« 2006年8月 | メイン | 2006年11月 »

2006年10月26日

紅葉も終わって

来月になったら、今年の7月に行ってきた青海チベットの花を詳し~く紹介していきます。
冬場のネタ用にとっておいた画像が沢山ありますので、ご期待ください!!


2006年10月25日

八幡平花暦 NO.16 10月25日 紅葉情報 Ⅱ

更新がすっかり遅くなってしまいました。毎日、忙しくて周りの様子も詳しく観察できないでいました。
今日は明るいうちに近くの渓谷を散策して紅葉の状態を詳しく見てきました。
紅葉は標高800メートル以下の山腹から山麓にかけて見頃を迎えています。
今年は若干風が強かったため、縮れた葉が多く色も最高とまではいきませんが、暖かかったせいで紅葉全般に長く楽しめています。本当に最高の紅葉の年は『あっ!!』というまに見頃を過ぎてしまうので、今年は長く楽しめる分いいのかもしれません。

さて、現在一番の見頃のポイントは八幡平では松川渓谷の下流部の玄武岩周辺や松川温泉に至る県道沿いの芭蕉沼付近などがお勧め。県民の森や焼け走りといった岩手山山麓も見頃ですし、早朝晴天にさえなれば、この時期は岩手山が薄っすら雪を被った姿と紅葉の両方を楽しめるかもしれません。
 

松川渓谷は松川温泉から岩手山麓の県民の森までの間をいいますが、一般に目にすることができるのは森の大橋上流の通称玄武岩の部分です。玄武岩以外の渓谷美を目にするためには、渇水期にウェーダーなどで遡行する必要があります。源流釣行などができる人なら遡行は簡単ですが、大岩や浮石が多く素人には大変危険です。
玄武岩付近には少ないですが駐車スペースや散策路があり、ここでも十分美しい紅葉を見ることができるので、ぜひ訪れてみてください。
  

2006年10月 3日

八幡平花暦 NO.15 10月3日 紅葉情報

久々の更新ですが、花の季節も終わりに近づいているので紅葉情報を発信します。

現在紅葉は八幡平の山頂近く藤七温泉付近や畚岳から岩手山までの稜線(縦走路)が最も見頃を迎えています。
それから、標高1000メートル付近も黄色の葉が鮮やかで見頃です。ブナなど大きな樹木の紅葉は、まだですが低木の紅葉は美しく色も鮮やかなのでお勧めです。現在、お勧めの紅葉スポットは・・・

★☆★八幡平★☆★

岩手県側 ★樹海ライン 標高1000メートル以上の部分
        下倉スキー場より1キロほどから畚登山口付近まで。
       ★県道雫石東八幡平線松川温泉側 松川大橋付近。
       ★アスピーテライン 八幡平スキー場から茶臼登山口付近。
秋田県側 ★大沼・後生掛温泉付近。
       ★蒸ノ湯温泉付近。

★☆★岩手山★☆★

標高1000メートル付近まで紅葉が降りてきました。
大地獄付近、黒倉の崖、鬼ヶ城、屏風尾根など、紅葉している様子は、八幡平へ至る樹海ラインからでもはっきり見ることができます。

??? 予想 ???

岩手県側の紅葉の最も美しい標高600~800メートル付近の松川渓谷は、まだですが色づき始めた木々もあります。松川渓谷付近はあまり紅葉の時期のズレが少なく、例年10月10日~15日が見頃となります。今年も10日ごろが見頃になるのではないかと予想していますが、この投稿をしている今日の夜は雲一つない月夜でとても冷えてきています。この冷え込みで松川温泉付近の紅葉も進むと予想されます。今週末から来週末が一番の見頃になるのではと予想しています。
八幡平にドライブに来てはいかがでしょう!!

八幡平 岩手県側 樹海ライン

 
左:八幡平 岩手県側 樹海ライン
右:八幡平 秋田県側 大沼