« 2009年11月 | メイン | 2010年2月 »

2009年12月24日

オーストリア ・ スロベニア 旅行 II

今回の旅ではメインは釣りでしたが、第二目標はスキーに行くこと!!
旅の計画段階でスロベニアに行くのにオーストリア経由とイタリア経由とがあったのですが、この時期、迷わずオーストリア経由に。結果的にはオーストリア経由のほうが便利だったのですが、一番の理由は憧れのオーストリアで少しでもスキーをしたかったから。
重い思いをしてスキーブーツを持っていきました。
たった1日滑るためだけに!!
IMG_9855.JPG

現地 12月19日 ザルツブルク - バート・ガシュタイン
        Salzburug - skiamade ・ Bad Gastein
IMG_9807.JPG IMG_9817.JPG
まだ真っ暗なザルツブルク駅6時。スキー場のあるBadGastein駅には7時45分に到着。
まだレンタルショップもskipass売り場も開いてない・・・。
途方にくれながらも、少しずつ明るくなり始めたので、skiセンターの周辺をウロウロ。
8時にレンタルショップが開店。
真っ先にski板とストックをレンタル。すぐに1日券も購入。1日券はBadgasteinと隣のエリアのBad Hofgasteinの2つのエリアが滑られるらしい。
ここはSkiamadeというザルツブルク近郊のスキー場の集合体で総滑走距離850kmといわれる中の一部。
巨大だ!!300mそこそこのスキー場で育った身としては、この巨大なスキーエリアの一部とはいえどう攻略するか楽しみだ。
IMG_9811.JPG IMG_9812.JPG
まだアルプスの深い谷底のBadGastein駅周辺には日の光が差し込んでいませんでしたが、スキーゴンドラに乗って徐々に高度を上げると、美しいアルプスの白い峰峰が朝日を受けて輝いています。周りが妙にキラキラしています。
山頂駅について外に出て驚きました。
太陽が自分の目の前に伸びてきているのです。
周りがキラキラしていたのは気分の問題ではなくて、ものすごいダイヤモンドダストが発生していたのです。そしてそのダイヤモンドダストは太陽の光を強烈に反射して、サンピラー(太陽柱)といわれる神々しい光の柱を作っていました。
本当に感動しましたが、なぜか他のスキーヤーは見向きもしません。
オーストリアアルプスでは日常的な現象なのでしょうか???
さていつまでも見ていたかったのですが、どんどんスキーヤーが上がってきますし、この巨大なスキーエリアを少しでも多く、長く堪能するために、久々にスキーバカになることにしました。今回はGasteinとBad Hofgastein2つのエリアの運行全リフト・全コース制覇を目指します。

DSC00851.JPG DSC00854.JPG
谷に近いほうでは積雪が少なく、ものすごい数の人口降雪機がうなりを上げています。
この降雪機のつくる雪煙が山の中腹から谷にかけて靄を発生させています。
Gasteinエリアを反対側に一度谷に下りて、Bad Hofgasteinエリアに向かいます。
DSC00855.JPG DSC00856.JPG
谷の向かい側がBad Hofgasteinエリアの入り口。
ここの谷のスキーセンターは比較的新しく、設備が近代的でした。
谷底は日が差しませんが、上に行くと再び、明るい陽光が差してきます。
でも、めちゃくちゃ寒い。
DSC00863.JPG
寒そうだけど、一番上に行ってみましょう。
DSC00872.JPG DSC00871.JPG
ものすごい寒いです。でも周りはキラキラしています。サンピラー(太陽柱)もだいぶ薄くなりましたが、まだ発生しています。
DSC00876.JPG DSC00887.JPG
すばらしいゲレンデです。雪質も最高!!キシキシ言ってます。
DSC00896.JPG
ただ、問題は一人でスキーに来たので、写真を撮ってもらえないこと・・・。
スイスのときと違って、地元スキーヤーが多いのか、写真を撮っている人が少なくて、なかなか頼めません・・・。やっぱり写真とっている人は手袋脱いでるから頼みやすいけど、極寒でシャッターを押してもらうというのは、なかなか面倒だとわかっているので頼みづらいなぁ・・・。それでも、偶然旅行客だと思うけど写真を撮っている人がいたのでお願いして1枚撮ってもらいました。1番上のは三脚で撮った写真です。

リフトクローズは15:00~15:30なので、Gasteinエリアに2時ころに戻り、15:20まで滑って、Gasteinの駅に戻りました。
電車は16:19分でしたが20分遅れ。でもちゃんとわかりやすくアナウンスが入っていたので不安はありませんでした。

本当にすばらしいスキーでした。
また来たーい!!

