ものづくりの最近のブログ記事

古の学者は己の為にし、今の学者は人の為にす
論語 憲問
古之学者為己、今之学者為人

発見よりも発明。
自然科学者であれば自分の修養、満足のために発見をする目的で様々な研究を行っている学者もいる?が、化学や昨今の医科学の分野では特に発見では飽き足らず、発明に固執する傾向が強いように思える。
おそらく、発見であれば特許を取ることはできないが、発明であれば特許を取得し、研究機関や企業、国家に多大な利益をもたらすことが、意識的、無意識にも研究を取り巻く環境に影響を与えていると思う。
学者もそれがわかっていて、十分な発見の成果であるにも関わらず、発明として確立させるために、発現の経緯とその過程を理論化すること、且つそれが最初でなければいけない、二番目ではダメであることの重圧と焦りから、未熟な論文内容で発表しているようにも感じられる。
今回の騒動も、対象のモノが本当に存在して、作り出してはいたことが確かならば、十分な発見であると思う。生物を扱う自然学者であれば、これを発明ではなくて発見として発表するべきだったと思う。過程や理論はそれから組み立てても、学者としての自己の修養を考えるならそれで十分だったはず。
でも、そうさせない研究を取り巻く環境や、自然科学とは違う医科学や化学の学者の考え方なのかもしれない。
でも、最近は自然科学も「××の為」という目的意識が強すぎると思う。そのためにデータを自分のその「××の為」に合うように収集し繋ぎ合わせているに過ぎない。
鯨の問題、自然保護や、動物保護で特にその傾向が強いと思う。
鯨を捕り続けたいが為の研究、鯨を保護したいが為の研究。まったく逆の理論ができるのは当然。
鯨を知りたいから研究するという学者なら信用できるが、日本の政府、そして保護側の組織の研究結果はどちらも全く信用できない。
ダムの問題、熊の問題も同じ。
いやよく考えてみたら自然科学だけじゃない、医学、原子力、そして最近の外交問題までなっている歴史、様々な学問で学者の「××の為」という独り善がりと、それを都合の良いように取捨する、マスコミと大衆と政治家。
自分自身が人としてより良い存在になろうという、またその為の修養を楽しめる学者というのはいなくなってしまったのか?
それとも、本当にそういう学者は古代中国の仙人のように隠者となってしまったのか?
学者が、その学者本人が、本当によりよくありたい自分を修養する為の学問とその成果というのは、自然に正しく、現実であり、何を意識するでもなく自然と人の為にもなるものになると思うのだけど・・・。

聖人生而大盗起

『 荘子 』

 

聖人が出現したために大泥棒が現れる。

儒家が聖人の道徳規範を政道に反映させたため、逆にそれを悪用したりする人が蔓延ること。

今回、この言葉がピッタリなのが 著作権に関連するコピーワンス制度。

実はパナソニック製HDDレコーダが故障してメーカーに修理に出しました。

購入半年で2回目の故障なので、ちょっとムカッとしてますが、それでも人間の作るものですから、偶然というのもありますし、ものづくりに携わっていると、絶対とかいうことはありえないということがわかってるので、この際、何処のメーカーとかは関係ないのですが・・・。

 

頭にくるのはデータの復元に関して。

 

デジタル放送が録画できるHDDレコーダは現在コピーワンスでバックアップを録ることができません。DVDへデータを移動することはできますが、移動した先のDVDで不都合が起きると録画したものが完全に見ることができなくなります。

仕事関係で取材なのどの放映をHDDで録画していたのですが、それらが今回の故障で失われてしまいました。幸い一部の番組は局や製作会社から録画DVDを頂いているのですが、僅かしか映っていない番組や、祖母の映っていた番組など僅かの取材だったためかもらっていなかったそれらが失われてしまいました。

コピーワンスでコピーはおろかバックアップすら録ることができないので、そのままHDDに入れていたので完全に失われてしまいました。

さて、デジタルの強みは映像が劣化しない、したがってコピーされると劣化しない完全な複製品が出回ることから極めて強権的なコピーワンスで保護されています。

ただ劣化しないと謳っていますが、実際は真面目にバックアップもとらないでいると、HDDは信頼性が低く、DVDも紫外線などに弱く経年劣化、傷なので、アナログと違ってある日突然失われるというこがあるので、劣化はしないけど完全に失われるというのが正しいのです。

