写真素材 PIXTA

« 産卵期 | メイン | 美鱒探訪の野望 »

長者屋敷 湧き水

昨日は花を写しに車で30分くらいの長者屋敷清水に行ってきました。
ここの清水は歴史が古く、周辺には縄文遺跡もあります。
僕が中学校くらいの時までは、周りの畑に縄文土器がたくさん落ちていて、湧き口周辺は鬱蒼とした森でした。この湧き口の上流では養鱒場があって、その落ち鱒を狙って釣りに来ました。その後、しばらくしてきてみたら、公園化されていて釣りができるような雰囲気ではなくなってしまったし、魚影も心なしか薄くなったように感じました。

コメント

私も長者屋敷は時々行ったな~。最近ではなぜか昔行ったときより岩から染み出る水量が増えていた(気がする?)ので疑り深い私は新しく出来ていた神社の後ろを見てみたい気もするのです。 
名水に選ばれるのはいいことかも知れないけど、すっかり公園化されて残念な気持ちに私はなったのでした。
湧き出ていた岩の下の小さな流れにはカジカも沢山いたはず!
めくら清水は湧き口どうなっているのでしょう?小学校以来行ってないので少し気になりました。

確かにメインの湧き口の水量は増えましたが、周辺の湧き口はかなり少なくなってしまったようです。
めくら清水の名前を知っているとは・・・完全に地元の方ですね。
湧き口は内水面水産技術センターの公開日に近くで見ることができます。普段は手前の観察デッキからしか見ることができません。周辺はカタクリが咲くので毎年撮影に行ってます。