メイン | 2006年2月 »

2006年1月31日

イワヒゲ

ツツジ科 イワヒゲ属 イワヒゲ
学名:Cassiope lycopodioides

岩手山の急峻な岩場に生える。釣鐘型の花は7ミリ程度の可愛らしい白い花。葉は名前の通り岩に生えるヒゲのようで、可愛らしい花をつけるとは思えない。


花期はコマクサと同じ6月中旬頃。岩場は春になると急激に温度が上がるため、比較的早くから花を付ける。その年によって花期が大きく変化する花。しかも、花期は短い。

コマクサ

ケシ科 コマクサ属 コマクサ
学名:Dicentra peregrina

岩手山の山頂周囲と東部へ広がる溶岩岩礫地帯に群落をつくる。岩手山を代表するもっとも美しい花の一つ。群落の広さは国内有数。株の大きさも他の生育地より大きく見ごたえがある。

 
岩手山の花期は6月中旬だが、標高1000メートル付近より山頂までが生育範囲なので7月中旬頃まで楽しむことができる。山頂近くほど株は小さいが可憐で周りの溶岩に細かく濃い色の緑の葉とピンクの花が映えて美しい。

深山花鏡ブログ始動!!

十和田八幡平国立公園、岩手山、八幡平周辺の美しい花を紹介するブログ。
釣りに出かけた先に咲いていた美しい花も紹介しています。
チベットのブルーポピー、モンゴルの一面に咲くオキナグサなどなど、珍しい花も紹介して行きます。
どうぞヨロシク!!