Warning: include() [function.include]: URL file-access is disabled in the server configuration in /home/users/0/lolipop.jp-dp42121085/web/alpin/59000/59100/index.php on line 24

Warning: include(http://osyorokoma.net/alpin/menu.php) [function.include]: failed to open stream: no suitable wrapper could be found in /home/users/0/lolipop.jp-dp42121085/web/alpin/59000/59100/index.php on line 24

Warning: include() [function.include]: Failed opening 'http://osyorokoma.net/alpin/menu.php' for inclusion (include_path='.:/usr/local/php/5.2/lib/php') in /home/users/0/lolipop.jp-dp42121085/web/alpin/59000/59100/index.php on line 24
写真素材 PIXTA

メイン 花のポイントギャラリー

2009年4月30日

八幡平花暦 2009年第4号 No.58 為内の一本桜

IMG_3304.JPG
里のほうでは桜が満開です。
【 為内の一本桜 】PDF(八幡平市の紹介)
通っていた中学校の近くの為内山という丘陵地帯にあります。
IMG_3399.JPG
岩手山の真っ白な山頂をバックにした一本桜は本当に美しいです。
日本のイメージぴったりですよね。
実際に、映画のロケがあり【 オペレッタ狸御殿 】にも登場。
今日(30日)は午前中と午後に近くまで来る仕事があったので寄って写真を撮ってみましたが、昨年と違い意外と訪れる人が多くてビックリしました。

さて、八幡平周辺の花の開花情報です。
・桜、山桜は里で咲いています。
 山麓は咲きはじめましたが、場所によってはまだ咲いていません。
 山腹のオオヤマザクラもまだ咲いていません。
・コブシなどモクレン系は里では少し終わりかけですが、山麓では咲き始めました。
 山腹のタムシバはまだ咲いていません。
・カタクリは山麓でも山際で見頃です。
 山腹は日当たりの良い場所で咲きはじめました。
・キクザキイチゲも山麓では見頃ですが、
 今年は雪が多いので山腹ではコレからが見頃でしょう。
・シュンランは里のほうで咲いています。山腹では咲きはじめました。
・ニリンソウは咲きはじめました。
・ミズバショウは見頃です。山腹では一部終わりかけてます。
・エンゴサクは咲きはじめています。

最後に再び為内の一本桜です。
IMG_34582.JPG

2007年8月25日

八幡平花暦 2007年第14号 No.30 岩手山 お花畑コース 

今日8月25日は、前日に岩手山の登山のお誘いがありまして、行ってきました。
誘ってくださったのは友人の奥様と【 山と渓と滝と。 】のえるさん。


七滝コースは閉鎖中で登山道がかなり荒れているのと危険箇所があるので、同行しました。
状況は相変わらず悪いのですが、登山道の草は前回【 八幡平花暦 2007年第11号 No.27 岩手山 七滝コース 】の2007年7月24日よりは踏み跡が多くなっていましたが、大地獄谷の足場の悪い箇所の状況は悪いままでした。古くからの登山道で、しかも登山道MAPに載せていながら、全く改修・整備を行おうとしないのは腹立たしいことです。

さて、このように登山道の状況は前回同様閉鎖したままなので、相変わらず迂回して松川温泉か網張温泉方面へ向うか、戻って、焼走り・柳沢・御神坂などの登山道を使うしかありません。

ということで、今回の花暦は大地獄谷分岐より上の八目湿原(お花畑)-御苗代湖・お釜湖-不動平-薬師岳・奥宮周辺-平笠不動-ハハテン(第1・第2噴出孔)の通称【 お花畑コース 】と【焼走りコース 】花の開花状況です。

大地獄分岐周辺
  
■ エゾオヤマリンドウがちょうど見頃です。
■ シラタマノキが実をつけています。
■ ガンコウランが実をつけています。
■ クロマメノキが実をつけています。

八目湿原・お釜湖・御苗代湖
 

■ タケシマランが実をつけています。
■ ウメバチソウが咲いています。
■ シロバナトウウチソウが咲いてます。

八目湿原-不動平
■ サンカヨウが実をつけています。
■ 不動平ではミネウスユキソウが咲いてます。
■ 不動平ではイワギキョウが終わりかけてます。

不動平-岩手山お鉢・薬師岳・奥宮周辺
■ コマクサは終わっています。
■ イワブクロは終わってますが、数株は開花してます。
■ オヤマソバは開花してます。
■ 奥宮周辺ではタカネニガナ(ミヤマイワニガナ)が少し残っています。
■ イワギキョウは終わりかけですが、まだ咲いてます。

お鉢-平笠不動-ツルハシ-ハハテン(第1・第2噴出孔)
  

■ イワギキョウが少し咲いています。
■ エゾシオガマが咲いてます。
■ クサボタンが咲いてます。
■ ウメバチソウが満開です。
■ コマクサは終わっていますが、稀に状態のよい開花株があります。

