広告貼るならアクセストレード!

プロフィール

          DSC01025.jpg

カレンダー


« リアルタイム八幡平 | メイン | チベット 青けしの仲間で黄色いヤツ。 »

チベットと岩手(我が家)の気候

チベットを訪れたのは2004年の6月上旬。
長江の大支流のひとつ大渡河源流の標高3000メートル地点は、ちょうど岩手の同じ時期の気候と同じ状況でした。
大渡河源流の標高3000メートル以上の場所は草原地帯で樹木はまったく見られませんが、標高が下がるにつれて、針葉樹林が見られるようになります。低い木ですが広葉樹も見られるようになります。
 

  
上左右:チベット6月6日(標高3700メートル)
下左右:チベット6月7日(大渡河上流)

大渡河源流の標高4000メートル付近ではちょうど雪が融けて最初の高山植物が咲き始めたところ。
それより下がると、下の左右の画像のように新緑の中、もっともたくさんの花が咲き誇る最高の時期を訪れた。

岩手(自宅付近)の画像は下の続きをどうぞ!!

  
左:2005年5月21日 右:2005年5月16日
左の画像のほうが遅い時期ですが、うちより標高が200メートルほど上がった場所から、標高1545メートルの源太ヶ岳を撮ったもの。
右はうちよりも標高で200メートル低い場所。

 

左:2005年6月5日 右:2005年6月5日
下:2004年5月25日
上左右の画像はうちから標高が400メートルほど上がった場所。
下の画像はチベット出発前に自宅前で撮ったもの。

画像の並びはメチャクチャですが、それだけこの時期は標高の違いと、僅かな期間で景色が一変してしまいます。

写真素材 PIXTA

About

2006年2月16日 22:36に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「リアルタイム八幡平」です。

次の投稿は「チベット 青けしの仲間で黄色いヤツ。」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。