Warning: include() [function.include]: URL file-access is disabled in the server configuration in /home/users/0/lolipop.jp-dp42121085/web/blog/2006/07/index.php on line 28

Warning: include(http://osyorokoma.net/blog/menu.php) [function.include]: failed to open stream: no suitable wrapper could be found in /home/users/0/lolipop.jp-dp42121085/web/blog/2006/07/index.php on line 28

Warning: include() [function.include]: Failed opening 'http://osyorokoma.net/blog/menu.php' for inclusion (include_path='.:/usr/local/php/5.2/lib/php') in /home/users/0/lolipop.jp-dp42121085/web/blog/2006/07/index.php on line 28

« 2006年6月 | メイン | 2006年8月 »

2006年7月24日

チョウコウイトウについて 2006

今回の目的の一つ、チョウコウイトウ標本について、何でエントリーが遅くなっているかというと・・・。

一昨年、見せてもらった標本は60センチ弱の小型魚でしたが・・・。
今回は驚きました。
標本を見せてもらった時の印象が強烈過ぎて、客観的に冷静に観察できていたのかちょと自信なし・・・。思っていた以上の魚体の大きさ、そして、イトウのイメージからかけ離れた立派すぎる魚体。
立派過ぎるというのは語弊があるかもしれないけど、僕が持っているイトウのイメージは大蛇のようであったり、頭が丸くマルタのようであったり、いずれにしろサケ科魚類の中では長細い形。それが、根底から覆されるような形だったのです。ハッキリ云って、キングサーモン?大型のシルバーサーモン?と思えるほど体高が高いのです!!一瞬、養殖モノのサーモンを見せられたのかと思ってしまうほどです。そして、黒点の現れ方も、キングサーモンやシルバーサーモン等と同じような形と大きさ。唯一、この魚がイトウの仲間であると思わせてくれる部分は、頭の扁平さだけだったのです。

で!!最初の言い訳なんだけど、詳細についてはイラストができ次第(写真資料は写すことができたんだけど、著作権とか絡むと面倒なので現在イラストを描いてます)、後ほど感動が薄れないうちに詳しい解説つきで公開します。
お楽しみに!!

2006年7月22日

青海チベットの魚

北海道の生息しているフクドジョウに近いと思われるドジョウ。
ヒゲは3対。
動きは緩慢だが、標高5000メートルを超える沢にも生息してる。
 

 

川の浅瀬にたくさん生息してる。手で簡単に捕まえることができる。
大きさは10センチ~15センチ。

2006年7月20日

2006 青海チベット旅遊 今回の旅では・・・。

反省点が沢山ありすぎです。(泣)
まず第1に重い思いをして持っていったビデオカメラと水中撮影用ハウジングが前半、全く役に立たなかったこと。理由は簡単、テープを忘れて行ったためです。テープを忘れたのを、到着すぐの西寧のうちに気が着けば購入できたのに、出発して100キロほど行って、一面の菜の花畑を撮影しようとしたときにテープがないのに気が着きました。結局、川も、水中も、青けしも、花畑も前半はビデオ画像を撮ることができませんでした。青海チベットの比較的大きな街の大武鎮に着いても、いくら街でもこんなチベットの山奥の街にはDVテープはないだろうと諦めていたのですが、街中を歩いていたら僕が使っているPC(SONYのVAIO)を使っている商店を発見!!もしかしたらと思って、ガイドさんに電気屋を探してもらって行ってみたら、なんと!!SONY純正のDVテープを発見!!早速購入して後半はようやく撮影ができました。それでも、見所はほとんど過ぎてしまっていたので後悔しきりです・・・。
第2に、デジカメ画像のデータストレージ用に持って行った『iPod』。前回、モンゴルに持っていったときには、バッテリーの減りが早いものの、なんとかデジカメのデータを移して大量の画像を持ち帰ることができました。しかし、今回は、旅の前半の3泊目にして故障!!。標高4000メートルの泊地でデータ移行をしようとしていたら、急に異音が発生、しかも完全にフリーズして電源を落とすことも出来ない状態。さらに、異音は止むことなく続き、本体も異常に高温になってくるし。内部には既に、旅の初日に撮ったチョウコウイトウ関連の資料画像やタール寺、青海湖などの画像約500が入った状態。高山病より最悪の状態に見舞われたような気がしました。結局、ここの泊地では、その他の理由もあったのですが一睡も眠れない夜となってしまいました。
ipodのデータはPCからは何とかデータを読み取ることができましたが、ipodへの更新や書込み操作で完全にフリーズしてしまいます。先ずは、データが無事だっただけ良かったとしましょう・・・。

そして第3に!!魚が釣れなかったこと。同行者の更井さんが1尾のみで終わってしまったこと。
ドジョウを捕まえたのにもかかわらず、標高が高く車まで戻って水槽を持ってくるのが面倒くさくて、水槽撮影をしなかったこと。

でも、前回同様、楽しんできたからいっか!!

2006年7月19日

ただいま

昨晩遅くに帰ってきました。
チョウコウイトウの標本は見ることはできましたが、写真はダメ!!ということで実物の画像はありません。ただし、資料写真やPRポスターの写真は写させてもらってきたので、のちほど画像とあわせて観察した詳細をアップします。
先に花のほうをアップするので今週末から来週にアップすると思います。
釣りは同行者1人が10センチぐらいの裸鯉と思われる魚を釣り上げただけで、水槽やビデオの水中撮影は徒労に終わりました。
詳細は後ほど。

2006年7月 9日

チベットへ出発!!

明日出発します。
台風が進路上にいて心配ですが、行ってきます。
チベットの世界最高所に生息する魚たちとの出会いを楽しみに行ってきます。
水槽も持ったし!デジカメの準備もOK!!。
でも、釣具を忘れたりして。(笑)

2006年7月 1日

Google Earth

云わずと知れたインターネットで衛星画像を閲覧できる地球検索ブラウザ。
Google Earth
インストールして昨年辺りから頻繁にアクセスして、海外の釣り場の状況を調べて遊んでます。
最近、高解像度になってきた地域も増えて、一昨年行った青海チベットの大渡河上流や幾つかの町も、建物はもちろん車道の車までわかるようになってました。
もちろん、川の様子も手にとるようにわかるので、とても便利になりました。

国内も以前は主要都市だけが車一台まで写っているほど高解像度でしたが、最近はそれ以外の地域も細かな画像で釣り場を調べるのに役立ちそうです。

英語のサイトですがぜひインストールして使ってみては?
釣行時のポイントへ衛星画像と携帯GPSなんかでアプローチしたらカッコイイかも?