« 2008年8月 | メイン | 2008年10月 »

2008年9月24日

ブルックトラウト

DSC08287.JPG DSC08283.JPG
梅花藻の間を泳ぐブルックトラウト。

DSC08296.JPG DSC08294.JPG
後からそっと近づいて撮影。
せっかくの美しい魚体も不慣れな撮影でピンボケ。
来年はもっとちゃんと撮らなくては。

IMG_8019.JPG

IMG_8013.JPG
とりあえず、水槽のブルックもヤマメほどではないけどよく泳ぎ回ります。
とても色の豊富な魚です。
体側の朱点の周りの瑠璃色はとっても不思議です。

サケ・マス水族館の質

今期の北海道釣行では3箇所のサケ・マスに関する水族館施設を見学してきました。
標津サーモンパーク
千歳サケのふるさと館
豊平川サケ科学館
3施設とも好きで北海道で近くを通るときは必ず寄る施設なのですが、今回は?も?
辛口批評です。

3施設とも共通して言えることは、水族館というよりはサケマス増殖の紹介施設の延長線上であるということ。今回はとくに近年の美しい魚が見れる水族館のイメージからかなりかけ離れつつある印象を受けました。
IMG_7885.JPG IMG_7875.JPG
まず、見てわかるように水槽には底砂がありません。
底砂がないということは、水槽自体が美しく見えないということの他に、魚にとってもストレスの要因にもなるのです。魚の健康状態を観察する上でも底砂は重要です。
一方で、なぜ底砂を使わないかというと、底砂は養殖技術の魚の育て方では不要というより危険なのです。
つまり給餌を頻繁に行い魚を早く成長させるため、残餌や糞の処理上、底砂が無いほうが水を清潔に保てるのです。
ここで、魚を美しく育てるということと、魚を早く育てるということには大きな違いがあるのですが、近年の水族館は前者が多くなっているの対して、サケマス関連の水族館では後者の養殖技術による飼育が今もって行われているのが実態のようです。
なにを言いたいかというと、食用として出荷するわけでもないのに、餌の与えすぎてるんじゃないかなってことです。
IMG_7912.JPG IMG_7924.JPG
今回はより奇形魚の割合が増えてます。
イトウに関しても流水、水温、密度の条件がよければ比較的美しい魚体を保てるはずなのですが・・・。鰓蓋の欠損も以前は餌の質が悪いため起こるとされていましたが、餌は改善されて今時の養殖場でも鰓蓋欠損は大幅に改善されているはずなのに・・・。おそらくストレスや近親交配による影響かもしれません。

水族館といえば、
IMG_7911.JPG IMG_7903.JPG
こんな感じの底砂なしブルー背景のみの時代は終わったはずですが・・・。

ちなみに、標津サーモンパーク1階のエントランスの水槽は底砂ありで魚も比較的きれいなのが入ってます。

ほんと今回は3施設の魚をじっくり撮影でもしようかと思ったけど、いい魚がいなかったのが残念。
唯一健康状態がもっとも良かったのは↓の
IMG_7908.JPG
イワナのヤマメの交雑魚。

それでも来年も行こうと思ってるのでした。
魚の状態はともかく、けっこう色々勉強にもなるし、それぞれ楽しい施設ですよ。
皆さんも、機会があったらぜひ訪れてみてください。

2008年9月21日

昨日はヤマメ釣り

IMG_8009.JPG
水槽飼育用のヤマメを釣りに行ってきました。
全部で12尾(イワナ6尾、ヤマメ6尾)
一応、ギリギリ小さいサイズを2尾キープ。
キープしたのは個人的に最も美しいと思っている三ツ星の目をしているヤマメ。
背鰭の根元の黒点は多少気になるものの、目を見てこのヤマメをキープしました。

いつもは餌釣りのときは川虫かブドウムシを使うんだけど、北海道釣行で余ったイクラを使ったら珍客が釣れました。
IMG_8003.JPG
背鰭の橙色がきれいなカジカです。
水槽内では食べ残しを食べてくれるのでたまに入れておきます。

禁漁まであと僅か。
とりあえず、来年の解禁まで水槽の魚を見て過ごします。

銀毛化

今日は日中少し蒸し暑かったので水槽が再び結露して見づらいですが久々に水槽画像です。
それに給餌直後なのでちょっとお腹が出っ張ってます。
IMG_7988.JPG IMG_7979.JPG
オショロコマが銀毛化(スモルト)になってきました。
まだ完全な銀毛には至っていません。少し背鰭が黒ずんできましたが、尾鰭にまだ朱色が残っています。この朱色が消えると完全な銀毛となって湖沼や海洋での生活ができる状態になります。
水槽内では餌の頻度や水温変化などがきっかけで、普通の陸封型オショロコマに戻ります。

うちの水槽のオショロコマの半分は、湖沼型のミヤベイワナの系統のオショロコマなので銀毛化しやすい性質があります。もう一尾も銀毛化しそうな気配。
銀色のボディーにピンクの着色斑がとても美しいです。

2008年9月 9日

サクラマスの遡上


IMG_7862.JPG

清里町のさくらの滝。落差約4メートルの滝を越えようとジャンプを繰り返すサクラマス。 

IMG_78231.JPG IMG_7833.JPG

到底成功するとは思えないような高さにも果敢に挑戦しています。
河口からなんの障害もなく産卵場所までたどり着ける河川は少ない。
沿岸の定置網を抜け、河口のウライや簗、人工的なダムだけではなく、さくらの滝のような自然の障壁も経て産卵場所にたどり着く。サケマスは運だけではなく、賢く強いものだけが子孫を残す。障壁はそういった優勢な遺伝を後世に残すフィルターの役目も果たしている。

