写真素材 PIXTA

« 長者屋敷 湧き水 | メイン | 今日は »

美鱒探訪の野望

日本はサケマス類の生息地としては南に位置しているが、生息しているサケマス魚類の種類も他に地域に比べて格段に多い、とても恵まれた地域。
でもというか、だからこそ世界中のサケマス魚類をこの目で見てみたいという欲求と、サケマス魚類の進化の秘密を探りたいという好奇心を強くさせるような・・・。
今年はチベットで再び長江イトウについて探求する予定。
美鱒探訪での最終的な目標は全世界サケマス魚類の生きたままの撮影。
幸い、昨年はモンゴルでタイメン、アムールトラウト、レノックを撮影できたが、全世界のサケマスを制覇するためには、まだまだ道半ば・・・。
とりあえず、最優先課題として目標を掲げてみようと思う。
国内
 1.中禅寺湖レイクトラウト。
 2.ゴギ、キリクチ。
 3.ビワマス。

国外
極東アジア
 1.サハリン北部のレノック、アムールトラウト、グレイリング。
 2.バイカル湖周辺のイワナ属。
中央アジア
 3.アラル海周辺のブラウン。
 4.中国西域から中央アジアのサケマス魚類の分布。
ヨーロッパ
 5.ドナウ川のダニューブイトウ(フッヘン)。
 6.旧ユーゴのマーブルトラウト。
 7.河川型のアルプスイワナ。
 8.アトランティックサーモン。
アフリカ
 9.アフリカ大陸(モロッコ・アトラス山脈)のブラウン。
アメリカ
 10.ゴールデントラウト。
 11.アトランティックサーモンの陸封型。
 12.キングサーモン。

実際にはもっと見たいサケマスがあるんだけど、とりあえず以上の項目の土地を訪れれば、ついでに他のサケマス魚類とも出会える可能性もありそうなので、以上15項目が最優先課題。
実際に、これらの土地を訪れた方や、情報をお持ちの方の情報提供をお待ちしています。