写真素材 PIXTA

メイン レノックギャラリー

2014年9月25日

大興安嶺・黒龍江 釣行記 II

DSC02424.JPG DSC02429.JPG
9月20日
朝食時に宿の老板から朝市で買ったというレノックを見せられる。
朝市では様々な魚が売られていたが、トラウト類は見当たらない。
DSC02439.JPG DSC02447.JPG
北極村の西側(上流側)からポイントを探しながら遡行。
川幅は400mという。対岸はロシア領。
釣果1尾目は5センチにも満たないハヤと思われる魚。
フライに15センチから20センチ程度の小魚が出るが、なかなか掛からない。
諦めて、同行のS氏にタックルを預け見物。
何投か目で15センチ程度の魚がヒット。
よく見るとアブラ鰭がある。
DSC02463.JPG
グレイリング。
黒龍江での最初のトラウト釣果は小型のアムールグレイリング。
DSC02480.JPG DSC02481.JPG
背鰭が大きくなるのが特徴のグレイリング。
IMG_9704.JPG
黒龍江の岸辺の山々は大興安嶺。
白樺と唐松を中心にした森林地帯。
この時はちょうど黄金色の黄葉の真っ盛り。
IMG_9705.JPG IMG_9707.JPG

IMG_9751.JPG
この日は2尾のアムールグレイリングだけで終わったが、チームの中では上流のポイントで大物のアタリと目撃もあり、翌日の期待が高まる。

2014年9月24日

大興安嶺・黒龍江 釣行記 I

DSC02370.JPG
2014年9月18日から中国黒竜江省の大興安嶺、黒龍江(アムール川)の北極村に美鱒探訪の旅に。
釣行隊は2004年チベット釣行のメンバーから僕を含めて3人。今回は1名加わり計4名で黒龍江でのトラウトフィッシングを行う。
日本から黒竜江省のハルピンまで3時間。
伊藤博文暗殺の現場でもあるハルピン駅。
先ずは北部の大興安嶺に向かうためにハルピンに1泊し、翌19日にハルピンからモーホー(漠河)に飛行機で向かう。
約1時間半のフライトだがモーホーの空気は澄んで冷たく、山々は黄金色に黄葉して秋真っ盛り。
DSC02397.JPG DSC02405.JPG
モーホーの空港から黒龍江(アムール川)の河畔の村、北極村までは片側2車線の立派な高速道路で1時間(70km)。
北極村は急激なリゾート開発の進み村から町への変貌している最中といった感じ。
北極村に到着した釣行隊は先ずは黒竜江へ下見兼最初の釣りのため向かう。
DSC02418.JPG
川幅は400mあるといわれている。
ポイントは絞りきれず。それでも、竿を出してみる。
もうすでに日は沈みかけている。
この日は竿を出すだけに終わった。

2006年1月 6日

レノック 形態 Ⅱ

学名:Brachymystax lenok 

サケ科魚類に似つかわしくない口はウグイのよう。
愛嬌のある顔で日本の渓流魚のイメージとはちがい、かといって大陸のイメージとも結びつかない。
同じ仲間のアムールトラウトのほうが大陸的イメージとりわけ、その名の示すとおり大河アムール川のイメージにぴったりと合う。とはいっても、この大河には我々釣り人の憧れのタイメンを筆頭にパイクやチョウザメといった巨大魚がその首座を占めている。

続きを読む "レノック 形態 Ⅱ" »

2006年1月 5日

レノック 形態

学名:Brachymystax lenok


体側部に大きな黒点が散在する。
頭部、背部の前方には黒点が少ない。
口はウグイのように下向きで小さめ。
イワナ同様、胸鰭、腹鰭、尻鰭には白い縁取りがある。
lenokは体側部に朱色から桃色の不定形の斑紋が生じる。
秦嶺細鱗鮭と韓国生息のレノックは黒点の数が少なめでモンゴル生息のレノック、及びアムールトラウトは黒点の数が多く大きめである。
アムールトラウトには着色斑紋は生じないようである。

続きを読む "レノック 形態" »