Warning: include() [function.include]: URL file-access is disabled in the server configuration in /home/users/0/lolipop.jp-dp42121085/web/blog/60000/65000/65105/index.php on line 24

Warning: include(http://osyorokoma.net/blog/menu.php) [function.include]: failed to open stream: no suitable wrapper could be found in /home/users/0/lolipop.jp-dp42121085/web/blog/60000/65000/65105/index.php on line 24

Warning: include() [function.include]: Failed opening 'http://osyorokoma.net/blog/menu.php' for inclusion (include_path='.:/usr/local/php/5.2/lib/php') in /home/users/0/lolipop.jp-dp42121085/web/blog/60000/65000/65105/index.php on line 24
写真素材 PIXTA

メイン スロベニアギャラリー

2009年12月26日

Hucho hucho

サケ科イトウ属
Hucho hucho
(英)Danube salmon (英・独)huchen
DSC00751l.JPG

 ドナウ(ダニューブ)川に生息する。写真はドナウ川の支流のひとつSAVA川の上流のスロベニアで釣った。黒点は少なく、全般に青白い。とくに小型の個体は薄いオリーブ色で側部から腹部にかけては白い。下顎がやや前に出ており厚みがある。上顎も厚みがあり全体に唇が厚いように見える。頭部はやや扁平で他のイトウ属と同じだが、背びれの基部までゆるいカーブを描き、体高があるように思える。
 生息地の河川は大渕はあるものの、かなりの急流であり、北海道やモンゴルのイトウ属生息地を見ているものにとってはとても意外に思える。北海道の尻別川の中流域や斜里川の流れにも似ているが、さらに流れが強く急峻な地形である。体高はこの急流に適応した結果かもしれない。
DSC00749.JPG DSC00764.JPG
 今回は釣れたのは同行者の更井氏含め2尾だったが、ジンクリアーと呼ばれる、美しい澄んだ水の中、多くのHuchoを見ることができた。

 イトウ属はユーラシア大陸の東端の日本とロシア沿海州周辺に生息するHucho perryiと、主にロシアのシベリアに生息するHucho timen、そして西の端に生息するHucho hucho、飛び地のように生息域をもつHucho bleekeri Kimura(中国 長江上流)とHucho ishikawai (鴻緑江)の5種が知られているが、どの種も生息域の環境が悪化するなどして数を減らしていた。実際、長江上流の種は1980年代に捕獲された後、2006年冬に死骸が打ち上げられるまで生息の確認すらできなかった。
 日本のイトウは北海道に生息しているが、もともとの生息域の範囲から考えると、安泰といえる状況ではない。
 同様にドナウのhuchoも一時はかなり数を減らしたが、保護も進み、一部の河川では天然繁殖も継続して見られるようになっているらしい。近年、現地の釣り雑誌でもかなり特集記事が見られるようになってきた。現在ではフィッシングの対象魚としてスロベニアをはじめ、旧ユーゴスラビアのドナウ水系で保護と養殖による資源利用が進んできているようだ。実際、今回釣りをしたSAVA川のフィッシングエリアだけを見ると、絶滅を危惧されている魚とは思えない魚影の濃さであったが、天然魚の保護と、養殖放流による資源回復、漁期の制限で維持していると思われる。