« 2006年5月 | メイン | 2006年7月 »

2006年6月29日

八幡平花暦 NO.09 6月29日

今度の土曜日(7月1日)は岩手山の山開きですが、その前に岩手山の高山植物開花情報をお知らせします。

観察ルートは松川温泉-姥倉-鬼ヶ城-不動平です。

まず、松川温泉-姥倉間ですが、イワカガミが咲いています。下のほうでは終わりかけていますが、マイズルソウも咲いています。ギンリョウソウが地面から芽を出し始めています。来週以降に花を見ることができるでしょう。姥倉山頂近くではコケモモの花が咲いています。

姥倉-鬼ヶ城間ではオオバキスミレが蕾です。山開き当日には見頃を迎えると思います。姥倉の背部ではヨツバシオガマが咲き始めています。多くはありませんがハクサンチドリも咲いています。

鬼ヶ城-不動平間
切通しに近い部分ではイワウメは終わりかけていますが、不動平に近い標高の高い部分ではまだ蕾もあります。同じくイワヒゲも高い場所ほど花の状態は良かったです。チングルマは終わりかけていましたが、まだ山開き当日でも花は見ることができるでしょう。ムシトリスミレは見頃です。開花したての濃い色の花を楽しむことができます。イワカガミも色も濃い状態が楽しめます。ミネズオウは開花していますが、今年の花付きはあまりよくありません。シラネアオイは鬼ヶ城では満開で、不動平ではまだ蕾もあり、今度の山開きから翌週にかけて見頃となるでしょう。コケモモは多くの場所で蕾でした。ミヤマハンショウヅルが蕾でした。来週以降が見頃でしょう。ウコンウツギは満開です。

鬼ヶ城~不動平~岩手山山頂は最も高山植物の豊富な地域です。また、花の状態も山開き当日でも十分楽しめるものと思います。

イワテハタザオ

アブラナ科 ハタザオ属 イワテハタザオ
学名:Arabis serrata F.et S.var.japonica Ohwi f.fauriei Ohwi

岩手旗竿の名がつけられている、アブラナ科のハタザオの一種。
岩手山の高山帯の岩の隙間や火山礫上に見ることができる。

追加写真
撮影 2008年6月4日 岩手山 山頂 奥宮付近
DSC06752.JPG DSC06748.JPG

ナガバツガザクラ・ツガザクラ

ツツジ科 ツガザクラ属 ナガバツガザクラ・ツガザクラ
学名:Phyllodoce nipponica Makino var.oblongo-ovata Toyok.


撮影日 2006年6月29日

通常のツガザクラより若干葉が長いことで区別されるが、その他に大きな違いは無い。
岩手山の鬼ヶ城尾根を中心に岩壁の影などに見ることができるが、多くはない。
花期は6月下旬~7月上旬。

2006年6月26日

八幡平花暦 NO.08 6月26日

今年は雪が多かったせいか八幡平の鏡沼、眼鏡沼ともに雪に覆われていて、普段この時期に目にすることができるはずのチングルマやイワカガミなどはまだ咲いていません。八幡沼周辺の湿原でもチングルマはまだですが、ようやく雪は溶けたのでヒナザクラなどから順に咲き始めることでしょう。予想では来週あたりにはヒナザクラ、イワカガミを見ることができると思います。

ちょっと古いですが、先週は玉川温泉付近でウラジロヨウラク、イソツツジが満開でした。

現在咲いているのは、藤七温泉脇でイワカガミがたくさん咲いています。
藤七温泉付近の雪渓が解けている場所ではミズバショウが咲いていますが、まもなく終わりです。
ミネザクラは山頂レストハウス付近の稜線で終わりかけています。

もうまもなく春の高山植物の本番です。
八幡沼周辺は見逃せませんよ!!