ちなみにHDDレコーダもデータ自体が破損していることは少なく、専門会社に依頼すると高額ではあるけど、ホームビデオで撮影、録画したデータ復元は可能です。ただ、コピーワンスで保護された番組データは、データを取り出すことができてもCPRMで制御されて鍵がかかっている状態で再生することができないのです。

しかし、著作権権利団体のいう"劣化しないデータ"の著作権保護のため導入されたのであれば、真面目にバックアップすらとらず1データしか保持していない状態でデータが破損した場合、きちんとデータの復元を補償するべき。でなければ、違法コピーしている人たちはデータを保持できるけど、真面目な人たちは泣き寝入りするしかありません。通常、コンピューターソフトもダウンロードで購入した場合、インストールソフトが破損した場合など、再ダウンロードが可能で、コンピューターソフト会社の対応は十分満足できるものです。

そしてPCの場合、OS含め通常PCのソフトはバックアップが可能で、こまめにバックアップをとることで不測の事態に対応できます。

HDDレコーダもそういった仕組みをとるべきで、その対応は技術的には簡単なことなのです。

きちんとバックアップの仕組みがとれているのなら、コピーワンスもまったく問題ない制度だと思うのですが・・・。

今回はPCも故障でHDD交換があったのですが、こちらはなんの不満もなく「お願いします」とだけメーカーに伝えたのですが、HDDレコーダに関しては絶対に納得いきません。

まさしく『 聖人生まれて大盗起こる 』 

今回のことで著作権権利団体が偽善的で、違法コピーを助長しているかがわかりました。

コピーワンスは大泥棒をつくり、真面目な市民を苦しめる悪制度であることがわかりました。

とりあえず、デジタル放送をアナログ化してでもバックアップしておくべきということがわかって大変勉強になる一件でした。

著作権に関しては他にも2,3頭にくることがあったので、また書くかもしれません。

 

家鶏野鶩

|

厭家鶏、愛野雉

   『 晋中興書 』

家で飼っている鶏よりも外のアヒルやキジのほうを好むこと。

自分の国のものを嫌い、他国のもののほうが良いと思うこと。

 

地方の人々の舶来主義は中央よりも強く、また地方の役人の中央至上主義も同様に強い。

国の地方機関や県ではほとんど問題にするレベルではなくなったけど、市町村の中央至上主義は根強いものがある。とくに合併市町村のほうがその傾向が強い。今後の自治運営の自信がなくて合併したのだから、そうなるのは当然といえば当然で、住民自体の思考が『家鶏野雉』に向いているのだからしょうがないのだが・・・。

中央至上主義については、またそのうち書こうと思うけど、今回は舶来主義と工芸に関して。

 

舶来主義といっても僕はさほど悪いこととは思わないが、好みや機能よりも名前(ブランド)で選ぶ人があまりにも多い。

僕自身も海外の品物で気に入ったものなどは、さすがにshopで買うのは高いので、ebayで物色するけど、ブランド名で商品を検索することはほとんど無い。ハッキリ言ってブランドはあまりよくわからない。仕事柄多少は知っていないとまずいとは思うけど、大きなブランドでデザイナーを外部から雇ってる処は特に興味ない。

探す時は最初は商品の特徴や分類を現す単語を調べて検索する。

わかりやすい例で言うと『 norfolk 』とか『 trachten 』とか、それで多ければ更に細かく素材や特徴の単語『 full belt 』とか『 hunting 』、そうして検索してざっと画像を見て、気に入ったのを見つけると、そのブランドで検索をかける。それでも、欲しいものに出会わなければ、ブランドの商品説明を翻訳サイトで翻訳し、商品特徴の中で気に入っている部分の説明の単語を再び検索。

