世界遺産 Ⅲ

|

個人的に

世界遺産でもいいんじゃないか?とか

世界遺産も狙えたのに・・・もったいない。とか

あれが世界遺産ならこれだって!!

リスト

★世界遺産でもいいんじゃない?

 

★ インド アーメダバード 階段井戸

  ただの階段井戸じゃないんですよ!!中には大変な装飾が施された規模の大きな地下施設みたいな井戸もあるんです。世界遺産として検討すべき歴史的建造物。

 

★ インド アーメダバード ガンジーアシュラムと繊維手工業の文化遺産

  ガンジーが非暴力、不服従とインド手工業の復活でインドの独立運動を行った地。

  彼は当時宗主国のイギリスの服を着るのをやめ、自分の服をインドの綿で糸車を使って手作りした。在来の繊維工業を潰され、イギリスの繊維工業の従属的な立場になったインドで、独自の繊維生産や精神を復興させる運動の中心地。インドの国旗の糸車はガンジーのこの運動によるもので、実際にガンジーが暮らした質素な家に展示されていました。

  今では地産地消が盛んにいわれているけど、地域の産業を守ることがどれだけ大事か今の日本人やグローバリズムに傾倒している人たちが絶対訪れて勉強するべき地です。

 

★ スイス マッターホルンとその周辺の山岳リゾート

  マッターホルンがきれい。なのは当然ですが、巨大山岳リゾートとしての文化的価値があると思うのです。スイスは同様の世界遺産でユングフラウがあるわけですが、ツェルマットは国境に接し、国境をまたぐなかでの山一つ越えた文化的違いが極めて稀有と感じました。料理の味付けが違ったし、醸しだす雰囲気がスイスとイタリアは違ったんです。

 

★ 日本 岩手県 松川地熱発電所 日本初の地熱発電施設 近代産業遺産

   日本の地熱エネルギー活用の発祥地であり、巨大な冷却塔施設も現在では世界各地で失われ、創業時からの冷却塔が発電所の歴史も物語る。現在でも営業を続けながら、多くの施設が創業時から残る稀有な地熱発電所。

 

★ 日本 山形県 出羽三山の山岳信仰文化遺産

   山岳信仰の中心地の一つ。月山、湯殿山、羽黒山の山々で修行する山伏、国宝羽黒山五重塔なども有名だが麓の寺に安置される木喰即身仏に圧倒される。自然や人智を超えた驚異に信仰の強さで立ち向かおうとした昔の人々の思いの結晶として後世に伝えるべき遺産。

 

★ 日本 大阪府 大仙陵古墳 (仁徳天皇陵)

   周辺の古墳群と共になぜ世界遺産にならないのか不思議なくらい。一応検討はされているみたいだけど。世界遺産になってもならなくても絶対に後世に残すべき遺産。

 

△ 世界遺産も狙えたのに・・・

△ 日本 岩手県盛岡市 多様な橋と河川共存の歴史文化遺産。

   3本の河川が集まる盛岡市は、上の橋など古い橋から近代の様々な形状、設計の橋が立ち並ぶ稀有な景観が昭和50年代まであったが、現在はドブ板のような特徴の無い橋に取って代わられてしまった。盛岡城(不来方城)の河川に囲まれた城郭遺産も魅力的。盛岡城は復元するべき稀有な天守閣です。 

 

△ 北海道 函館市 函館山山麓の多国文化の歴史地区

  明治の開国以来、函館山の山麓には欧米各国領事館が置かれ、正教、カトリックなど多様な国の文化と日本の江戸末期からの文化、日本の近代化の中の文化的変遷が見られる建造物など極めて狭い地域に密集して見られる地域。和洋折衷の民家なども見られるが・・・。長崎や横浜との違いは、とにかく狭い地域に寺、神社、カトリック教会、正教会、各国領事館、公会堂と旧南部屋敷(箱舘)の石垣、和風商家、和洋折衷の民家、昭和初期のデパート、銀行など建造物が密集混在していたこと。

  中華会館が閉館したり、マンションが建ったり、昭和初期の建物が老朽化したり、今手を打たなきゃ価値はどんどん下がる遺産。もう無理ですね。

 

△日本 岩手県 南部曲り屋

  これも、機能する集落としては失われてしまったので、残念ながら世界遺産を狙うことはできません。岩手県全域に曲り屋形式は見られたのですが、最近は観光施設以外では見る機会も減りました。残っていても茅葺ではなくてトタン張りで馬はいなくなっているとところがほとんどです。残っていたら白川郷と並び称されていたでしょう。

 

△日本 岩手県 釜石橋上市場

  失われた近代遺産の一つ。

  法や規制が地域の特色ある文化、なにより生活様式を破壊し地域経済を疲弊させる一方で、近年の大型店舗になすすべも無く、商店街に無駄に補助金を注ぎ込み続けるなかでの悲劇的遺産の消失。

 

△北海道 明治から昭和初期の開拓遺産

  日本が世界に通用する近代国家に変化していく過程の輝きと影が、開拓の土木建築という形で残っている北海道は世界に通用する遺産として価値があると考えてますが、残ってはいるけど、ただの観光地でただの観光資源でしかないことを考えると、先人達の苦労はなんだったのか?と少し暗い気持ちになります。

  稚内の北港防波堤などは極めて価値の高い遺産。

  稚内はこの遺産がきちんと活かされるような港湾振興を考えるべきだし、道内の全ての開拓時代の遺産同士の繋がりを意識した活用がされればもの凄い産業振興になるのだろうけど・・・。

 

まだまだいろいろあるけど、とりあえずです。

自然遺産の世界遺産登録はあんまり好きではないので、書きませんでした。

東北地方の縄文遺跡も素晴しい遺産ではありますが、たぶん、今発見されている遺跡より類稀なものが地中に埋まっているはずなので、これも今登録を目指すべきではないだろうなと思います。  

このブログ記事について

このページは、malmaが2008年12月26日 22:50に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「茂林之下」です。

次のブログ記事は「未知生、焉知死」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。