写真素材 PIXTA

メイン 岩手県内 登山ギャラリー

2010年4月16日

万寿山 2010 春!!

岩手県内陸では比較的早くにさまざまな花が見られる万寿山。
今年も花の撮影の手慣らしで行ってきました。
IMG_1072.JPG IMG_1074.JPG
まずはオウレンとショウジョウバカマ。
オウレンは見頃でショウジョウバカマもやや咲き始めですが、ちょうどいい感じです。
IMG_1076.JPG IMG_1085.JPG
イワウチワはまだ固い蕾のものが多いのですが、場所によってはかわいいピンクの花弁を広げています。
IMG_1091.JPG IMG_1108.JPG
ミスミソウはちょうど見頃かな?まだ蕾もたくさんありました。いつもなら一斉に咲いてる感じだけど、今年は花期にばらつきがあるようです。
それと花自体がいつもより小さいかもしれません。
IMG_1096.JPG IMG_1112.JPG
山道にはまだ少し雪が残っていました。
シュンランも固い蕾で、カタクリも同じく蕾。
いつもなら台温泉に至る県道沿いにはキクザキイチゲが咲いているけど、これもまだまばらでした。

さて、次回は2010年の花暦の第1回になるかな?
たぶん水芭蕉の開花情報を近々お伝えします。

2009年4月10日

万寿山 2009 春!!

八幡平以外の山ですが、いつも最初の花見登山はこの山です。
ここで、花を見つける目をトレーニング。
IMG_2225.JPG
セリバオウレンが満開でした。小さいけどよく見るととても美しい花です。
IMG_2227.JPG IMG_2235.JPG
イワウチワは少し早いかなーという感じでしたが、いくつかは咲いていました。
IMG_2276.JPG
とても好きな花で、万寿山へ行くのはこの花を見るのが一番の目的。
IMG_2244.JPG IMG_2255.JPG

IMG_2258.JPG
ユキワリソウ(ミスミソウ)、三角草の名前の通り三角の葉っぱが特徴。
とても可愛い花です。
IMG_2231.JPG IMG_2270.JPG
左:セリバオウレンとショウジョウバカマ
右:カタクリ
IMG_2267.JPG
シュンラン。
残念ながら見つけた株は全部蕾でした。

一昨日の山行の疲労が取れてない、筋肉痛全開で、しかも午後からの早足で万寿山登山はきつかった~。
ホント、岩手山の8合目から山頂に登る感じの疲労度でした。
でも、たくさんの花に癒されてヨカッタ。

2008年4月 2日

万寿山 2008

IMG_6035.JPG
今日は花巻の万寿山へ行ってきました。
昨年は 【 万寿山 2007 】の4月19日に行きましたが、今年は約2週間早く出かけてみました。

IMG_6029.JPG IMG_6028.JPG

IMG_6044.JPG IMG_6029.JPG

山頂に近いほうが日当たりが良いためか、花の咲きが良かったですが、登山口付近はオウレンが咲いているだけでした。
ミスミソウは満開でやや終わりかけていた昨年よりもきれいでした。

とても小さな紅色のミスミソウを見つけました。
IMG_6032.JPG IMG_6031.JPG IMG_6037.JPG
下の落ち葉をそっと払いのけると、小さな葉と周囲にも毛に覆われた新芽がありました。

オウレンもちょうど見頃で満開でした。
IMG_6047.JPG IMG_6052.JPG

ようやく見つけたイワウチワ。
IMG_6024.JPG
イワウチワの開花にはまだ早かったようで、数輪しか見つける事ができませんでした。
ショウジョウバカマも蕾が多く、稜線上の登山道の一部で、ようやく開花していました。

2008年3月12日

早朝登山

今日は午前は休みで、午後は仕事が入っていたのですが、山に登ってきました。

DSC02522.JPG DSC02516.JPG

前日は雨で樹氷が融けてしまったのではと思いましたが、大深周辺ではきれいな樹氷を見ることができました。
DSC02572.JPG IMG_5686.JPG

途中、源太ケ岳東斜面が見えましたが、今日は雪質も悪く、樹氷が目的だったので、大きく迂回して源太の北側から山頂を目指しました。
IMG_5749.JPG

11時ころ下倉へ向けて下山開始。源太ケ岳東斜面に人影が見えました。
たぶん、雪崩の調査か何かだと思う。

2007年4月19日

万寿山

先日リンクを貼った【  山と渓と滝と 】で紹介されていた『万寿山』へ行ってきました。
ふだん、ネットで気に入った山を見つけても、わざわざ行くなんてことはなかったのですが、今回はどうしても見たかった【 ミスミソウ(ユキワリソウ) 】 【 イワウチワ 】のためだけに、午後から半休をりました。
最初、横着をして万寿山(花巻市)にあるんだったら、南昌山(矢巾)あたりでもあるんじゃないかと、「ぬさかけの滝」周辺をぶらつきましたが、時間の無駄でした。

さて、「万寿山」登り口からいきなり一輪のイワウチワ。

幸先いいスタートです。
散策路は結構な急斜面で登山道と言ってもいいくらいです。距離自体はたいしたことはありませんが、急傾斜にくわえて、松葉が敷き詰められていて滑りやすいです。散策程度と考えず、ちゃんとした登山靴で登ることをお勧めします。

道の両脇には、イワウチワから始まって、カタクリ(まだ蕾も多い)があり、少し行くとショウジョウバカマがやたら目に付きます。ある程度登って西日の当たる斜面になるとミスミソウが見え始め、ピークまでのちょうど中間から3分の2程度がもっとも多く花を見ることができます。


また、行程のほとんどの場所でオウレンがみられました。

ふだん、八幡平や岩手山では見慣れない花を見れてホントよかったです。

万寿山の花は【 ゆーしの撮影日記 】でも紹介されています。