写真素材 PIXTA

メイン ブルックトラウトギャラリー

2009年1月21日

久々の水槽の魚たち II ブルック編

IMG_0053.JPG
昨日からアクセスが若干増えました。
どこかでリンクでも貼ってくれたのかな~?と思ってアクセスログを見たけど、昨日分まではとくにまとまったリンクはなさそう。今日の分は明日確かめてみようと思うけど・・・。
ただ、いつもは検索語句の上位がヤマメとかイワナ、時々外来魚問題とかの影響でブラウンが入ってくるけど、ここ1週間ブルックが断トツ!!
今までブルックが上位に入ることは無かったと思うけど・・・?
ブルックの話題か何か流行ってるのかな?
ということでブルックトラウト!!
IMG_00361.JPG IMG_0036.JPG
ブルック特有の瑠璃色に縁取られた朱点。
近々、この模様について詳しく紹介したいと思っています。
IMG_0035.JPG
現在、水槽の中には一番上のとすぐ↑の写真の2尾がいます。

2008年11月13日

産卵期 ブルックトラウト

IMG_8444.JPG
うちの池では産卵行動中の魚たちがいます。水槽交代要員のブルックが産卵を始めました。
IMG_8451.JPG IMG_84511.JPG
オスが傍らに寄り添い産卵を促したり、雌は産卵床を掘ったり。
IMG_8453.JPG IMG_8452.JPG
雌が産卵床を掘るたびにブルック独特の模様が見えます。

2008年11月10日

ブルックトラウト

IMG_8373.JPG IMG_8372.JPG
この時期になると、水温が下がってトラウトたちの体色も少し色が濃くなってきます。
ブルックも含めてイワナ属全般に食欲も旺盛。
ちかくの川や自宅の湧き口ではイワナが産卵のために遡上してきました。

いつ見てもブルックの瑠璃色に縁取られた朱点と背鰭の虫喰斑が不思議です。
トラウト種族でこれだけ複雑な模様を身に纏ったのは、進化の過程でどんなことがあったのか、興味が尽きません。

2008年9月24日

ブルックトラウト

DSC08287.JPG DSC08283.JPG
梅花藻の間を泳ぐブルックトラウト。

DSC08296.JPG DSC08294.JPG
後からそっと近づいて撮影。
せっかくの美しい魚体も不慣れな撮影でピンボケ。
来年はもっとちゃんと撮らなくては。

IMG_8019.JPG

IMG_8013.JPG
とりあえず、水槽のブルックもヤマメほどではないけどよく泳ぎ回ります。
とても色の豊富な魚です。
体側の朱点の周りの瑠璃色はとっても不思議です。

2007年12月12日

ブルックトラウト


いま水槽に入っている中で一番美しいいブルックトラウト。
 
普段はクレソンの中に潜んでいるので、体はやや金色掛かった黄褐色ですが、腹は朱色になっています。ブルック特有の瑠璃色に縁取られた朱点も美しく、背鰭の模様もハッキリしています。
大きさは15センチ程度ですが、顔つきも体色も立派なブルックです。

2007年11月 4日

産卵期

池では産卵のために集まってきたブルックが激しい喧嘩をしています。
 
大きさは35センチ~40センチ前後。近くの湧き口の穴の中にメスの大きなのが産卵床を掘っています。
 

どちらも大きさも強さも同じくらいなので、かなり激しい喧嘩となりました。
紅葉は終わっていますが、魚体は美しい婚姻色で朱色に染まっています。

長らく更新が止まっていましたが、そろそろ再開できそうです。

2007年8月16日

真夏の水槽

カメラも修理から戻ってきたし、昨日は池の掃除でちょうどいいブルックがいたので、少し水槽メンバーの交代をしました。
新しいブルックは15センチ程度です。
相変わらず美しい魚体です。

岩魚もいいですね。色の濃く源流ぽい岩魚に育っています。
これは、きれいなのでこのまま水槽に入れてます。

オショロコマはさすがに水槽飼育3年になってしまったので、そろそろ入れ替えたいのですが、池にもストックしてないので、9月の北海道釣行のときに確保する予定。

今回、ブルックが水槽に入って、虹鱒と山女を池に移しました。

イトウたちは大きさに差が出てきました。
けんかが絶えないので、そろそろ別水槽に移すか、池での飼育の切り替えようと思います。

2006年5月18日

ブルック

DSC05299.jpg
外来魚だけどとても美しい魚。
朱点の周りが瑠璃色に縁取られています。
スプリングクリークの宝石です。
でも、ブラウンのようにあちこちで増えて欲しくないですね。
トラウトマニアとしては、宝石も至る所に転がっているならただの石ころだし、なにより在来種に悪影響を及ぼす可能性が高いので、今まで通りひっそりと在来種と共存していてほしい魚の一つです。

続きを読む "ブルック" »

2006年4月 2日

人によっては


外来魚なので嫌いな人もいるかもしれませんが、個人的にはとてもきれいな模様だと思っています。自然はときどき不思議な色彩や模様を作り出し感動と驚きを与えてくれるのですが、この魚もその一つだと思うのです。
                 ブルックの体側模様

2006年1月25日

ブルックトラウト

学名: Salvelinus fontinalis


他のイワナ同様背部に虫食い斑が見られるが、背鰭に明瞭な暗褐色の虫食い斑があること。
体側中央部に瑠璃色に縁取られた明瞭な朱色の着色斑点が散在すること。
胸、腹、尻の各鰭は前方の縁に黒と白で筋状に縁取られていること。

続きを読む "ブルックトラウト" »