Warning: include() [function.include]: URL file-access is disabled in the server configuration in /home/users/0/lolipop.jp-dp42121085/web/blog/2007/01/09-21/00/32.php on line 49

Warning: include(http://osyorokoma.net/blog/menu.php) [function.include]: failed to open stream: no suitable wrapper could be found in /home/users/0/lolipop.jp-dp42121085/web/blog/2007/01/09-21/00/32.php on line 49

Warning: include() [function.include]: Failed opening 'http://osyorokoma.net/blog/menu.php' for inclusion (include_path='.:/usr/local/php5.2/php') in /home/users/0/lolipop.jp-dp42121085/web/blog/2007/01/09-21/00/32.php on line 49
写真素材 PIXTA

« 水槽掃除前 | メイン | オショロコマ スモルト化 »

ニジマスの飼育方法

 

レインボートラウト(ニジマス)の水槽飼育は簡単なように見えて意外に難しい。
ニジマスがトラウトの水槽飼育の入門魚とされる謂われは、単純に高い水温でも飼育可能だということだけ。そのほかは基本的にイワナやヤマメの飼育との大きな差はない。よく、病気への強さや、大量飼育のし易さなどいわれるが、これは養魚場でのことで狭い水槽環境ではどの渓流魚を飼育する場合でも細心の注意が必要なことに変わりはない。
それでも、養魚場育ちが多いので、ヤマメなどと比べると縄張り意識が薄く喧嘩が少ない。

ニジマスを飼う場合、せっかくなので虹(レインボー)色を鮮やかに出現させることをお勧めしたい。
そのためには、過度の給餌を避ける必要がある。ニジマスは食欲が旺盛でついつい餌を多めに与えてしまいがち。給餌量が多いと脂肪分で体色がくすむ傾向にある。エビやオキアミなどが配合された飼料や乾燥オキアミなど脂肪分の少ない餌を中心に与えると効果がある。また、渓流魚全般に色揚をする場合、水温を低く抑え、照明を明るく、環境色を暗くするとより効果が上がる。活餌も多少の効果があるが、水質を悪化させやすいので注意が必要。

飼育には、釣堀や養魚場からできるだけ小型の鰭の欠損のない個体を入手するのがいい。
最初は白点虫などを予防するため、薬浴をすることを勧める。
養魚場や釣堀など広くて流水のある場所では、ほとんどの白点虫は洗い流されて気が付かない場合が多い。水槽に入れたとたんに大量発生することがある。生餌で金魚などを使う場合は更に注意が必要。ショップの魚も感染している場合が多いので、この点からも活餌は使わないほうが良い。


画像 : 養殖魚背鰭欠損

もし、白点虫が発生したら、根気よく薬浴するしか方法はない。イワナなどは水槽環境がよければ白点虫に対して抵抗力を持ってくるようになるが、ヤマメやニジマスなどでは自然治癒は非常に難しい。本来は魚が死ぬような寄生虫病ではないが、強い流水のない狭い水槽環境では白点虫がなかなか減少しない。また、魚の眼球に深く寄生すると失明するので、白点虫を見つけたらとにかく薬浴するべき。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://osyorokoma.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/508

コメント

こんばんは。
今年のmalmaさんの記事は去年にも増して「うなる」内容が多く、感心して拝見させていただいております。
白点は渓流魚飼育にはつきものの大敵ですよね。
白点のせいでお陀仏になった渓流魚は数知れません。
我が家では、少しでも底にこすりつける動作を発見したらすぐに薬浴させるようにしたらずいぶん良くなりました。
イワちゃん1匹でさびしい状態続きを打開したいとずーっと思っているのですが、濾過槽掃除をしてからでないと稚魚飼育は不安でなかなか実現できません・・・。

僕も色々試したけど『絶対にいい!!』って方法は見つけられませんでした。とくに高価な魚が感染した時には殺菌灯まで購入したけどダメでした。イワナの場合天然魚ほど抵抗力があるらしく、死ぬまではひどくならなかったけど、ヤマメやニジマス、イトウなどの養殖魚はものすごく酷かったです。
現在はほとんど発生してません。クレソンの根が発達したのが良かったのかもしれません。

最近、
某水産試験場が50年間かけて、作出した高水温適応系ニジマスを売っていただけることになって、わくわくしています!
25度でも餌を食べるそうです。

うまく飼育できたらぜひ画像掲示板のほうににも投稿してくださいね。25度以上だと白点虫の心配はなくなるけど、普通コイ科に寄生するイカリムシがけっこうつきやすくなります。白点虫よりは治療しやすいのです。

