« 2010年11月 | メイン | 2011年1月 »

2010年12月15日

ヒメマス&クニマス

今日のニュースで国鱒が発見されたという。
西湖と本栖湖にはクニマスの放流記録が残っているが、今までも何度かクニマスではないかという個体が見つかっては、ヒメマスかその亜種とされてきた。
もともとクニマスの特徴はヒメマスに良く似ていて、なかなか判別が難しいとされてきた。
DSC00016s.JPG
単純に黒っぽいヒメマスということであれば上の写真のヒメマスも成熟個体にしては十分黒っぽいのだけど・・・。
この写真のヒメマスは十和田湖産。
十和田湖でも時折、こんな黒ずんだまま成熟し、通常のヒメマスより一回り小さなものがよく遡上する。
クニマスの姿というのはこんな感じと思い浮かべればよいのだろうか?
DSC00014s.JPG
黒点の現れ方も、個体ごとに違うし、通常の成熟したオスのヒメマスほどせっぱりにならないという点でもクニマスとの共通点は多い。
このタイプのヒメマスをたくさん買ったときには、ずいぶんクニマスの特徴と一致するけどなぁ・・?と思ったけど、ちょうどこのヒメマスを購入したときに、クニマスの専門家の先生と会って、いろいろ話を聞いて、ヒメマスの個体差だということを教えてもらった。
DSC00106s.JPG
通常、ヒメマスの成熟個体というと、この写真のように赤いボディーと緑の頭部が美しい姿。
DSC00171s.JPG
成熟すると降海型のベニザケの成熟した婚姻色に近い色になり、とても美しい鱒となります。

いずれにしても、今回発見された国鱒がヒメマスの亜種ではなくて純血種であれば、田沢湖の完全復活の大きな足がかりとなる、素晴らしい出来事だと思いました。
さかなクンの大活躍でした。

ただ、僕はまだ少しだけ疑心暗鬼。
できれば稚魚や幼魚の捕獲があるといいのだけど・・・。
幼魚時に頭部に一対の黒斑があるという。
ヒメマスや他のサケマスと大きく異なる特徴なはずだけど・・・。

2010年12月 6日

北海道釣行 2010年 No.3

2010年8月28日
途中、帯広、札幌を経由して道南へ。
帯広では鹿追町にてオショロコマを購入。

札幌郊外の道の駅にて車中泊、札幌を市内観光して夜に京極町の道の駅にて車中泊。
IMG_2774.JPG
早朝、ふきだし公園を散策。朝日の射し込む水辺はとてもきれいでした。
IMG_2777.JPG
公園の中の湧水ではオショロコマたちの泳ぐ姿を観察できます。
残念ながら、水中まで日が射し込まず撮影はできませんでしたが、たくさん泳いでいました。
IMG_2780.JPG

ふきだし公園をあとにして、長万部の"二股ラヂウム温泉"に入り、長万部の名物"かなやのかにめし"を食べて、午後に森町のいつもの川へ。
DSC01658.JPG
ブラウントラウトがものすごく増えてしまいましたが、今回はなんとかオショロコマを釣ることができました。

今回はこの川での釣りが北海道釣行で最終の釣りでしたが、下見で大船川と松倉川上流を見てきました。とてもいい川なのですが・・・大きな熊が林道の前方を走っていました。
それをみてしまったら、釣りをする気持ちはすっかり萎えてしまいました・・・。

2010年12月 2日

夢追い トラウトを追いかけて

【 夢追い トラウトを追いかけて 】
■ トラウトフィッシングに魅せられた方のブログです。

2010年12月 1日

北海道釣行 2010年 No.2

8月25日
二日目はあえて名前は伏せますがスプリングクリークの有名河川。
個人的には国内で最も美しい川のひとつだと思っています。
本流の景色を出すと一発でどこの川だか分かってしまうので・・・。

ただ、有名なだけあって釣り人も多いので、細い支流に入り少しだけ竿をだして、お目当てのブルックトラウトを釣り上げ撮影。
DSC01633.JPG DSC01621.JPG
さらに上流で、こんなところに魚が?と思えるようなところで水中撮影を開始。
ところが!!
肝心なものを忘れ物。
水中めがねを車内に・・・。車まで戻るのは大変。
それでも水深が20センチ以下で浅いので川に寝転がってカメラをだいたい魚のいそうなところへ向けてシャッターを押しました。
IMG_2744.JPG
バイカモの下に潜むアメマス。
IMG_2746.JPG IMG_2748.JPG
さらに小さなヤマメがどのバイカモの下にもいます。
IMG_2742.JPG
ヤマメたちも少したつと慣れてくるのか、目の前で泳ぎ始めます。
IMG_2738.JPG
最初は警戒してバイカモの下にいたヤマメたちが少しずつ瀬に戻り始めます。
今回はメインの箇所ではこれしか撮れませんでした・・・。
支流から本流を経過して車に戻る途中。
サクラマスの影が見えたので、そっと近づいて撮影してみました。
DSC01612.JPG
ペアのサクラマスがバイカモの向こうに見えます。
残念ながら、潜っていればもっと近づけますが、水中メガネを忘れたので、この距離が限度。
さらに、途中、バイカモの美しいポイントがあったので適当に撮ってみたら、やや大きめのヤマメが泳いでいました。
DSC01618.JPG
次回は忘れ物は絶対しない!!
ということで来年以降も水中撮影はチャレンジしていきます。

この日は早朝の釣りと撮影である程度の成果が出たので、お昼に標津サーモンパークを見学。
DSC01643.JPG
最初のころは憧れのサケ科魚類の水族館でしたが、最近は魚の状態がよいとはいえない状態。それでも、国内のほかの水族館のサケ科魚類の状態と比べたら断然上のほう。たぶん周りの川にいる素晴らしい魚たちを見た直後だから見劣りするのだと思う。いや、でも僕の水槽の魚たちのほうがまだいい状態だと思うけど・・・。
とはいっても、なかなか個人では飼育できない珍しいサケマス魚類を飼育展示しているので毎年見に入ってしまいます。
北海道道東を訪れたら、斜里川の"さくらの滝"と"神の子池"、そして標津サーモンパークはお勧めのスポットです。