写真素材 PIXTA

« 絵本の紹介 やまめとさくらます | メイン | Angling FAN 2009年4月号 »

オショロコマ ミヤベイワナ

IMG_0716.JPG
先月は餌をあげすぎてメタボリックになりかけていたので、少しダイエット中。
ちょっと痩せすぎたかな?
これぐらいがちょうどいいと思うけど・・・。
IMG_0695.JPG

IMG_0717.JPG
体色が少し濃くなってきたので、餌を少しだけ増やすことに。

コメント

こんばんは。
写真みとれてしまいます。

オショロコマとミヤベ岩魚
どちらもこちらには生息してない
岩魚ですから、実物を見てみたいです。
なので、それぞれの特徴が私にはいまいちわかりません(汗)

山猿さん、こんばんは。
>オショロコマとミヤベ岩魚
基本的に同じです。
一応、ミヤベイワナはオショロコマの亜種ですが、鰓耙という餌をこし摂る部分が多いということと、然別湖という湖沼に適応してるので、普通のオショロコマより銀化しやすいことぐらいです。
湖沼や海洋に適応する形態になると、鰭がやや鋭角的になり大きく見えますが、知床の海から遡上したオショロコマも同じなので、これはオショロコマと共通の特徴です。
一部河川に放流されたミヤベイワナは、河川残留型と湖沼型の中間の形体だともいわれていますが、僕が飼育しているのは、この河川から釣ってきたものです。
時々、銀化するので「あーやっぱりミヤベイワナなんだなー」と思う程度です。それと、全部ではないし、他の河川でも時々見かけるけどミヤベイワナはパーマークがやや縦長のが多いですね。
本場の然別湖は天然記念物で時々しか釣りが解禁にならないので天然を手にとって見ることは難しいけど、見学会とかやってたような気がします。
周辺の町でミヤベイワナを養殖してるとこがあり、見たことはありますが、普通のオショロコマとの違いはあまりありませんでした。