あと2週間。

中国チベット旅行まであと2週間になりました。
ブルーポピーのほかにどんな花と出会うことができるのかとても楽しみです。
今年の気象条件がどうなのかもちょっと気に掛かりますが、お天気が良ければ何も言うことナシ!!のすばらしい場所、しかも少人数の気の知れた仲間同士の旅行なので、ゆっくりとチベットを堪能してきます。

2006年6月16日

これから

北海道に出かけてきます。
釣りで渓流に行くので、何か花が咲いていたら撮影してアップします。
月曜日には戻ってきますし、携帯からブログ、掲示板、メールはチェックしていますので、投稿は普段通り受け付けています。
では、行ってきます。

2006年6月15日

八幡平花暦 NO.07 6月15日

山腹ではタケノコ(ヒメタケノコ:主に熊笹のタケノコ)が最盛期になっています。
昨年はコバイケイソウの当たり年のため、今年の花付きはあまりよくないようです。そのほかの花については例年とほぼ同じでしょう。とくに雪が多かったので雪田の花期(例年6月中旬~7月上旬)が若干遅れて夏の高山植物(ニッコウキスゲなど)と同じ時期に咲くかもしれません。昨年がそのような感じでした。
現在、山腹ではノビネチドリが咲いています。ハクサンチドリも少しずつですが咲き始めました。
ムラサキヤシオツツジは花期が終わりに近づいています。
山腹から高山帯の林下ではマイズルソウが咲いています。
高山帯のミヤマキンバイが見頃です。
高山帯の登山道脇などではノウゴイチゴの花が見頃です。
雪田にはまだ雪があるのでヒナザクラなどはまだ咲いていません。
雪解け後すぐにショウジョウバカマが咲きます。その後すぐヒナザクラ、チングルマ、アオノツガザクラ、ムシトリスミレと続きますが、まだ少し早いようです。
来週辺り、早い場所で上記の花が咲き始めるかもしれません。今年は雪が多いので期待は薄いですが、八幡平頂上方面に様子を見に行きます。

2006年6月 4日

今日は縦走 夕方は山菜採り

今朝9時から籐七温泉上の畚岳登山口に車を置いて入山。
とてもよい天気で気温も涼しくて快適な登山開始。
雪の状態はいつもと大きく変わらない。
途中、険阻岳ではミネザクラとコメバツガザクラが見頃を迎えていた。
 

登山道脇では、ノウゴイチゴ、オクエゾサイシン、オオバキスミレ、シラネアオイ、イワナシ、コミヤマカタバミ、タチツボスミレ、ウスバスミレ、ヒメイチゲなどが咲いていた。
 

 

小畚から三ツ石ではミヤマキンバイが群落をつくって咲いていた。
三ツ石のイワウメを期待していたが、まだ蕾であった。気象条件が良ければ来週辺りに開花するかもしれない。
 

夕方は山菜採り↓↓↓

今日はギョウジャニンニクとウドとフキノトウを採ってきました。
明日の朝早くに、今度はウルイを採ってくる予定。

八幡平花暦 NO.06 6月4日

今年は積雪量が多かったのですが、山頂や稜線部など風の強い場所ではいつも通りに雪が解けています。意外に標高1200メートル付近が雪がもっとも多く残っているようです。

今日現在、八幡平付近で見られる花。
高山部
 ・ミネザクラ 稜線部で八分咲き
 ・ミツバオウレン 笹薮の下
 ・ノウゴイチゴ 日当たりの良い登山道
 ・オクエゾサイシン 稜線部の雪解け後の林下
 ・ヒメイチゲ 稜線部の雪解け後の林下
 ・イワナシ 登山道
 ・シラネアオイ 稜線部の日当たりの良い場所
 ・ミヤマキンバイ 源太ヶ岳 小畚 三ツ石が見頃
 ・イワウメ 蕾
 ・オオバキスミレ 咲き始め

山腹部
 ・ムラサキヤシオツツジ 標高900メートル付近見頃
 ・ワサビ
 ・マイズルソウ
 ・サンカヨウ 一部終わり
 ・オオバキスミレ

2006年6月 3日

今年も月山へ!!


昨日は月山に行ってきました。
一昨年から行き始めた月山スキーですが、昨年はリフト架け替え日に行ってしまい、リフトを使わずにスキーを担いで歩いて山を登ってきました。今年は事前に調べてリフト運行を確認して出かけました。
昨年はリフト運休だけでなく、天候もあまり恵まれませんでしたが、今年は快晴で雪も多く人も少なく最高の月山スキーでした。
来年こそは、少しゆっくりと1泊ぐらいして月山を楽しめたらと思っていますが、どうなることでしょう。