写真素材 PIXTA

« デジカメ、渓流魚、その他もろもろブログ | メイン | グレイリング »

冬場の楽しみ

毎日、ものすごく寒いです。
今日は沼に氷が張りました。
積雪は昨年よりは少なめですが、平年並みといったところでしょうか。

仕事で車を運転していたら、ちょうど日暮れ時の岩手山がピンク色になってました。

夏場なら仕事が終わってから、山に花の写真を撮りに行ったり、近くの川に釣りに行ったりできますが、日暮れが早いこの時期は、不健康に部屋にこもってます。
水槽の魚たちを眺めながら、来シーズンの釣行先に思いを馳せてネットで情報収集。
サケマスのためならばと様々な言語のホームページと格闘中。
ヨーロッパでのサーモン、トラウトフィッシングは夢ですね~。
なんせ遊漁料がメチャクチャ高い。
ドナウイトウ(huchen)やマーブルトラウト、北欧のアトランティックサーモンも魅力ですね。

現実的に来シーズンの釣行先として、できるだけ安く行ける海外を考えてます。
もう行き先は限定されちゃうんだけど・・・。
中国、韓国、ロシア(サハリン、ハバロフスク)ぐらいですね。
中国はマイルを貯めている僕にとっては一番安上がりな旅行先だけど、トラウトを釣るとなると内モンゴルか黒龍江省方面ぐらいしかない。(新疆ウイグル方面にもいるけど、遠いし日数、費用もかかる)
しかも、これら方面の情報量が圧倒的に少ないのです。
ココを見てる人でだれか黒龍江省方面へ釣行したことある人いたら情報提供をお願いします。

ロシアのハバロフスク、サハリンは行くまでは安上がりだけど、現地ツアーの値段が高いのが難点。
韓国は天然で釣れるトラウトがヤマメとレノックしかないし・・・。

アメリカも行ってみたいけど、出会いたいトラウトはゴールデントラウト。アクアボニータ・・・水の妖精といわれるトラウトにぜひお目にかかりたいものだけど、日数がかかるのと、費用も嵩む、入山規制もあってたぶん、これも夢で終わりそう。。。

とりあえず、今集めたい情報を整理すると。
 ■ 中国黒龍江省方面の釣りについて
 ■ サハリン、ハバロフスク方面で安く安全に短い日数で釣行する方法について。
 ■ 天然のグレイリングを撮影するのに、一番近く安く行ける海外について。

・・・カナダとかアラスカっていう選択肢もあるんだろうけど、お金持ちが行くところってなイメージが強いし、実際航空券以外の部分(滞在費)でお金がかかりそう。それに確実にトラウトがいるってわかっているところより『たぶんいるだろう』『○○ならいるかも?』ってな場所のほうが、たとえ釣れなくても楽しめるけど、カナダ、アラスカ行って釣れなかったら最悪ですね。