そうして探し出すと、自分の本当に好みのものを見つけることができる。

ちなみに、外国語の翻訳をする場合に、インターネットの翻訳も便利だけど、↑のように特徴や分類を調べるのは、意外に紙の辞書のほうが使いやすい。紙の辞書とネットの画像検索で、頭の中の漠然とした欲しいもののカタチが出来上がっていく。

 

でも、この作業はとっても大事で面白い。雑誌やTVで人気のブランドを知って、そのままネットで検索するよりも、とても勉強になる。某ファッションショー番組や首都圏のブランド店やデパートのウィンドウを見るよりも、自分の本当に欲しいものを見つけられる。自分が何を欲しかったのかよくわかる。

 

そして、このようにして欲しいものを見つける作業を、できるだけ多くの地方の人、しかもできればものづくりに携わる人が実践して欲しいと思うのです。

 

なぜなら、そうして欲しいもののカタチが出来上がると、ふと思うのです。

『これって、岩手の気候、風土にも合うんじゃないかな』

『岩手でも同じもの、いやそれ以上のものができるんじゃないかな』

『岩手でも根付かせるためには、ここをこうしたほうがいいんじゃないかな』

岩手にいて、岩手で育った自分が、本当に欲しいものを頭の中で組上げていったのですから、当然そうなります。もし、同郷で連絡を取り合わない人たちが上の作業で、かなり似通ったものを欲しいと思ったのなら、それは岩手の文化となりえるものなのではないでしょうか。

 

たぶん、ただ流行りだからといってブランドから商品を選んでしまっては、その商品の持つ機能や意味を理解できないで使うことになる。そういった人たちが多ければ、いくら『地産地消』といいはっても、それも一時の流行で過ぎ去るのみ。

 

ちなみに、上の検索単語でもわかったと思うけど、僕がいま欲しいと思っているのは、イギリスのノーフォークジャケットなのですが、どうも素材の質感と一部のデザインが気に入らない。

岩手にはイギリスで発展したホームスパンがあります。それは岩手の気候風土にあったからで、そこから派生する服飾も岩手根付いて然るべきなのです。

ホームスパンがある岩手の人ですが、ホームスパンを意識しないで、自分の欲しい機能やデザインを突き詰めて考えていったら、ホームスパン素材が相応しいデザインへ集束していったのも面白いと思います。

やはり、極めて岩手的なものだと改めて思うのですが、ぜひ、多くの人に欲しいものをとことん突き詰めるということをやってもらいたいものです。

たぶん、今までお土産とか地場産品としか見ていなかったものが、とたんに誇れるもの、そして身に着けたくなるものになるのではないかと思います。なぜなら、この地で作られたものは、この地の人が考えて生まれてきたのですから、絶対に共感するところがあると思うのです。

 

先日、ものづくりのセミナーがあり、そのときに講師が海外ブランドの看板には必ず地名が書いてあると指摘されて、地域に根ざしているということを話しておりました。

全くそのとおりなのですが、その地域の色であり、その地域の形が、凝結して生まれたのが多くの本来の地域ブランドであると思うのです。僕が大きなブランドほど興味がないといったのは、大きなブランドほど、外部デザイナーを入れて、その地域の色や形の多くが失われてしまったからであり、どこにでもある、どこでもつくれるというものになってしまったからです。

 

とりあえず夏用にホームスパンじゃなく自家製&自分専用を考えてます。

他社製は財布と相談して余裕ができたら、ぜひやりたいね。

 

それと、合う靴(ブーツ)が欲しいけど、岩手には靴職人はいるのだろうか?

いつも、大砂河原の通りの馬具屋さんが気になるが、いつか寄ってみようと思う。

 

岩手に生まれて、岩手に育ち

あなたに感動を与えてくれた色はありませんか?

三陸の海の色。

春の新緑。

秋の紅葉。

あなたの傍に常にあって欲しいとは思いませんか?

あなたが身に着けたい岩手の色はないのですか?

あなたが異郷人に岩手の景色を尋ねられたときに、

その感動の色を伝えられるものを持っていますか?

三陸の海は、このブラウスのように。

岩手の紅葉は、このスカーフのように。

春の新緑は、このショールのように。

 

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちものづくりカテゴリに属しているものが含まれています。

次のカテゴリはサイト説明です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。