者は古代中国の仙人のように隠者となってしまったのか?
学者が、その学者本人が、本当によりよくありたい自分を修養する為の学問とその成果というのは、自然に正しく、現実であり、何を意識するでもなく自然と人の為にもなるものになると思うのだけど・・・。

徳不孤、必有隣

|
徳のあるものは孤立することはない。
必ず隣に友人がいる。
 
右傾化というが、ほとんどの国で、自国が右傾化していても、気が付くものはいない。
とくに、極東アジアの米作民族ではそうだと思う。
WWIIのときのドイツのように独りの独裁者によって引き起こされた右傾化は極めてわかりやすいが、それでも全員で傾いている最中はその異常さに気が付かない。日本も含めて米作民族は終わった後も当事者本人にはそれがわからない。全体に一緒に傾けば、それは自分から見て水平にしか見えないからだ。
しかも、日本は実は右という概念より、内という概念の方が強いのが特徴の右傾化だと思う。
つまり右傾化というより内傾化といったほうが正しい。
...
隣国に友人を作らず、ただ、悪いニュースだけで隣国の国民より自国民が優れているなどと思い込み。互いに中傷合戦を行っている。更には、今は互いに軍や同等の組織まで動かしけん制し合う。極めて危険で異常な事態であることに気が付かない。
米作民族は小魚の群れと同じだ。すぐ真横にいる者の動きを気にして、内に内に潜り込む。
日本も韓国も北も中国も群れの大小はあっても同じだ。
だから右に行っても左に行っても、全体に動いているから気が付かないだけ。真横に従い、自分のスタンスがまるでわかっていない。
皆に問いたい。
あなた方は友人と会って、友人の家の悪口を言い、自分の家の立派さだけを誉めちらし、友人が劣っていると言い、自分が優れていると言うだろうか?
逆に、それを言わないからといって、自分が劣っているなどと考えるだろうか?
友人とは対等なはず。優れた友人を持っているなら、自ずと誰が言うでもなく、自分で言わなくても優れているものなのだ。
優れた友人を持たない者が、自分を確立しようと、自分や自国のことを優れていると自己顕示しているのだ。
物作りも同じ。優れた素晴らしい商品を作れば、素晴らしいお客様、素晴らしい商機に恵まれる機会が増える。自分で誇張しなくても、素晴らしいお客様がいることで、また同じく素晴らしいお客様が増えていくものなのです。
お互いに優れた友人同士であること、そのような友人が多いことが、何よりも重要なことだが・・・。
例えば、隣家に自分の家の柿の枝が伸びて実っても、真の友人同士ならその実を巡って、争うだろうか?もし、隣家に友人が居り、その友人は周りの多くの家に優れた友人が大勢いる。その家の柿の木が大きくなり、自分の家の敷地にかかってきたとしても、それを巡って争うだろうか?そのことで争うことにメリットがあるだろうか?また、逆に友人の家に近い柿の木にあえて、警報機を取り付けたり、近づいただけで過剰に警告するのだろうか?たとえ、自分の土地であろうとも、友人の家の軒先にかかるのなら、敵としてではなく、なおのこと友人として、接している場所のあることを慶事と思うべきところ。
一度、悪口を言い合った仲、しかも、小魚の群れ同士では互いを知ることもできないだろう。
それぞれの群れの敵はもっと別のものなんだけど、内向きではきっと最後まで気が付かないだろうし、お互いに敵同士と思うようなことになるかも。
WWIIなぜ引き起こされた???
真の原因は???
右でも左でもない。その原因はグローバル化を利用して恐ろしいほど膨らんでいる。
それが、僕がWWIIIを懸念する最大の材料なのです。
 
もし、私たちの国に隣国に友人がいないとすれば、残念ながら私たちに徳がないのです。
そう思い、徳を積むことが大事なのです。
特に各々が積む小徳は大事なのですが・・・。

