写真素材 PIXTA

« 予定は未定 | メイン | イトウ絶滅!? »

魚類の和名改定

魚類の和名改定があるそうです。内容は差別用語を含む和名が改定されるそうです。
詳細はこちら
日本魚類学会標準和名検討委員会
確かに差別用語が含まれている名称というものの問題点もわかるけど、生物の名称はその姿、形、生態から名づけられたものが多く、メクラウナギがホソヌタウナギに改称されても???ですね。
ヌタウナギのヌタとは粘液のヌルヌルした様のことをいうらしいです。
ホソ・ヌタウナギなのか、ホソ・ヌ・タウナギなのか(笑)
一般人にはホソヌタウナギ属もヌタウナギ属も混同するだけだろうし、結局メクラウナギはヌタウナギと一緒にされてしまうということですね。まかり間違うとタウナギも混同されそう。
ちなみにイールスキンという鰻の皮はヌタウナギの皮です。
サケ科以外の魚には興味はないんだけど、ウナギは好きだし(食べるの)、ヌタウナギやヤツメウナギやタウナギのような長い魚って気持ち悪くていいですよね!!これってキモカワイイってのかな?意外と鰭がかわいんだけど。。。

で!!、ここまで読んでサケ科に関係なさそうだな・・・と思っていたら、和名改定魚種の中に、『セッパリ』の付く何種類かの魚。『セッパリ』って差別用語だったのか?さっそく、ネットでセッパリを検索したけど圧倒的多数はカラフトマスやベニサケ(ヒメマス)のオスの成熟個体を説明するページがヒットするだけで、差別用語らしき記載を見つけることができませんでした。その次が今回改称予定の『セッパリホウボウ』など魚類名。差別用語だから差別的に使われているテキストがヒットしない可能性もありますが、一般的にもセッパリ=サケ科魚類のオスの個体の成熟状態を示す特徴の一つと受け止められているような気がします。
もちろん、魚類学会の検討委員会の答申では、『旧称や通俗称について必要に応じて使用することを妨げるものではない』としていますが、権威ある学会が『メクラ』『セッパリ』などを生物名に使用するべきではないと判断したことは、旧称やこれら単語を含む用語を使用した側が差別的だと思われかねないですよね。
ということで、『セッパリ』は使用しないようにしよっと!!
みなさんも、カラフトマスは『セッパリ』になるのではなくて『セダカ』になるんですよっと。

魚にとっては???

スズキ目ゲンゲ科テナシゲンゲ属テナシゲンゲ

ヒレナシゲンゲ
一番釈然としない改称ですよね。
テナシはダメでヒレナシはOK!!

セッパリホウボウ

ツマリホウボウ
背が張るのはダメで詰るのはOK!!
微妙~

他にも魚自身にとって差別的な名称のものって沢山あるんじゃないかなぁー。

イザリウオ

カエルアンコウ
これはもっとも釈然としないです。っていうか僕はずーっと『イザリ=漁り』だと思っていました。
たぶん、今回の改称の中で一番ポピュラーな魚ではないでしょうか。