オーストリア ・ スロベニア 旅行 Ⅰ

主目的は美鱒探訪の釣行で、ヨーロッパに生息するイトウの仲間 hucho huchoを釣ることで、スロベニアのほぼ中央部SAVA川まで行ってきました。
どうせ行くならということで、釣り場の付近の植生についても見てこようと思っていたのですが・・・。時期的に積雪、あまり期待はできませんでした。
それでも、クリスマスローズ原種系の蕾などいくつかの成果がありましたし、重い思いをしてスキーブーツを持って行き、オーストリアで1日だけでしたがスキーも楽しめました。

現地 12月14日 午後7時
IMG_9483.JPG IMG_9487.JPG
午後5時ころにはザルツブルクに到着。夜だけど夕食も食べなきゃ行けないしホテルを6時半に出て市内を散策。古い建物がクリスマスのイルミネーションでとても美しいです。

現地 12月15日 午前
IMG_9516.JPG IMG_9536.JPG
いよいよスロベニアに向けて出発。
ザルツブルク中央駅発のICに乗って、お昼過ぎにVillachで乗り換え。
そこからECでスロベニアのJesenice。ここでローカル線(かつては本線、いまも貨物輸送ではメイン路線らしい)に乗り換えてSava Bohinjkaに。
ブレッド湖畔のフライショップにて3日分のライセンスやフィッシングロッジ、ガイド料の支払いを済ませ、少しブレッド湖を撮影した後、早めの夕食。
DSC00731.JPG

現地 12月16日 Sava Bohinjka 釣り1日目
釣果については【 美鱒探訪 】
DSC00764.JPG DSC00746.JPG
川はジンクリアーといわれる、ものすごく透明度の高いグリーン。
川の周囲の林の中には、クリスマスローズが群生していました。
葉の大きさからおそらく2種類はあるかと思います。

現地 12月17日 Sava Bohinjka 釣り2日目
DSC00787.JPG DSC00775.JPG
やや大きめの葉の下の雪をどけてみると、白いかわいい蕾ができていました。
ものすごい寒さで葉も蕾もしっかり凍っていましたが、とても寒さに強い植物なのでしょう、雪の中でもたくさんの蕾を見つけました。

IMG_9665.JPG
夜は再びブレッド湖で夕食。
夜景もとても美しい湖です。

現地 12月18日 Sava Bohinjka 釣り3日目
釣りは最終日。釣果は【 美鱒探訪 】
DSC00802.JPG
3日間訪れた釣り場にはどこもクリスマスローズの葉がありました。
場所によっては林下にびっちりと群生しています。
DSC00755.JPG IMG_9745.JPG
ミスミソウの葉もたくさん見つけました。
雪解け直後は一面の花畑になるのかもしれません。

現地 12月19日 スロベニア - オーストリア
 今日はスロベニアともお別れ。オーストリアのザルツブルクに戻ります。
 フィッシングロッジのオーナーにLesce Bledという町の駅まで送ってもらいました。
帰りはEC乗り換えなしでザルツブルクまで帰れます。
IMG_9776.JPG
昼前にはザルツブルクに到着したので、市内を観光。
町を見下ろす、ホーエンザルツブルク城にも行きました。
町はクリスマス直前で大賑わいでした。

2009年12月 2日

更新停滞中・・・

今月はクリスマスころまでちょっと予定が立て込んでしまって更新できないでいます。
10日に本業の関係のファッションショーがあって中ごろは釣りの関係で釣行中です。
釣行といっても少し余裕のある(資金に余裕はないけど、時間的にはたっぷり)ので現地の山やお金に余裕があればスキーをレンタルして滑ってみたいなー!!とも思っています。無理して持っていこうかとも思ってたけど、最近飛行機の預託荷物も重量規制が厳しくて超過料金が取られるとうになったみたいで・・・。
なにか深山花鑑関連のネタもできればいいなーと思ってはいるのですが・・・。
さてどうなることか。