写真素材 PIXTA

« 2006年 北海道 函館近郊 ミニ釣行 Ⅰ | メイン | あと2週間!! »

2006年 北海道 函館近郊 ミニ釣行 Ⅱ

2006年 6月 18日
 昨日の釣果から尻別川水系に行こうかとも考えたが、濁川温泉で温泉につかってしまったら、尻別まで行く気力が失せてしまいました。道の駅で車中泊をして、早朝3:30から前日のポイントの滝壺で竿を振る。今日は薄暗い内にルアーも投げてみたが、意外に小型のブラウンの付きがいい。餌でも同様だが早朝、暗いうちは小型魚の活性が良い。やはり、大型のブラウンに捕食されないよう小型魚は薄暗いうちに動き回り、明るい日中は石の影などに潜んでいるのかもしれない。
 

 

本日最大のブラウンは45センチ。中硬調6.3メートル、道糸0.5号、ハリス0.4号で上げるのには一苦労でした。フロロや高いテグスなら多少の大きさでもあげられるけど、\1,000代の安物では非常に難しい釣りだった。前日に引き続き、50センチ以上のブラウン数尾にハリスを切られてしまった。

目的のオショロコマは、なんとか1尾だけ釣ることができた。
以前いたヤマメの姿は全く見ることができなかった。
滝壺での釣りは午前7時頃に終えて、上流域に行ってみたが、ここでもブラウンとニジマスばかりで不満足な結果となってしまった。

釣果が得られたのは良かったと思われるかもしれないが、目的のオショロコマが小さいのがたったの1尾だったのが、非常に残念!!。正直不満足な結果の釣行だった。

釣り場について
(川の名前は書かないけど、地元の釣り師ならほとんど知ってる有名河川)↓↓↓

函館市内から1時間程度で到着するこの川では、数年前からブラウンが繁殖、降海型のシートラウトまで現れる他、周辺河川にまで拡大する勢い。更にその以前からオショロコマ(ミヤベイワナ)が試験的に放流されて研究された経緯もある。この河川でのオショロコマの生育は非常に優秀で、原産地の然別湖の湖沼型のオショロコマであるミヤベイワナと河川残留型の通常のオショロコマとの中間型の特徴を現し、この河川の豊かさを証明する研究結果も出されていた。然別湖以外で純血のミヤベイワナが繁殖する、数少ない川の一つだ。
そこに、入り込んだブラウンは、この放流後定着していたオショロコマや在来のヤマメを餌に爆発的に増えたものと考えられる。2年前には傷ついてはいるものの多少のオショロコマやヤマメの姿を見ることができたが、今回はほとんど見ることができなかった。今回の釣行では傷ついたブラウンも多く見られた。しかも、多くが痩せていたのも、ブラウン自体が増えすぎて餌さとなるオショロコマやヤマメが大幅に減少して共食い傾向が現れてきたのかもしれない。ここで、気に掛かるのは、本来ならブラウンが減少化すれば、再びヤマメやオショロコマが増える可能性もあるのだが、ここにはもう1種ニジマスが放流され定着してしまっている。これが、ヤマメやオショロコマに置き換わってしまう恐れも十分考えられる。中流域には大型のダムもあり、在来ヤマメの今後の繁殖は絶望的なような気がする。(以前はダム湖を海代わりに大型のサクラマスが遡上して小さなヤマメが大量に釣れた。)

函館市内から近いせいもあるが、釣り人は非常に多い。今回もダム湖周辺では多くの釣り人を見かけた。そのわりに、ブラウンの魚影が異常に濃いのが気に掛かる。僕がよくブラウンを釣りに行く川では釣り人はそれほど多くないが、ヤマメやイワナ10尾に対してブラウンが1尾釣れればいいほうなのだが・・・。ここではブラウン20尾に数尾のニジマスが混じる程度というのも気に掛かる。
今回もダム湖に不審なモノがたくさん浮いてると思ったら、釣り人だった(笑)。

函館は昔から洋食が盛んな土地柄なので、今回、時間があったら大型のブラウンを専門料理店で調理してもらいたかったのだが、お店を調べて次回必ず本場の調理で食してみたい。本場の欧州ではブラウンが減少して、フランス料理ですらニジマスが使われる状態。
もし、函館市内の欧州系の料理店でお勧めのお店があったら紹介お願いします。

いずれにしても今後もどうなるか気に掛かる河川だ。

コメント

 60cmもある野生ブラウンがバンバン釣れるんですね、さすが北海道。そんなの管理釣場でしか見たことありません。
 以前にその川で「ブラウンが繁殖しているから駆除に協力して。」と地元の人に言われたことがありました。そのときは、今晩はムニエルで頂き!、と喜び勇んだものの、結局20cmにも届かないのが1匹釣れただけでした。
 「熊にも注意してね。」と言われて腰が引けていたからかもしれません・・・。熊には出会いませんでしたか?

Kevinさん、こんばんは。
クマには遭いませんでしたが、クマの大きな糞はあってちょっとびっくりしました。15年前から行き始めた川なのですが、この川でクマの糞を見たのは2度目でした。クマが出るという看板はいつも見てるんですが、目的のために行ってしまうお気に入りの川でした。

おかえりなさい!!
ご苦労様です、仕事沢山残っているでしょうから、整理がついたら
ホームページの書き込みお願いします。
楽しみにしています。
それでは、また。

デジカメのデータストレージ用にipodを持っていったんだけど、標高4000メートルで動作不良に・・・。
大変でしたー。
でも、自身が無事に帰って来れてよかったです。