写真素材 PIXTA

メイン 日記2010ギャラリー

2010年12月15日

ヒメマス&クニマス

今日のニュースで国鱒が発見されたという。
西湖と本栖湖にはクニマスの放流記録が残っているが、今までも何度かクニマスではないかという個体が見つかっては、ヒメマスかその亜種とされてきた。
もともとクニマスの特徴はヒメマスに良く似ていて、なかなか判別が難しいとされてきた。
DSC00016s.JPG
単純に黒っぽいヒメマスということであれば上の写真のヒメマスも成熟個体にしては十分黒っぽいのだけど・・・。
この写真のヒメマスは十和田湖産。
十和田湖でも時折、こんな黒ずんだまま成熟し、通常のヒメマスより一回り小さなものがよく遡上する。
クニマスの姿というのはこんな感じと思い浮かべればよいのだろうか?
DSC00014s.JPG
黒点の現れ方も、個体ごとに違うし、通常の成熟したオスのヒメマスほどせっぱりにならないという点でもクニマスとの共通点は多い。
このタイプのヒメマスをたくさん買ったときには、ずいぶんクニマスの特徴と一致するけどなぁ・・?と思ったけど、ちょうどこのヒメマスを購入したときに、クニマスの専門家の先生と会って、いろいろ話を聞いて、ヒメマスの個体差だということを教えてもらった。
DSC00106s.JPG
通常、ヒメマスの成熟個体というと、この写真のように赤いボディーと緑の頭部が美しい姿。
DSC00171s.JPG
成熟すると降海型のベニザケの成熟した婚姻色に近い色になり、とても美しい鱒となります。

いずれにしても、今回発見された国鱒がヒメマスの亜種ではなくて純血種であれば、田沢湖の完全復活の大きな足がかりとなる、素晴らしい出来事だと思いました。
さかなクンの大活躍でした。

ただ、僕はまだ少しだけ疑心暗鬼。
できれば稚魚や幼魚の捕獲があるといいのだけど・・・。
幼魚時に頭部に一対の黒斑があるという。
ヒメマスや他のサケマスと大きく異なる特徴なはずだけど・・・。

2010年12月 6日

北海道釣行 2010年 No.3

2010年8月28日
途中、帯広、札幌を経由して道南へ。
帯広では鹿追町にてオショロコマを購入。

札幌郊外の道の駅にて車中泊、札幌を市内観光して夜に京極町の道の駅にて車中泊。
IMG_2774.JPG
早朝、ふきだし公園を散策。朝日の射し込む水辺はとてもきれいでした。
IMG_2777.JPG
公園の中の湧水ではオショロコマたちの泳ぐ姿を観察できます。
残念ながら、水中まで日が射し込まず撮影はできませんでしたが、たくさん泳いでいました。
IMG_2780.JPG

ふきだし公園をあとにして、長万部の"二股ラヂウム温泉"に入り、長万部の名物"かなやのかにめし"を食べて、午後に森町のいつもの川へ。
DSC01658.JPG
ブラウントラウトがものすごく増えてしまいましたが、今回はなんとかオショロコマを釣ることができました。

今回はこの川での釣りが北海道釣行で最終の釣りでしたが、下見で大船川と松倉川上流を見てきました。とてもいい川なのですが・・・大きな熊が林道の前方を走っていました。
それをみてしまったら、釣りをする気持ちはすっかり萎えてしまいました・・・。

2010年12月 1日

北海道釣行 2010年 No.2

8月25日
二日目はあえて名前は伏せますがスプリングクリークの有名河川。
個人的には国内で最も美しい川のひとつだと思っています。
本流の景色を出すと一発でどこの川だか分かってしまうので・・・。

ただ、有名なだけあって釣り人も多いので、細い支流に入り少しだけ竿をだして、お目当てのブルックトラウトを釣り上げ撮影。
DSC01633.JPG DSC01621.JPG
さらに上流で、こんなところに魚が?と思えるようなところで水中撮影を開始。
ところが!!
肝心なものを忘れ物。
水中めがねを車内に・・・。車まで戻るのは大変。
それでも水深が20センチ以下で浅いので川に寝転がってカメラをだいたい魚のいそうなところへ向けてシャッターを押しました。
IMG_2744.JPG
バイカモの下に潜むアメマス。
IMG_2746.JPG IMG_2748.JPG
さらに小さなヤマメがどのバイカモの下にもいます。
IMG_2742.JPG
ヤマメたちも少したつと慣れてくるのか、目の前で泳ぎ始めます。
IMG_2738.JPG
最初は警戒してバイカモの下にいたヤマメたちが少しずつ瀬に戻り始めます。
今回はメインの箇所ではこれしか撮れませんでした・・・。
支流から本流を経過して車に戻る途中。
サクラマスの影が見えたので、そっと近づいて撮影してみました。
DSC01612.JPG
ペアのサクラマスがバイカモの向こうに見えます。
残念ながら、潜っていればもっと近づけますが、水中メガネを忘れたので、この距離が限度。
さらに、途中、バイカモの美しいポイントがあったので適当に撮ってみたら、やや大きめのヤマメが泳いでいました。
DSC01618.JPG
次回は忘れ物は絶対しない!!
ということで来年以降も水中撮影はチャレンジしていきます。

