写真素材 PIXTA

« 放流の功罪 Ⅰ | メイン | 放流の功罪 Ⅱ »

人によっては


外来魚なので嫌いな人もいるかもしれませんが、個人的にはとてもきれいな模様だと思っています。自然はときどき不思議な色彩や模様を作り出し感動と驚きを与えてくれるのですが、この魚もその一つだと思うのです。
                 ブルックの体側模様

コメント

私はたぶんこのブログを書かれている方の近くに住んでいるかもしれません。渓流魚の写真や国内外の鮭科魚類の知識の豊富さには驚いております。渓流魚の放流事業につき経緯や今後のあり方につき、同感いたします。松川は下流域で最終的に赤川と合流してしまい、さらには四十四田ダムにより魚が海降することはあり得無いのでヤマメはサクラ鱒なしでの繁殖になってしまいます。松川にはいたる箇所から入渓可能で雑誌などにも掲載されることが多く源流部まで釣りに入る人も多く、中・下流の放流魚はもとより源流近くの天然イワナまで減少してきているのは現実と思います。一部の漁協では全河川禁漁対策をとったり、キャッチアンドリリース区間を設けたりしていますが、固有種を繁殖させ放流することや、せめての源流地域禁漁や釣数制限をする形での遊漁規定を始めないと保護は無理と考えます。
釣のスタイルや目的には個人によりさまざまですが、地元にいる魚が変わらない姿で存在し、そこで釣を楽しむことが後世にも残っていくことを私は望みます。松川水系で釣った渓流魚をネット販売している釣師も県内には出てきました!自然環境的にも釣師の人的環境にも松川水系は赤信号です。

源流部では水力発電所や砂防ダムで寸断されてきているので、そのうち詳しく書くつもりですが、近親交配で奇形が多くなったり、子孫を多く残せなくなっていくことでしょう。そうなってくると、残念ですが、できるだけ近い他の河川の個体群を放流せざるおえなくなってくるのかもしれません。
もし、なんらかの制限をするとしても、河川が寸断されてなければ、源流部や枝沢の禁漁はとても有効ですが、細かく寸断されてしまっている川で、しかも外来種が定着している川は毎年繁殖調査を行うか、釣果報告をおこなわせた上で、種別釣数制限が有効です。
地元の松川では、たまに仕事が終わってから魚の顔を見る程度しか釣りをしないのですが、どこかで会うかもしれませんね。