DSC08316.JPG DSC08317.JPG
このスプリングクリークの流れは比較的障害は少ない。しかし、河川にいる多くの魚たちが遡上するサケマスの産卵の瞬間を待ち望んでいる。それは卵のおこぼれを捕食するため、サクラマスはそれだけでなく河川に残っていたヤマメの雄も自らの子孫を残すため産卵の瞬間に割り込もうと狙っている。
DSC08255.JPG DSC08315.JPG
成熟していない小さなヤマメたちにとってはサクラマスの産卵はたくさんの餌を摂れる瞬間。
河川に残り成熟したヤマメの雄にとっては、子孫を残すチャンス。
どちらも、サクラマスがくるのを待ち望んでいる。
DSC08303.JPG DSC08278.JPG
これから餌の少ない冬を乗り切るのに、サクラマスに始まり、カラフトマス、シロサケと次々遡上するサケマスはこの川の豊かさを支えている最も大きな柱の一つ。そして、それらの膨大なサケマスの稚魚の食事を提供している河畔林も重要な柱。

DSC08222.JPG

険しい滝を登るサクラマス。美しい川を登り潤すサクラマス。
どちらも美しい鱒たちでした。

2008年9月 8日

目標の川

DSC08192.JPG
水槽飼育をはじめて最初の頃は、ただきれいな渓流魚を身近に置いて見ていたいという気持ちだけだったのですが、どうしてもブルックトラウトを見たいというきっかけでこの川を訪れて水槽のテーマが定まりました。
スプリングクリークを水槽に再現すること。
そしてそのスプリングクリークを再現する最高の目標がこの川になったのです。
DSC08261.JPG DSC08217.JPG
この川は豊富な清い水と圧倒的な緑の量、どの場所を見ても、いつ見ても美しい。
DSC08221.JPG
ここに住む、そして産卵のために帰ってくる全ての魚たちも美しい。
巷では外来魚も問題になっているが、この川の圧倒的な懐の深さ故かニジマスやブルックなどの外来魚もヤマメやオショロコマと共存している。もちろん釣り人も少なくない川にもかかわらず、どの梅花藻の下にも必ず魚が潜んでいるほど魚影も濃い。
ここの魚たちは、とても健康的で表情も柔らかい。
DSC08185.JPG
健康的なイワナ属やブラウントラウトは上のアメマスの目のように瑠璃色の輝きがあります。
天然魚でもなかなかこれだけ健康的な魚を目にすることは少ないのです。

繊細な美しさだけど圧倒するほどの力のある川なのです。

2008年9月 6日

北海道から帰りました

IMG_7831.JPG
今回はホント美鱒探訪でした。
期間はいつもより短かったけど、昨年よりは少しマシになりました。
さくらの滝ではちょうど婚姻色に染まったサクラマスのジャンプが見られました。
逆光だったので体色がうまく撮れなかったのが残念。

DSC08296.JPG
自然の川の中を泳ぐブルックトラウトの姿を見れたのは大収穫。
しかも、思った以上に川の中は魚で溢れていました。
うちの水槽は少し過密かとも思ったけど、北海道の川と比べたらまだ大丈夫かも?と思ってしまいまうほどでした。

魚たちは陸上の動きには敏感でバイカモやクレソンの下へ逃げてしまいますが、水中の人物に対しては警戒心がほとんどなくなってしまうようでした。
潜る前と直後は魚の姿はありませんが、潜ってしまって1分も立たないうちに先ずは小さなヤマメ、小さなアメマス、サクラマス、アメマス、ブルックトラウト、大き目のヤマメの順で姿を現しました。
DSC08229.JPG DSC08254.JPG
最初は姿を隠してますが、すぐに小さなヤマメたちが現れます。


さすがに湧き水なので最初は5分もちませんでしたが、ブルックを見つけて興奮して指先が動かなくなるまで潜り続けました。
すごいのは小さなヤマメやアメマスなどは逆に体の下の影へ潜り込んでしまうほどで、本州のヤマメと比べたら警戒心がまるで無いんだなーと思いました。
DSC08280.JPG DSC08316.JPG
体の下にはカジカも潜んでいました。そしてわき腹に勢い良く何かがぶつかったかと思うと、サクラマスのペアが上流へ向って泳いでいきました。

今回の水中撮影はバイカモ下や瀬など明るさが違う部分が多かったので完全オートで撮ってしまい、ピンボケが多かったのが残念。少し暗くてもシャッタースピードを上げて撮ればもっと鮮明に撮れたはずなのに・・・。

水中撮影についても後ほど詳しく紹介します。

さくらの滝のぼりの撮影も水中撮影もまた次回の課題として、徐々に改善していこうと思います。

今回は標津サーモンパーク、豊平川さけ科学館、千歳サーモンパークの3ヶ所に寄ってサケ・マスを観察してきました。
3施設も年々・・・・?まぁ細かなリポートは後ほど。

最終日は水槽補充用の放流モノのミヤベイワナの採集。
ここでは例年扱いに困ってしまうブラウン大物が今年も釣れてしまいました・・・。
今回はリリース。
DSC08332.JPG
大きさは55センチ水槽ピッタリサイズ。正確には5mm厚アクリルなので左右分1センチマイナスで54センチ。

今回はネタがいろいろありますが、少しずつ詳しく紹介していきまーす。
久々に【 愚人千慮 】ネタもアリ。