基本的な疑問。
物を買えば消費税がかかります。
ホテルや旅館に泊まっても消費税がかかります。
様々なサービスにも消費税がかかります。
モノを作るにも様々な規制や検査などで膨大な時間と費用がかかります。
旅館やホテルだって消防施設の点検や様々な行政に定められた税に近い強制的な出費があります。
なのに為替、つまり日本円で外国通貨を買って消費税がかからないのはなぜ?
おなじく外国通貨で日本円を買って消費税がかからないのは?
株を取引しても、いちいち5%の消費税がかかるの?
そして今度は10%ちゃんととるの?
ファンドは?
債権は?
ガソリンは税金がたくさんかかってるけど、原油の先物取引でちゃんと同じ税率で税金とってるの?
株取引の規制は、実物経済に掛けれれているのと同じくらい厳しい規制とその検査のための出費が定められてるの?

世界は実物の、人が汗して働いて作り上げたモノやサービスではなくて、金で金を買うことで儲けようとする人で溢れていく。

金で金を買う行為の税負担を軽く、実物経済の税負担を重くすればどうなるか?
ますます、人は働かなくなるだろうね。
本当に美しいものも、本当に機能的なものも、本当に斬新なものも、本当に安全なものは、もう人類は作り出せなくなると思う。
原発のように投資家を喜ばせるもの、そんなものしかきっと作れなくなると思う。
そう、使う人ではなくて、投資家を。
食べる人ではなくて、投資家を。
サービスを受ける人ではなくて投資家を。
そして、使う人、食べる人、サービスを受ける人も、投資家が喜ぶものを買うようになるのです。

本当に原発がよい例でしょう。

誰が喜ぶか?それを考えれば分かることです。

資本主義は人間が幸福な社会を築くためのとても大切なシステムだと思う。
それは、実物の経済を育てる水であり、肥料であり、効率よく循環させる潤滑油のはずだった。
でも、世界は違う方向へ向かっている。
歪に膨らんだ資本を維持するために、実物経済から強制的に税という形で搾取する。

それが間接税つまり日本では消費税という名の売上税である。

別に株取引や為替の取引、資本の流れに同様の税金をかけろとは言わない。しかし、お金の流れが血であるならば、実物はそれ以上の価値のあるもの。いくら資金の流れを良くしたところで、実物の流れに障害を発生させれば、まったく意味を持たない。いくら血が大切でも、実物、つまり身体をないがしろにはできないし、それ以上となることはできないのだ。

だからこそ、間接税は絶対にしてはならない税金だし、これは後述の自由貿易を行う上でも、自由貿易上の全ての国は直接税(所得税)に切り替えるべきなのだ。


僕はこの歪んでしまった資本主義、いや資本主義に寄生するバーチャルな資金循環、はっきりいってこのバブルを完全に排除しない限り、自由貿易には反対だ。

安い労働力、未開発の資源を乱開発する、そういったところに、そのバーチャルな資金がなだれ込み、既存の実物経済を害するからだ。

そして、本当に美しいものも、本当に機能的なものも、本当に斬新なものも、本当に安全なものは、もう人類は作り出せなくなるからだ。

私がTPPに反対する一つの理由でです。

でも、それらバーチャルな資金の流れが経済の中で僅かな部分となり、完全にコントロールすることができたなら、その時は完全な自由貿易こそが、世界と世界の隅々の小さな地域までもが、グローバル化のなかで持続的な繁栄を得られる最高のシステムになると思う。その時が資本主義の完成だと思う。今の資本主義は赤子同然。なのに、自由自由と這い回り危険な状態だと思うのです。

世界は血液でもある資本に重大な欠陥がある。高脂血症、高血圧、糖尿病に似ている。

身体を侵し始めている。

このままでは、本当に良い物も口にすることができなくなる。

でも糖尿病患者の多くがそうであるように、本当に病気が発症しないと生活を改めないし、それでも、改めるのが難しい人が多いのが実情だ。

世界も、気が付いている人はいても、きっとそうなのだろう。

 

 明道若昧、進道若退、夷道若縺

 

明らかな道は暗く見え、進むべき道は退くように見える。

まっすぐな道は曲がりくねって見える。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち雑ごとカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは自然です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。