写真素材 PIXTA

« Mountain stream fishing | メイン | あと1ヶ月 »

5000HITに間に合わず・・・

長江イトウのイラストはまったく進んでいません。
花とか植物なら多少は描けるけど、魚のイラストは苦手で途中で手が止まってしまいました。
実は作画の方法で二転三転してしまい、もっといい方法がないか思案中。
当初、できるだけ本物に忠実にするため写真をPC上でトレースして書き始めたんだけど、画像のイトウが若干横向きで輪郭線を抽出した段階で、まるで魚屋の冷凍ケースに並んでいる魚のように見えてしまって失敗。そこで、その輪郭線をプリントアウトしてトレーシングペーパー上に横向きに見えるのを修正しながら手書きで描いたんだけど・・・。どうもうまくいかない・・・。
とりあえず、どこまで進んでいるかというと。
下の通り。頭から胴体部分の輪郭はだいたい修正したけど尻尾が寝たまんま。
 

死後若干時間が経っていたためか、目の下の皺が深く目立っていた。イラストでは忠実に描いたつもりだが、実際にはさほど目立つものではないと思う。
頭部の注目すべき点は、魚体の大きさに比べて口が小さいということ。
そして口腔内について、鋭い歯が幾重にも生えている点など。
イラストでは解りづらいが、黒点は日本のイトウなどと比べると、ひじょうに大きい。
魚体の形は、イトウよりもSalmo属やOncorhynchus属に近く見えるが、北海道の尻別川や斜里川など、流れの速い場所に生息するイトウは体高が高いものも多くいることから、長江上流の激しい流れの生息環境によって生じた体型と思われる。
イラストがちゃんと完成したら、詳しく解説します。
いつになるやら・・・。

コメント

ポスターのお写真、CDに入ってましたよね★
そのうち描きおこしときます〜
学術的じゃないけどねっ。(笑)

本職と競う心算ないので、学術的じゃなくお願いします(笑)

朝晩はだいぶ冷え込むようになってきましたよー。なんだかんだいって禁漁まで1ヶ月しかなくなりましたね・・・。