写真素材 PIXTA

« レノック 形態 Ⅱ | メイン | アムールトラウト 形態 Ⅱ »

タイメン 形態 Ⅱ

学名:Hucho taimen


北海道に生息のイトウ以上に扁平な頭。
小型のものは黒点も小さくイトウとの差異は少ないように思われるが・・・


大型の個体になるほど黒点はまばらになり、イトウとの違いが見た目にもわかるようになる。

1メートルを超える個体の迫力は凄いの一言に尽きる。

トラックバック

この一覧は、次のエントリーを参照しています: タイメン 形態 Ⅱ:

» 長江源流釣行記(最終回) 〜幻のチョウコウイトウを求めて〜 from 秘境怪魚釣行記
中国科学院西北高原生物研究所青蔵高原生物標本館に保存されている「長江イトウ」の標本。 現存する数少ない「長江イトウ」の標本である。 今回のキャンプ地付... [詳しくはこちら]