今度ニジマスを買って水槽で飼育しようと思っています。
長生きさせるコツってありますか。

クーラーなどで低い水温を維持できれば、長く飼育できますよ。
あとは、照明時間をやや長めで毎日規則正しく当てて、餌も与えすぎや痩せすぎに注意すると長く飼育できますよ。

ニジマスが餌を食べません水温は16-20度のあいだで飼っています。
メダカを30匹あげても食べません
これはどういうことでしょうか。

>ニジマスが餌を食べません
飼いはじめてからずっと食べてないのなら、餌の種類を変えたほうが良いと思います。匂いのある乾燥エビや乾燥オキアミ、ミミズなどが餌付けには好成績ですよ。養殖魚や管理釣り場などの魚でしたら、養鱒用の飼料が食べなれています。
飼っている途中から食べなくなったのなら、病気や水温が少し高めかもしれませんよ。

ニジマスが餌を食べません。釣ってきてから四日近くたちます。フンだけはしっかり出していました。60センチの水槽に20センチ前後のニジマスを二匹入れています。別の水槽で飼っている銀化したヤマメはがんがんニジマスの切り身を食べています。ニジマスが来る前は普通のヤマメ飼育にチャレンジしたのですが三日目で水カビ病が発生しました。一日二回も水交換(地下水使用)し、メチレンブルーも使いましたがだめでした。今回のニジマスは予防のため最初からメチレンブルーを使っています。ニジマスは絶食状態でどのくらい持ちますか?また、ニジマスにニジマスの切り身はだめでしょうか?

北海道旅行中でお返事が遅くなってしまいました。

>ニジマスは絶食状態でどのくらい持ちますか?
水槽の環境もあっていて、ニジマスが健康なら1ヶ月以上断食しても大丈夫ですが、水槽が小さく複数飼育だとあまりもたないかもしれません。
切り身でも食べますが、水が早く悪くなりますよ。とくに水カビが発生しやすくなります。餌付けなら同じニジマスの卵やサケの卵などが効果的ですが、これも水を早く悪くするので初期の餌付けだけにしたほうがいいと思います。
水換えは頻繁にできてるようですが、水交換時に魚がビックリして水槽面にぶつかるようだと、鰭が擦れたりストレスで餌を食べなかったり、水カビもでやすくなりますよ。

回答ありがとうございます。一ヶ月持つとは予想以上の生命力ですね。餌付けはなかなか難しいですね~。今回のニジマスは水槽の前に人の気配を感じるとすぐに警戒モードに入り、エサを食べなくなる気がします。餓死防止のため金魚を入れてみたところ一匹食べたと思われます。しかしこれでは餌付けにはならないので、いろいろ試行錯誤しています。鰭に切れ目が入ってきていますが、餌付けが成功すれば回復しますか?

鰭の縦の小さな裂け目なら、多少は回復しますが、餌をたくさん食べるようにならないと難しいかも。
天然魚の場合は河川、湖沼とも真冬は極度に餌が不足するので、ほとんど食べない状態が1~3ヶ月続いても問題ありません。もちろん、水温が低下するので、動きもありませんし、ということは栄養も使わずにすむということもあります。ただ、鰭が裂け始めたということは、栄養不足になってきている可能性はありますよ。

ニジマスが餌を食べません。
ウグイと一緒に飼っているのですが、喧嘩しています。
ウグイは、金魚の餌を食べているのですが。
ミミズなども食べません。
どうすればいいのでしょう?

ミミズ以外の餌も試したほうでいいですよ。乾燥オキアミ(クリル)とかもお勧めです。

初めまして。
私はぴっころと申します。
実は数週間前に受精を負えた卵を貰ってきたのですが(ニジマスの)孵化し、お腹の栄養分もそろそろ無くなり、身体にあの模様が現われてスリムになってきたのです。
でも餌として何を与えて良いのか分からず、川魚の餌を与えてみた物の、何故か食べてくれません。
稚魚には何を与えたら良いのですか。

何だか申し訳ありません。

ぴっころさん、こんにちは。
浮揚性の餌だと魚が気がつかないこともあります。僕が以前育てた稚魚は冷凍の赤虫やブラインシュリンプなどから餌付けを始めましたよ。

ありがとうございます。
シュリンプの卵を買って来て孵化させて与えてみました。
食べてくれているみたいです。


はじめまして。
いつも参考にさせていただいております。
先日、ペットショップよりニジマスのベビーを5匹買って来て、水槽で飼い始めましたが、1匹が底でじっとしていて、時折狂ったようにとてもおかしく早く泳いだりおなしな行動をします。呼吸は他のニジマスと比べても早いです。
これはなにかしらの病気でしょうか?
病気だとしたら、他の魚と隔離した方がいいですか?

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)