まもなく紅葉が始まります。七滝コース閉鎖中で使えませんが、お花畑コースで松川温泉・網張温泉コースを使うのには絶好のシーズンとなりました。とくに、御苗代湖の紅葉はお勧めです。
ただし、松川温泉・網張温泉とも岩手山登山コースの中では最長になり、起伏もあります。
時間には十分余裕をもってお出かけください。

ところで、↑の真ん中のウメバチソウの写真気になりませんか?
↓にも載せますが、よく観察してください。

花弁が7枚もあります。裏側のがくも7枚。
おそらく、2つの花が合着したのでしょうが、7枚というのはちょっと珍しいかと思います。
近くには一茎二花のウメバチソウも咲いていました。
小さな花ですが、よく観察しながら歩くと面白い発見があります。

2007年8月14日

八幡平花暦 2007年第13号 No.29 源流


昨日は近くの川の源流へ出かけました。
谷の底は涼しい風が吹いて気持ちよかったですよー。

 

左 : ソバナ 右 : ミヤマダイモンジソウ

源流ではソバナが咲いていますが、そろそろ終わりが近づいています。
ミヤマダイモンジソウも源流の奥のほうで見頃です。

八幡平方面もまもなく秋の花が咲き、あっという間に秋、そして冬へ向います。
暑さも、昨日の夜から急に和らぎ涼しい風が吹いてきました。

2007年5月10日

八幡平花暦 2007年第2号 No.18

今日5月10日は仕事で湯瀬、鹿角方面へ出掛けました。
ちょうど昼休み時間を利用して、途中の八幡平市(旧安代町)田山の沢と湯瀬渓谷周辺を少し見てみました。
八幡平市(旧安代町)田山の沢は以前、【 花のポイント 】で【 美しい花の谷 Ⅰ 】と紹介しました。
今年は雪が少なかったのでそろそろ花の時期ではないかと行って見ました。
今年は岩手山、八幡平周辺の桜(ソメイヨシノなど白色系)はウソによって花芽を壊滅的な打撃を受けましたが、やや濃色系の山桜などはたくさんの花をつけてくれています。
田山地区でもちょうどオオヤマザクラなどが満開で春紅葉の淡い錦の山に彩を添えています。

沢の入り口ではニリンソウが満開です。
滝の周辺も新緑と桜が美しい場所です。

沢の中腹ではエンゴサクが、源流に近くなるとまだ雪が残っていますが、キクザキイチゲ、シラネアオイなどが満開です。
  

エンゴサクは終わりかけているものも多いですが、雪の積もっている地点で昨年は見ているので、まだまだ見られると思います。
 
上流部のニリンソウはまだ少し早いようです。
いつものニリンソウポイントは今日のような天気が続いて、今週末辺りがいいかな?

花輪方面の車道脇ではニリンソウ、キケマンなどが見られます。
沢沿いでは新緑と桜が楽しめます。

そのまま花輪の峠を越えて鹿角に向う予定でしたが、『冬の通行止め ・ 5月15日ごろ開通予定』となっていたので引き返しました。
  

春紅葉は湯瀬渓谷から田山地区まで進んでいます。
  
杉の深緑とブナの新緑のコントラストもいいですね。

秋田八幡平では大沼近辺の雪解けが進み、ミズバショウなどが見られます。
まもなくリュウキンカなども咲き誇る季節となります。

今年は雪が少ないようなので、残雪とブナの新緑の素晴しい景色を堪能できるか微妙なところですが、本日は鹿角市で20度近くまで気温が上がったようで、もしかしたら見られるかもしれません。

岩手県側八幡平ですが、松川渓谷玄武岩付近は順調に行って今週末辺りで春紅葉と新緑が楽しめそうです。桜も今度の土日ごろが見頃と思われます。

ミズバショウは葉のほうが大きくなりました。

キクザキイチゲは松川温泉付近まで進みました。
ミズバショウは松川温泉付近でまだ見られます。

2007年4月 4日

美しい花の谷 Ⅰ

岩手県八幡平市(旧安代町)田山

岩手県にあって八幡平市の旧安代町田山は奥羽山脈の分水嶺を隔てて日本海側に注ぐ米代川上流となります。山の雰囲気もどこか違うような気がします。

撮影日は5月20日で標高は450メートルしかありませんが、深い沢の奥では残雪が見られます。

田山地区には幾つかの小川や沢が流れていますが、比較的穏やかな流れが源流まで続いています。
幾つかの沢には上流部まで林道が走っています。
5月中旬山菜採りのピークを迎える頃、深山に咲く花の見頃となります。

今回紹介するのは八幡平から十和田湖、八甲田へ続く奥羽山脈、四角岳(標高1003)から南へ流れ出る切通川。
四角岳は岩手県、青森県、秋田県の3県の県境となっています。
 
撮影 : 2006年5月20日
沢には幾つかの滝が見られます。
早朝で雨が降っていたため、【 ニリンソウ 】が項垂れています。
 
数株のピンクの花弁の、【 ニリンソウ 】を見つけました。

この沢には、【 ニリンソウ 】の群落が見られます。