この日は早朝の釣りと撮影である程度の成果が出たので、お昼に標津サーモンパークを見学。
DSC01643.JPG
最初のころは憧れのサケ科魚類の水族館でしたが、最近は魚の状態がよいとはいえない状態。それでも、国内のほかの水族館のサケ科魚類の状態と比べたら断然上のほう。たぶん周りの川にいる素晴らしい魚たちを見た直後だから見劣りするのだと思う。いや、でも僕の水槽の魚たちのほうがまだいい状態だと思うけど・・・。
とはいっても、なかなか個人では飼育できない珍しいサケマス魚類を飼育展示しているので毎年見に入ってしまいます。
北海道道東を訪れたら、斜里川の"さくらの滝"と"神の子池"、そして標津サーモンパークはお勧めのスポットです。

2010年11月30日

北海道釣行 2010年 No.1

2010年8月の北海道釣行の写真です。

8月24日 前日は旭川を経由して旭山動物園など見て石北峠で北見へ。夜は女満別近くの道の駅で車中泊。
  早朝から移動して、先ずは斜里川の"さくらの滝"
IMG_2662.JPG
前日まで雨だったせいか、やや増水気味。迫力ある滝へサクラマスが大ジャンプ!!
IMG_2628.JPG

IMG_2644.JPG IMG_26281.JPG
何度も果敢に挑みます。もう婚姻色が濃くあらわれています。

サクラマスのジャンプを眺めて、近くの温泉へ。

そして神秘の"神の子池"
IMG_2679.JPG

池の中ではサクラマスが産卵準備。
IMG_2683.JPG IMG_2695.JPG

澄んだ水の中、美しい婚姻色に染まったオスが泳いでいます。

IMG_2686.JPG
今回のベストショット?
なんか秋の澄んだ泉とサクラマス。個人的に気に入っています。

2010年11月29日

今後の予定

けっこう頻繁に更新する予定ですが、突然滞るかも。
なんせ、身辺に大きな変化が!!
sakura3.jpg
まぁこういうことで。

とりあえず、今年の8月末に行った北海道釣行の詳細もupします。
かなりいい写真が撮れました。一部は連載中だった雑誌でも紹介されていますが、誌面では紹介できなかった別の角度の写真もup予定です。

オショロコマ(ミヤベイワナ)

昨年(2009年)の9月に北海道で買ってきたオショロコマ(ミヤベイワナ系)のオス。
IMG_3674.JPG
水槽の掃除をしたばかりで塵が舞っていて写りが悪いのですが、先日宣言したとおり"更新をしなければ!!"との思いが強く撮影してみました。
IMG_3684.JPG
ちょうど30センチあります。
IMG_3686.JPG
オスの顔つきは精悍ですし、婚姻色で頭部が緑かかってとてもきれいです。
IMG_3691.JPG
現在水槽の中はオショロコマとブルックトラウトのみです。
別水槽に入っていたブラウントラウトが飛び越しで、大水槽のヤマメは成熟してしまって水カビで、それぞれ死んでしまいました。
しかも今年8月の北海道釣行でブルックやオショロコマを追加してるので、水槽内はそれなりに賑やかだったはずなのに・・・。
ブルックが成長してオショロコマやブルックの小さめのを食べてしまい結局追加して残っているのは3尾のみ。大きくなったブルックは別の水槽に移しました。

少し寂しい状態なのでそろそろアマゴかヤマメを水槽に入れたくなってきました。

2010年11月19日

水槽の魚たち

IMG_3671.JPG
オショロコマはじめ水槽内の魚たちは元気です。
IMG_3670.JPG
今年は白点虫、水カビなどの発生がなくて水槽内は調子が良かったです。
欲張ってあちこちから買い集めるようなことをしなかったのがよかったのかもしれません。
水槽面は掃除をしようと思っていたのですが、部屋が寒いのと、ちょっと腰を痛めたので次回。2mもある水槽の掃除は時間もかかるし、腰を折って作業するので、腰の調子が治ってからにします。
たぶん来週ごろには更新できるかな・・・。

2010年11月17日

今年も産卵に

IMG_3642.JPG
今年も産卵に遡上してきました。
数日前には10尾ほど、今日は6尾が池で産卵準備。
IMG_3647.JPG
婚姻色が鮮やかです。
IMG_3651.JPG
今年は雌雄がほぼ同数でペアリングがうまくいってるみたい。
昨年ほど喧嘩はありません。
まだ本格的に産卵床は掘ってないので、産卵まで数日かかるかもしれません。

2010年3月21日

ミヤベイワナ 銀化

IMG_0674.JPG IMG_0688.JPG
久々の更新です。
水槽の魚たちは元気です。
ミヤベイワナ1尾が銀化しはじめました。
オショロコマとの比較です。
青緑の背部と銀色の腹部、ピンクの朱点がとても美しいです。
今日は水槽掃除をしたので撮影したのですが、黄砂の影響か?昨晩の雨の影響か?水が濁って写りが悪いです。
また後ほど写真を撮ってUPしたいと思います。