写真素材 PIXTA

« ミヤベイワナ | メイン | ヤマトイワナ »

オショロコマとイワナの違い

オショロコマとイワナの違い。オショロコマももちろんイワナの仲間ですが、この場合のイワナはアメマス・エゾイワナ・ニッコウイワナ・ヤマトイワナ・・・。
よく一番に挙げられる違いは朱点の有無ですが、ときにニッコウイワナなどは生息場所や産卵期によってはオショロコマも凌ぐような見事な朱点があらわれている事もあります。
次にパーマーク(体側の小判状の斑紋)の有無ですが、パーマークは多くのサケ科魚類が幼魚の時にはごく普通に見られる体の模様で、イワナも20センチぐらいならパーマークが見られることも。オショロコマも大型化するとパーマークが薄くなったり、スモルト化するとまったく見えなくなったりします。

では表面上の違いって他にもあるの?
答えは↓の続きの画像をどうぞ!!

 
 

上の5つの背鰭の持ち主はわかるでしょうか?
上の2つがオショロコマ(左:ミヤベイワナ銀毛 右:ミヤベイワナ河川型)
中段の左がエゾイワナとニッコウイワナの中間型
中段の右がブルックトラウト
下の左がヤマトイワナです。
そうです、よく観察するとわかることですが、第3の見分け方として背鰭の虫食い斑に特徴が出ています。
オショロコマにはブルックトラウトほどではありませんが、背鰭の先端近くまで虫食い斑がうっすらと現れています。
エゾイワナやニッコウイワナには背鰭の基部ぐらいにまで虫食い斑が現れています。
ヤマトイワナは背鰭にはほとんど虫食い斑が現れません。
ゴギやキリクチなども同様です。
ただし、この見分け方は小型の個体は背鰭が薄すぎるので模様があるかどうかわからないのと、近年、放流などで混血のイワナが増えて、特にブルックの血が混じっているものなどは背鰭にも虫食い斑が現れることも。また、純血種でも、背鰭の虫食い斑は古い型のイワナの特徴なので稀に見られることもあり、最初にあげた朱点の有無、パーマークの有無、流域の養殖場の有無、放流事業の有無など総合して種類を特定します。