写真素材 PIXTA

« 日本のイワナ | メイン | 千歳サケのふるさと館 »

水族館にみるイトウ

Hucho perryi
  
撮影:   標津町 標津サーモンパーク 【標津サーモン科学館
  ここの、水族館の特徴はその名の通りサーモン、サケ科魚類に特化している点です。   展示しているサケ科魚類の種類は国内トップクラスに入ります。   展示施設も立派で、サケ遡上が見ることができる水路水槽や大型の海水水槽などは見ごたえがあります。アトリウムのようなガラス張りの展示スペースには階段状に水槽があり、上流から下流をイメージさせ明るい屋外のような感覚で魚を見ることができます。   ただし、せっかくの自然感覚溢れるスペースにもかかわらず、水槽内部や飼育方法は養殖魚と同じような感じで、実際に養殖魚のような魚が多いところが気に掛かります。

 さて、本題のイトウですが中型魚までの状態は、やはり本場北海道で非常に状態は良いのですが、大型魚になると養殖イトウ特有の丸顔になっています。展示水槽は外光の入るスペースのため時間帯によって映り込みが激しく見づらい。ただし、浅い水槽で上から覗き込めるのイトウの大きさをより実感できる。
 稚魚コーナーにもイトウの稚魚が展示されていました。ここは、様々なサケ科魚類の稚魚を身近に観察できるのでお勧めのコーナーです。
 成魚の展示はもう少し水槽内部に工夫の欲しいところです。
 でも、僕は道東釣行をすると必ず半日以上ここで魚を眺めて過ごします。


撮影場所:
【 札幌豊平川さけ科学館 】
撮影2002年
 ここは、比較的小さな施設ですが名前の通りサケに特化した展示施設です。
 池にイトウが泳いでいます。
 小さな展示水槽では間近に魚を観察できます。アルビノなども展示されることがあるようです。小さい水槽なので魚は頻繁に状態の良いものと交換されているのかもしれません。半地下のようなところから外池の魚を見ることができますが、養殖池の中のようです。

 
撮影場所:
 岐阜県 【 世界淡水魚園水族館 アクアトト 】 
 岐阜県各務ヶ原市にある淡水魚に特化した水族館。
 新しい水族館なので飼育方法も、かなり養殖→アクアリウムへ転換しています。
 旧来の淡水魚飼育では『底砂をしかない・障害物を置かない・水槽壁面をブルー、白にする』などなどでしたが、近年はアマチュアのアクアリストの水草水槽や熱帯魚水槽の飼育方法が水族館でもだいぶ定着するようになってきました。
 ここのイトウ水槽にはちゃんと底砂と流木があります。施設が新しいせいかイトウの状態は良いと思います。また、その他の渓流魚についても比較的状態もよく、展示方法も他より優れています。

今回はイトウを中心に3つの施設をみてみました。
イトウは水族館の展示でも人気のある魚種ですが、せっかく見に来てくれたお客さんが『ワァー!!』って声を上げたくなるような展示を目指して欲しいものです。実際には鰭が欠損していたり、奇形だったり、状態の悪いものが多すぎです。

コメント

水族館でのイトウの状態の悪さはホントおっしゃる通りと感じます。
レインボーなんかも大型のは状態悪いの多いですし、渓流魚の大型サイズを状態良く育てあげるのは大変なのはわかりますが、子供たちが「日本最大淡水魚」「幻の魚」と期待して見に来たらこの状態ではガッカリしてしまうんではないでしょうか。
岐阜のアクアトトは2枚のお写真見る限りでもキレイそうですね。
長良川も行ってみたいポイントの候補ですのでリストアップさせていただきます。
他にもボクが知らない渓流魚展示している水族館、どんどんご紹介下さい。
よろしくお願いします。

今回紹介した水族館の他にも何箇所か行ってるんだけど暗くて撮影できないところが多かったです。
あとは海水飼育か養魚場の中みたいなところばかりですよね。
比較的良かったのは千歳のサケのふるさと館です。ただ、水槽がちょっと暗かったのでいい写真は撮れませんでした。
千歳川の中が見えるのはとってもお勧め。後ほど画像をupします。

今月号のJAF MATE に新潟のサーモンパークが掲載されていました。
http://www.iwafune.ne.jp/~iyoboya/
そうですよね〜
富山で"鱒寿司"なんだから...新潟だって沢山遡上してきますよね〜(^艸^)

今度行ってみようと思います。(⌒ー⌒)v

イトウはいるかしら(。o゜)?

新潟の三面川はサケの遡上で有名ですね。江戸時代に河川をサケの遡上用に整備した最初の場所で有名ですね。僕も行ってみたい場所のひとつです。