写真素材 PIXTA

メイン トラウトアートギャラリー

2009年2月17日

絵本の紹介 やまめとさくらます

やまめさくらます

改めて紹介します。
IMG_0642.JPG

相互リンク先の【 MAX asari 】のasarinさんがヤマメとサクラマスの一生や環境を描いた絵本です。

実はasarinさんから絵本が送られてきて、すぐに隅々まで見たのですが、一箇所だけ見落としがありました。asarinさんとの電話の中で、「帯を5cm上にずらして見て」といわれてはじめて気がつきました。
それは絵本の帯の下。
さかなくんの推薦文も一字一句読んでたのですが・・・
この帯の下からもう物語りは始まってるんですね~。

中身の詳細はここでは控えておきましょう。
前評判通り、子供化から大人まで楽しめる絵本です。
子供も、多彩な柔らかい色彩に溢れているので、小さな子供から、好奇心旺盛な高学年まで、十分楽しめる本なので、2冊以上購入しても良いのではと思います。
それか、お菓子食べた後は必ず手を洗って拭いてから読ませるとか(笑)

Science Fantasy 絵本「やまめとさくらます」
絵 あさり まゆみ
文 おくやま ふみや
出版 【 ポトス出版 】

ご購入は
 【 Science Fantasy 絵本「やまめとさくらます」 】

asarinさんは、有名なイラストレーター。Science Fantasy の通り、とってもかわいい、そして生き生きとしたヤマメやサクラマス姿の躍る絵本に仕上がっていることでしょう。
文はうちのサイトの参考文献としても紹介している【 サケ・マス魚類のわかる本 】 などを書かれている東京海洋大学社会連携推進共同研究センター客員教授の奥山文弥先生。【 東京海洋大学フィッシングカレッジ 】の講師をされています。
かわいい絵と科学的な文。子供達にヤマメの生態の神秘と日本の美しい鱒の存在を伝える素晴しい絵本です。

2007年2月20日

ITO.CRAFT

【 ITO.CRAFT 】

■ 岩手にあるロッド、ルアー、ネットと魚類剥製のメーカー。
■ 釣り紀行のページもあります。

2006年12月20日

村上康成美術館

【 村上康成美術館 】
■ かわいらしいトラウトのイラストで有名な村上康成氏の作品を展示している美術館。

ブログ内関連情報
 カテゴリー 書籍
 【 ヤマメのピンクといえば 】

2006年6月 9日

official 矢口高雄

【 official 矢口高雄 】

■ 『釣りキチ三平』作者:矢口高雄 オフィシャルホームページ。
■ 秋田県横手市出身

2006年5月 8日

大場魚拓アート・Fish ArtDesign

【 大場魚拓アート・Fish ArtDesign 】
■ 北海道の魚拓アートを紹介している大場さんのホームページ。

2006年3月20日

フィッシュアート Keigyo

【 フィッシュアート Keigyo 】
■ カラー魚拓制作のホームページ
■ 北海道函館。
■ 道南の釣り場を紹介する【 ブログ 】あり。

2006年2月26日

渓魚と山里の四季

【 渓魚と山里の四季 】
■ 渓流魚のペーパークラフトの紹介。
■ 渓流魚と四季の山里、渓の風景、すばらしい絵画の紹介。

2006年1月 7日

森のフィッシュ魚ッチング

森のフィッシュ魚ッチング

■ 知来要さんのブログ。生き生きとした美しいトラウトたちの写真はとても有名です。